スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんどこそ

2006.07.28 01:16|生後9ヶ月
数日前のこと。
峠を越えたと安心していたのに、妹ちゃんはなんと中耳炎に!!
なんとなく機嫌が悪い→あやしても機嫌が回復せず→おっぱいをもらってもぐずってママから離れず→何気に耳をさわると号泣。
前日の診察(耳もみてもらってた)で異常はなかったのに・・・、でもこれは中耳炎になりかけているに違いない!と夜の10時旦那さまと近くの小児の急患センターを受診。
待ち時間の間もかわいそうなくらい泣きつづけ、診察を受けると「中耳炎ですね」でした。お薬を出してもらい、翌朝には耳鼻科での診察を受けることを勧められ、帰宅。悲しいやら、かわいそうやらでぐったりする気持ちをおさえつつ、痛さと熱で泣く妹ちゃんの看病をしました。どうしても眠れないようで、ずっと腕にかかえて様子をみつつ一晩を過ごすことになったのですが、この状況で救われたのは、お姉ちゃんが妹の大事を分かってくれていたのか、とてもお利巧でほとんど手がかからなかったこと。夜中のおっぱいに起きることもなく、ほとんど妹に独占されたママに抱っこされたいとぐずることもなく、ただつらそうにしている妹を心配そうにじっと見つめていました。
一晩で、お薬の効果もあってか、随分調子も戻ったようで、耳鼻科を受診する頃には回りの患者さんに笑顔を振り撒けるほどになっていて、救急では「鼓膜を切開するなどの処置が必要になるかも」といわれていたのに、耳鼻科では「軽い中耳炎で飲み薬と点耳薬で大丈夫」とのこと、結構覚悟をして行っていたので肩の力がふぅ~と抜けちゃいました。
で、現在も飲み薬と点耳薬続けていますが、あんなに辛そうだったのがうそのように元気です。
離乳食ももりもり食べて、苦い薬も漢方薬で慣れちゃったのか、あまり嫌がらずに食べてくれています。(漢方のようにくせのあるにおいがないからかしら?)
今日は、妹ちゃんは以前から少しずつ練習していた「ばいばい」を自発的に家や病院で披露していました。妹が元気だと嬉しいのか、お姉ちゃんも楽しそうで、立ち上がるときに「たっち!」「やった!」そしておもちゃを手にして「んくんくうく」??なぞの言葉を発してはしゃいでいました。
本当に、早く元気になって頂戴ね。ママまってるよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。