--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.15 23:10|2歳4ヶ月
旦那さまは、この時期になると、チョコなんかいらない~お返し大変だし!とバレンタインのチョコの習慣をいやがるのですが、なぜだかこのあとに必ず『どうせもらうんだったら本命がいい!いや?でもそれだとそれはそれで大変かぁ・・・・・』と妄想めいた一言がついてきます。
そんなに本命がほしいんだ。
ということで、娘達とクッキーを焼いて、バレンタインの贈り物にすることにしました。
娘達の愛情たっぷりのクッキー!大本命でしょう^^

とはいえ、娘達はクッキーつくりははじめて。だいじょうぶかな?と少々心配だったのですが、意外や意外、けっこう器用にできました。
クッキーの工程は、ケーブルTVのペネロペで、ペネロペがお友達とクッキーを焼くというお話を見たことがあったためか、作業前には手を洗い、粉や卵に砂糖などをまぜて生地をつくること(この部分は私が作っているのを『これなあに?』『わ、たまごだ』『ママまぜまぜがんばれー』などといいながらみてました)、型で抜いて天板にのせること、オーブンで焼くこと、たべるとさくさくなこと・・・しっかりとインプットされているようでした。
型抜きは2枚目の天板からは自分たちで全部抜いてのせるという作業もできていたし、すべての生地を娘達だけで型抜きすることが出来ました。
焼きあがりは、こんな↓
20080216012936.jpg

焼いている間中、オーブンの中を抱き上げてのぞかせてと、二人が代わる代わるやってきて大変でした^^;
大変だったけど、自分たちで作ったよっていいながら、おいしそうにクッキーを食べる娘達の笑顔は、最高に輝いていて、自分でするという自立心がそだってきているのだなぁって実感させられました。
「きょうはおもしろかったぁ」「ねぇねぇおかあさん、クッキーまたつくろうね」
「そうだね、またつくろうね」私
「こんなに美味しいクッキー、もっともっと焼いてくれよ」帰宅草々クッキーをもらって食べた旦那さま
パパはしあわせたくさんのバレンタインだったかな?
スポンサーサイト
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。