--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.29 23:25|1歳6ヵ月
私の抜歯後の痛みも峠をやや越えたようです。
口からも鼻からも血が出ていたので、うかうかしていると、ものすごく怖~い顔になっちゃうので油断ならないという事態からも、やっと開放されました。
でも、顔の右半分ふっくらとはれていて、なおかつ痛くないと言うわけではないので、憂鬱なのですが、せっかくのお天気!休日!旦那さまもいつも以上に頑張ってお手伝ってくれるので、家事や食事などをどどどっと済ませて、近所の公園へ、家族みんなでお散歩へいって気ました。

 お姉ちゃんは、お散歩についてきたチワワズとたわむれて座り込んでます・・・・
PIC_0812-p.jpg

妹ちゃんはというと、階段をぐいぐい登って・・・・パパと スイ~!
PIC_0817-p.jpg      PIC_0820-p.jpg

何かを発見して、軽やかに走り去る妹ちゃん滑り台に目もくれずに砂遊びのお姉ちゃん??

     PIC_0825-p.jpg

なあに? PIC_0827-p.jpg まって~私も行くよ、トコトコトコ・・・

で、結局2人で仲良く砂遊び  あららチワワズも参加ですか
PIC_0829-p.jpg PIC_0830-p.jpg

スポンサーサイト
2007.04.28 23:10|1歳6ヵ月
痛んでいた左下の親知らず付近の歯茎は、知歯周囲炎を起こしていたようで、歯に半分かぶっていた歯肉?を電気メスで切り取って、炎症止めと痛み止めのお薬をもらってきました。
で、その日に急遽右上の親不知の抜歯の日程が決まり、本日抜歯してきました。
九州大学から専門の先生がやってこられる日で、その先生に抜いてもらったのですが、麻酔から抜歯まで大変スムーズで、かなり抜きづらい方向に生えていたにもかかわらず、あっと言う間に抜いてもらえました。
しかしながら、歯の根っこの位置が上顎洞に接していたらしく、3ミリほど穴が出来ていて、副鼻腔につながっていて、口をとじてプーッと頬を膨らまそうとしても、鼻のほうに空気が漏れて膨らまない・・・・。
らしいです。
説明をきいて、おののきました。
穴が開いていて空気が漏れる???ダイジョウブデスカ?
先生・・・そんなに簡単におっしゃるけど、平気なことなの?
心なしか気分が悪くなってきたような・・・・・。
私の顔色に気づかれたのか、よーく説明をいただき、安心しました。
穴のサイズも大変小さく、抜いた歯の跡にきちんと骨が出来てくれば自然にふさがるそうで、3週間ほど穴の付近に負荷をかけない意味で、ストローのみ禁止、鼻をかむのも禁止、お口を風船のように膨らますのも禁止の生活を送ることになります。
で、ただいま抜歯後の痛みと格闘中。
今日は、パパに頑張ってもらい、昼間も数時間ほどベットで横になってました。
今週は、何かと痛いことが続いたけど、今日が最高にいたいなぁ。
痛いけど、娘達には、ママが調子がイマイチなのはまだまだ分かってもらえないようです。
いつものように、絵本を読んでもらって、歌を一緒に歌って、踊ったり走り回ったりして欲しいって、入れ替わりにやって来ては甘えちゃうしね。
2人とも、私に差し出すものといえば、絵本(読んで)・おもちゃ(遊んで)・マグ(おかわりちょうだい)・・・・・、鎮痛剤のCMのように、子どもが『ママ痛いの?』なんていいつつ、お薬を持ってきてくれる日は、まだまだ遠い未来のようですね。
体調が回復するまで、PCはぼちぼちかな
2007.04.24 23:22|1歳6ヵ月
数日ながら、私と娘達のいない気楽な生活を送り、リフレッシュできたパパのお迎えの車に乗って、日曜日に、娘たちと我が家へ帰ってきてました。
実家でちょっとだけお試ししたことのせいで、すっかり甘えん坊になってしまい、今まで聞き分けのよい子だったお姉ちゃんまでも甘えキャラになってしまって、常に私にどちらかがコアラちゃんのようにくっついている毎日です。
両方にがっちりつかまっちゃうと、もう何も出来ませーん(泣)
その上、弱り目にたたり目?今までなんともなかった左下の親不知付近の歯茎がはれて痛いし・・・・、日に日に痛くなるし
歯医者さんにいきたくっても、すぐにはいけないこのつらさったらさ。
鎮痛剤を飲みつつ、母がやってくる水曜日を祈るような気持ちで待っております。
さて、実家でお試しした余計な事についてなど説明を。。。。
朝食の時のこと。
娘達、その日は何故だか、パンも半分ほど残し、チーズもハムもお残ししておりました。早々に『でした!』ってごちそうさまをして、テーブルをさって行く2人を見て、母がぽつりと「今日はこのあとママはなるべく顔をあわさない様にして、おっぱいをのまさないようにしておかない?きっとご飯をよく食べると思うよ、こんなにお残ししたんだし。」と私に提案してきたので、ま、それもそうかも・・・と母の提案にのって娘達をかわしつつ過ごしてみました。
さて昼食になり、娘達はいつもとあまり変わらぬ様子の食欲で、見ていた私は『なーんだ・・・』思惑はずれでした。
一回くらいでは、結果はでにくいのかもですね。
で、食後、いつもなら楽しくお遊びする2人が、私に群がってくる??何?手に絵本も持ってないし・・・・その不満そうな顔って^^;
まさか、あれデスカ?『おっぱい?』
まさに、それだった模様で、食事もいつもどおり食べたんだから頂戴よね!!と言わんばかりの表情。
そこで、あげてればよかったのに、変に今回もおっぱいをすっぽかしたら、今度こそよく食べるのでは・・・・などと考えて、さりげなーく逃げてみようとしたものの、今度ばかりは逃げられず、結局おっぱいをあげることになりました。
このやり取りが、娘達に『おっぱいもらえなくなるんじゃないの?』という不安感を植えつけてしまったらしく、このとき以来、おっぱいの要求とママへのべったり度が
あー本当に余計なことしちゃいましたorz
思い返せば、妹ちゃんとも『欲しい時にはいつでもあげるから』っていうお約束も破ってるしママってうそつきじゃん!ゴメンね。
歯茎の不調は、ばちがあたったのかも。
何事も、思いつきで行動するのは、良くないですね。
2007.04.21 23:28|1歳6ヵ月
実家生活3日目
せっかくお手伝いしてもらえる環境にいるのだから、いろいろ挑戦してみないとねてな事で、一進一退を繰り返すお食事にスポットをあててみることに。
妹ちゃん、最近結構『私だってがんばって食べるよ』の姿勢が見られるものの、あと一息お口のあきが悪いんですよね。
私や母、旦那さまが「あーん!」って大きなお口をして見せても、もう一つ伝わりきれていない?「かばさんのお口であーん」って言うのもかばが理解しきれていないので効果ないし・・・・。
夕飯時、ふと向かいで夕食を食べている父のすがたにビビッってきました。
娘達がじいじの食べている姿をじーっと見入っているんですね♪
まさに興味津々。
娘達に向かって「じいじのお口あーん大きいよ!ほーらじいじのお口であーんをみてごらん、あーん・・・・」声をかけてみると、父もすかさずご飯をゆうに4口分くらいはあったでしょうか・・・のどの奥が見えるほどの大きなお口をあけて「あーん」って食べて見せてくれました。
妹ちゃんもお姉ちゃんも、その様子を目をまんまるにして凝視・・・微動だにせず・・凍りついた?いえいえ驚いてる?とにかくすごいインパクトだったようです。
で、そのあとの食事から、「じいじのお口であーんは?」というと、2人とも!!って表情で大きく口を開くようになったんですよ。
作戦大成功
思えば、以前からじいじの食べる姿に二人とも興味があったようで、じいじの口癖の『うまい!』も真似ていたし、アドリブでおねがいした大きなお口でしたが、とっさにあの大きな口のご飯一口・・・イメージって本当に大切ですね。父に感謝です。
本日デビューした食材:たけのこ りんご(くし切りで)
どちらもよく食べました
りんごは、ばあばが目の前で皮をくるくるつながるように剥いてくれて、長い皮にも大興奮してました。
お姉ちゃんは『あぷー!(apple)』『おいしいねぇー^^』とむしゃむしゃ直向にかじって食べてました。
こういう噛み応えアリの食べ物はおえって必ずする妹ちゃんも、自ら4,5口噛み付いては食べてました。その後は私に持ってもらって食べさせてもらってましたが・・・・。
ニコニコ顔でかじってるおねえちゃんと、やや噛み付かれた妹ちゃん
20070423022825
  
200704230228252

かみかみすると美味しい物は、まだまだたくさんあるんだよ。
これからも、少しずつがんばろうね
2007.04.20 00:52|1歳6ヵ月
旦那さまが、残業→宴会→個人的なご用事と連日慌ただしいらしく、私と双子の女組は、歯医者へ行くために来てくれていた私の母と一緒に実家へ。本日より三泊四日の楽しいお泊まりです。
母の愛車に乗ると、いつもとは違う車内の様子や車窓の風景に大喜び♪
道中、只今二人のお気に入りの英語ソングbye bye baby~も登場だし(*^-^*)
携帯用のシートベルトでやや座位の安定が良くなかったにもかかわらず、一時間強のドライブでしたが、とてもおりこうにできていました。
実家に到着するやいなや、我がもの顔で部屋をかけてまわり、早速面白いものを発見したようで(笑)じいじのスリッハ゜を片足ずつわけて、履いて歩いてるし(-_-;
20070420005205

高いソファーや椅子に上ってくつろいでいるし、引き出しや棚をさぐってみるし。
床の間が二人の基地になっているようで、床の間の大きなつぼやちょっとした段差がうれしかったのか?きゃーという笑い声とともに賑やかに追いかけっこもしてました。
疲れたのか、二人は11時すぎにはぱたりと寝ついてくれましたよ。
明日も、今日みたいに楽しく遊び早寝がんばろうね♪
明日に備えて、さて、私も早くに就寝いたしましょう。
おやすみなさい(^-^)/
2007.04.16 23:32|1歳6ヵ月
遅寝遅起きの娘達。
実は先週末くらいから寝る時間を微妙に早めて(と言うか早まるように)眠らせる挑戦を続けています。
昼間は疲れてくれるように目いっぱい遊んであげて、パパはお風呂でじっくり遊んでくれて、疲れさせて何とか頑張ってきましたが、10時過ぎくらいに一人は寝入ってくれるかなと言うところまでたどり着きつつあります。
朝は8時起床。以前は9時過ぎくらいに起きていたので、いい感じになってきましたよ!
これも、あと少し夜の寝つきが早まったら、パパをお見送り出来る生活も夢でなくなりそうです。
生活リズムや日々の生活の変化にストレスを溜めさせないようにと思い、結構苦手な食事があったり、甘えん坊さんでもある妹ちゃんと、最近寝る前に一日を振り返った反省会?を頬をくっつけてお話し合いをすることにしています。
『お返事が出来なくっても、子供達は、私達の言っていることは、ちゃんと理解できているものなんですよ・・・』という、我が家のかかりつけの小児科の先生のお話を、私も同感と思っているので

「今日は、ご飯の時によく頑張ってカミカミモグモグしていたよね。偉かったね。また、明日もママはり切ってご飯を作るから、出来る範囲で楽しくモグモグしようね、よーく噛むともっともっと美味しくって楽しい食事になるよ。あとね、ご飯をしっかりお腹いっぱいに食べたからといって、おっぱいをあげませんなんてママは言わないから、いつでもおっぱいは妹ちゃんがほしいなぁって思うときにあげられるから、心配しないでね。もういらないよって妹ちゃんが自分で思うまで、ママもおっぱいをなんないしないから安心してね。」嬉しそうににっこりと笑うと私の口にチュッってキスをしてうんうんってうなずくんですよ。
この話し合いの効果があってか、妹ちゃんが夜中に起きて私のおっぱいをさがさないようになってきつつあるのも、嬉しい成長です。
卒乳は、まだまだ遠い未来のようですが

この作戦をやっているとついつい子どもと一緒に眠ってしまうので、書きかけのブログがたまっていくんですよね。

書きかけ整理して、順次UPしたいなぁ~。
でも、書くよりネットサーフィンに没頭しちゃう私って、だめだな・・・。季節がら、子供服とか気になっちゃうし
2007.04.15 23:13|1歳6ヵ月
本日我が家には私の両親がやってきた賑やかな一日でした。
娘達は、だーい好きなばあばとしっかり遊べて大満足だったようです。
旦那さまも、母に子守を任せている間に、ETCの取り付け作業が出来て満足そうでした。
私も久々に、父とお買い物デートが出来て、いい気分転換になりました。
さて、それぞれが楽しく過ごした一日も終わり、お風呂も済んで、妹ちゃんはパパと寝室で眠ってます。
お姉ちゃん、眠る気配無く、依然お遊びモードにスイッチが入ったまま・・・・(泣)
お気に入りのさるかに合戦の指人形(さるとくり)を持ってきました。
ちなみに次にお気に入りは蜂さん・・・・主人公のかにはあまりお好きでない様子です。
タオルに一つずつのせて・・・・
くるんで・・・?
おねんね♪って人形寝せている場合じゃないし!!
君が寝る番なんだってば
しばしお人形遊びに没頭していました。
ちなみに・・・・
お人形遊び、お姉ちゃんだけがするお遊びで、たいていさるとくりのペアに『こんにちは』って挨拶させあったり、『トコトコトコ』って言いながらテーブルや床の上を歩かせたり、大きなコップを人形の口にあてて何かを飲ませてやるしぐさだったり、あとタオルをお布団に見立てておねんねさせたり、この前は自分達の乗用玩具にのせてあげてましたよ(笑)
女の子らしいお遊びをはじめるようになったものだと、眠いのも忘れて、遊ぶ娘の姿に頬が緩む夜でした。

ちなみに妹ちゃんのお気に入りは 臼どん 。しぶい・・・・。
2007.04.14 23:55|1歳6ヵ月
納豆まきで好感触を得て以来、じっと様子をみつつ、納豆ふりかけで機が熟すのを待っていた私。
もう一度、そっと混ぜ込む作戦でいくか?洗ってアレンジメニューで挑戦か?
ふふふ。
直球勝負で、フツーに納豆として出しました。
旦那さまは、この無謀な挑戦に、『まだ無理なんじゃないか・・・・』明らかに逃げ腰でした。
私も、内心『まだだめなのかもだけど・・・』とは思っていたものの、一度はガツンとそのまんまで出してみたいと言う思いもあったので、一応食べやすいように大粒の柔らかなタイプのものを、ラップにくるんでマッシャーでつぶして食べやすくして、あと娘達の好きな海苔をトッピングして・・・・・、小皿にもり、どっきどきで何気にだしてみました。
いただきますのご挨拶のあと、妹ちゃん真っ先に納豆へスプーンを伸ばしパクリ。
表情も変わらず、もうひとなめ。・・・・・。
旦那さまと息を呑んで見守っていましたが、フツーに口に入れてました。
旨くもなく不味くもなく、そういった感じでしょうか。2~3口食べて、大好きな汁物を存分に食べすすめて、ご飯の半分は私の運ぶスプーンで納豆ご飯で食べ終えました。
なんとか、拒否されることなく食べられたと言うところでしょうか。
お姉ちゃんは、いただきますのあと、納豆の存在に気づかず、大好きな汁物とご飯をたべていましたが、ふとお膳の片隅の見慣れない存在を発見!スプーンを伸ばしてパクリ。
またパクリ、もう一度パクリ。
ご飯とともにパクパク・・・・。
横についていた旦那さま『お姉ちゃん、なんともなさそうだし、どうも納豆美味しいみたいだねー』とのコメント。
自分食べではねばねば糸ひいて食べづらそうなので、口に運ぶお手伝いをしてあげつつ、その表情は嬉しそう!
やったねママも嬉しいよ
お姉ちゃん、全く問題ないようです、と言うより、好きみたいですよ納豆。先に食べ終えて、まだ食べている妹ちゃんの横に来て、その納豆ご飯一口分けて~って、お口あーんをしに来てましたし(笑)
我が家の納豆すきすき計画、順調に進行中
家族で納豆をかき混ぜる食卓を囲める日も、もう夢ではないことになりそうです。
妹ちゃんの反応が、あともう一息のような気もするのがちょっとだけ気になりますが、納豆作戦は、このまま直球勝負で進めて行こうかな。
また日にちを空けて、食べさせてみようっと♪
2007.04.12 23:31|1歳6ヵ月
地雷がたくさん潜んでいて、毎日ドキドキの我が家の双子のお食事。
さて、本日はどれが地雷デスカ・・・?
ママの心配をよそに、今日は、機嫌よくもりもりよく食べる日でした。
ちなみにお昼ご飯の様子。
稲庭うどんのミートソース(にんじん・たまねぎ・鳥ミンチ・ほうれん草・トマト)・ブロッコリーのミルク煮
飲み物はほうじ茶

まずは、おうどんを・・・・・
ぱくっ 12-1.jpg 
 じゃあ 私も 0412-3.jpg

うまーい(じいじの真似・・・笑0412-2.jpg

さてと、お次はブロッコリーを・・・・、おや、すくわずにいきなり飲むんですか?
ごくごく。0412-6.jpg 
ん、ナニカ?0412-7.jpg

ゴクゴクゴク  0412-4.jpg ・・・モグモグ 0412-8.jpg

はぁ~  0412-5.jpg


2人とも、スプーンも、お椀から飲むのも、ずいぶん上手になりました
あれ!!そういえば、 昨日はブロッコリーって嫌だったんじゃないの・・・妹ちゃん。
何がどうしてなのかわかりませんが、とにかく美味しそうに楽しそうに食べてくれるのって、嬉しいですよね
2007.04.09 23:41|1歳6ヵ月
お昼も食べて、本日13:30過ぎにお姉ちゃんはやっとお昼寝。
14:00を過ぎても未だ眠りそうもない妹ちゃんは、遊び相手が眠ってしまい寂しい模様。
遠巻きにお姉ちゃんの様子を伺ってましたが・・・・
そっと側らに忍び寄り・・・0409-1.jpg

ねぇ、ねぇってば・・・・0409-2.jpg

「ちゅー♪」っていいながら    チュッ
0409-3.jpg   0409-4.jpg

むー!! 起きちゃったよ・・・0409-5.jpg

昨日の疲れはのこってないのかい?娘たちよ・・・・。
2007.04.08 23:49|1歳6ヵ月
    kujyaku-1.jpg   0408-tori.jpg
天気がいいので、どこかへ出かけよう!
朝一番のこの旦那さまの一言で、本日我が家は、家族4人+私の母+主人の母の6人で、鳥類センターへ行ってきました。
ばあば2人が揃うのは久々。
私の母は、昨日が我が家のある地区の町内会の花見で、子どもたちをおいて夫婦で出席するべく子守のhelpにきてもらっていました。
主人の実家が母だけなのは、お父さんがアメリカに住むおばあちゃん(お義父さんのお母さん)に会いに3ヶ月間ですが、アメリカへ行っている最中なので、お母さん一人暮らし満喫中なためで、気晴らしにとお誘いしたら、仕事も予定も入っておらずスケジュールあいていたので、今回参加となりました。
主人の実家の3列シートのファミリーカーを出してもらい、賑やかなお出かけとなりました。
説明より分かりやすいかもなので、本日は写真中心で。
ふーん・・・って感じでみてます。えさをあげることが出来るので、こんな感じで鳥がよって来ます。
0408-2.jpg   0408-1.jpg

ホロホロ鳥があんまり群がってきて怖くなってきた模様・・・・
振り返って訴えるお姉ちゃんと黙々と観察する妹ちゃん
0408-3.jpg  0408-4.jpg

目の前で羽を広げてサービス?実は手前のメスにアタック中でした。
ばあばズ、一生懸命双子に説明中。
0408-5.jpg

妹ちゃんお姉ちゃん大興奮!わぁ~!! 至近距離にフラミンゴ!0408-11.jpg  0408-12.jpg

鳥の大きさにおののきつつ、ペリカンと記念撮影
(昔、幼稚園に通うペリカンの報道があったけど、こんなに大きな鳥って怖くなかったの?)0408-7.jpg  0408-8.jpg

今度はもっと大きいダチョウさん。大きすぎて反応がイマイチでした。↑
それでもばあばズは、双子に懸命に説明中・・・・
帰りにファミレスでしまじろうメニューを堪能した2人。
0408-13.jpg  0408-14.jpg

完了期用に調理されたハンバーグもにんじんもブロッコリーも、2人にはまだまだ手ごわかったようで、頑張って半分程度食べられたくらいですね、オムライスの食いつきはまずまずでした。なぜか、おもちゃは2人とも車を選んで熱中して遊んでました(笑)いろいろ女の子らしい可愛いのもあったのにねぇ?

2007.04.04 23:11|1歳6ヵ月
娘たちも、本日で1歳6ヶ月です。
だからと言って、これといって特別なことはしてませんけどね^^)
本日特別だったのは、私。
妊娠中からずーっと抱えていた問題・・・親不知。3本生えてきていて、うち2本はものすごい角度で隣の歯に向かって斜めに生えてきているようで、産後に、里帰りした実家の近くの歯科で、歯の検診をしてもらった時には、うち一本はわがもの顔で隣の歯に向かって勢力を拡大中でした。
抜歯となると麻酔や、止血剤や痛み止め、そして何より時間もかかるようで、まだまだ手のかかる小さな娘たちを預けて、おっぱいも休止しての治療は困難だろうという判断で、とりあえずは育児が1段落するまではそのままになっていました。
親不知との接点に出来ている虫歯が、少しずつ進行しているし、歯も磨づらいのと、最近ではなんだか少し頭が痛い日もあるし・・・・、元来ちょっとした体の不調でもすぐに病院を受診するタイプの私としては、我慢の限界がやってきていました。
少し前に、娘たちあてに届いた、しまじろうでおなじみの教材のDMの虫歯の写真をみて、ぞーっとしたのもあって、母が来てくれている今日、思い切って、昔からのかかりつけの歯医者さんへ相談に行ってきました。

出来ればもう抜いちゃって欲しい!って勢いで予約して、14:30に病院へ。
太宰府市にあるその歯科は、私が中学生の頃からかかっているかかりつけで、最近ではほとんど足を運ぶこともなくなっているのですが、気さくで優しい人柄の先生は、何故かずーっと私のことを覚えていてくれていて、ごくまれに受診するときも(最後は確か3年前くらい)、結婚して姓が変わっているのにもかかわらず私とすぐ気づかれるし本当に不思議。
今回の予約時には「すみません、あの・・・失礼ですが、○○くん(私の旧姓)だろう?って先生が確認されてるんですが・・・・」って受付さんに言われるし、もちろんお会いすると治療よりも先に世間話になっちゃう(笑)気の置けない間柄的な、そんな歯科であります。
ここにかかれば大丈夫って言う安心感もありますし、昔から変わらない建物や先生の人柄にほっとされ、行くだけで、もう大丈夫元気になってくるから不思議。
受付をするのに保険証を出していたら、?・・・・???どこかでみたような・・・・!中学時代の同級生が受付に?って思ってたら相手も気づいたようで、久しぶり~中学を卒業して以来なので20年は経ってますよ。思わぬ再会を果たしました。
さて、肝心の歯は、結構厳しい状態におちいっていたようで、簡単に抜けそうもないようです。後日大学から応援のドクターがやってくる日に抜いた方が良いということになり、親不知はそのまま抜かれる日を待つことに。
お隣の歯が、結構酷いことになっていて、こちらは神経の近くを親不知に圧迫された上にその接点が虫歯になってきていて、神経を抜かないとダメなほどに傷んでしまっていた模様。
抜こうと意気込んでいた親不知はそのままに、麻酔をかけてお隣の虫歯の神経を抜くこととなりました。
双子の娘を連れて通院は難しいと言う家庭の事情を説明したら、なるべく通院回数(頻度)が少なくてすむように配慮した治療方法をすすめてくださって、本日の治療は14:30~17:00と大変長くかかりましたが、今後は10日に一度くらいの通院で済みそうです。
この神経を取った治療が落ち着き次第、次は親不知をぬいて、そのあとは残りの2本も順次抜いて・・・・しばらくは歯科通いの日々です。
今回も、今後の通院も、快く母が協力してくれるので、本当に助かりました。
いつものように後追いをすることなく、私を見送った娘たち。病院から帰っても、あっさりしたものだろうと思っていたら、意外!ママって抱きついて、私に顔をくっつけて一生懸命に%&$#ねーって宇宙語でお話をし続け、2人で争うようにおひざに抱っこをされようとよじ登ってきましたよ!
うれしー。「ちゅう」って言いつつたくさんキスもしてくれて、熱烈歓迎を受けました。

ママ株、上がった?
娘たちが1歳6ヶ月の本日、私、ストップ高のようです。
2007.04.02 23:58|1歳5ヶ月
気がつけば、娘たちもあと数日で1歳半。
1歳になってから本日まであっという間でした。
生まれてから6ヶ月まではものすごーく長かったのになぁ~、明らかに大変さの密度が違う気がします。
あ、あと私も昨日でまた一つ年をとりました(笑)。娘たちとは違い、毎年何かが減っていく?体力だったり、記憶力だったり・・・・あ、若さもね白髪だけは確実に増えていますけど。
お祝いするような年でもなくなったと思っていたら、私の父がふらりと出かけたかと思ったら、小さな箱を提げて帰宅。
「はい、これ。」ぶっきらぼうに渡した箱の中身はケーキ。
小さなくまさんとバラの花に絞ったクリームがのった、クラシカルというか懐かしいデコレーションのお誕生日ケーキとロウソクでした。
ロウソクの数もぴったり!
「わぁ、ありがとう、お父さん」の私の言葉に、照れくさかったのか、「甘ーいケーキたくさん食べて、糖尿病になっちゃえ・・」だって。
この一年半、ママとして頑張ってきた私ですが、久々に子どもの気分を味わえたうれしいひと時でした。

さて、私のお誕生ケーキを見たお姉ちゃんは「わぁ!わぁ!!」妹ちゃんは「わー!すごーい!ねー」大興奮。
私がクリスマスに作ったケーキよりも2人とも身を乗り出して喜んでました。
0401-1.jpg


みんなでハッピーバースデーを歌って、ろうそくの明かりをふぅーって吹き消して・・・・、ふと両親に囲まれてお祝いしてもらっている自分の姿に、将来の娘たちの姿と、お祝いしてくれている両親の姿に自分たち夫婦の姿を重ね、親になって親の気持ちが分かるという言葉の意味が、またじんわりと胸にしみた夜でした。

一つのソファーに仲良く座って、いないいないばぁに熱中する2人
お顔は似ていませんが・・・
0401-2.jpg

足は似てるんですよ(笑)
0401-3.jpg

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。