--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.28 18:11|1歳4ヶ月
新しい遊び場を求めて、今日は市役所へ。
市役所??って思う方もいらっしゃるのでは、私の住む自治体の市役所の玄関前には噴水や池があって、鯉が泳いでいたり、あとその奥が芝生になっていて、車も入れないようなつくりで、一度子どもを放し飼いにしてみたいなって思っていたんです。
ついでに、育児関係の情報もGETしたいと思っていたし。
まずは、子育て関係の情報を得に、市役所のもよりの課へ。窓口前にたくさん資料が置いてあったのをごっそりいただきました。こちらには、おおきなアンパンマンの人形やおもちゃなど、子どもの大喜びなアイテムがたくさんありましたが、早々に撤収して、目的の芝生へとGO!です。
すでに3組ほどの子連れのお母さんたちがいましたが、私たちが到着すると入れ替わりに帰り始めたようです。
貸切となった広い芝生のスペースに娘たちを放牧し始めると、お姉ちゃんはいつものごとく足踏みをしては芝生の足元の感触を楽しみ、空を見上げたり、かがみこんで芝や草をむしってみたり、その場でくるくる回ったりと、いたってマイペースかつじっくりと遊び始めた模様。
さてと、妹ちゃんは・・・!!池の方へまっしぐら!柵がないので落ちちゃうんだってば~、まてー(汗)何とか間に合って、回収できました。噴水のシャバシャバとした水音に誘われるのかしら?池が見えないところまで妹ちゃんを抱きかかえて移動して、再度放牧開始。トコトコと小走りにかけ始めて・・・・・!!そっちは池だってばぁ!(汗)
また回収。そして、再度放牧。一応、あっちはお水がたくさんで危ないからいけませんよって言って聞かせてから。
今度は池に向かって走らないよ、ふぅーよかった・・・・・・・!?、そっちは石の縁取りがしてあるから転んだら怪我するってば!まてーぃ!まてまてー。たどり着く前に回収成功。
どうしてことごとく、わざわざ近づかないようにと遠ざけている危険の方向へ行っちゃうのか、とほほ。
回収後、妹ちゃんをバスケのマンツーマンディフェンスのごとくマークし続け、むしった草や木の棒を口に入れようとするのは大目に見つつ、仲良く3人で遊び?ました。
しかし、妹ちゃんには、わざわざ危険に向かってしまう本能でもあるのかしら?本能って危険を避ける方向に普通働くか・・・・。
結局、妹ちゃんを追い回し続けて、お姉ちゃんをほとんどかまってあげられず、本日の外遊びは終了。
それでも、今日は帰りの車に乗り込むときに2人とも泣き愚図ったりすることもなく、帰りの車中も車窓からの景色を楽しんでいたようなので、結構満足できたのかもですね。
なにより、今日はかえりますよーって声をかけたときにみた2人の表情は、なんともすがすがしい笑顔で、老体に鞭打って外に連れ出した甲斐があったというものです。
暖かい日が続く限りは、また、どこかへ連れて行ってあげたいと思うわたしでありました。

さて、本日寝かせ付けをはじめると、妹ちゃんがママに行くんだー!って、パパの寝かせ付けを嫌がって愚図り泣きをはじめ、仕方なくそれまで抱っこされていたお姉ちゃんがパパのところへ行くことに。
公平を期すために、なるべく日替わりでパパ担当ママ担当を入れ替えているのですが、甘えん坊の妹ちゃんに結構な頻度で割り込まれたりするお姉ちゃんなのです。お姉ちゃんは、「ごめんね、ちょっとだけ代わってあげて」って頼むと、自ら私のひざから降りて、パパのところに行ったり、絵本を手にとって座って読んだりをはじめるんですね。
今日も、ごめんね・・・ってお願いをしたら、私のひざを妹ちゃんに開け渡して、自分は先日おばあちゃんからいただいた「いないいないばぁ」の絵本を、少し離れた私の足元に座って読み始めました。
程なく、愚図っていた妹ちゃんも眠りについてくれて、パパに受け取ってもらい二階の寝室へ連れて行ってもらうと、それまで大人しく本を読んでいたお姉ちゃんが、「スッ」っと立ち上がって、両手を私にさしだして急いで抱っこされにやってきました。
今日は、一生懸命我慢していたんですね。ごめんね。いつも、よく聞き分けてくれるので、ついつい我慢させたりが多くなってしまっているんだよね。
ぎゅっとしがみついて、私の顔をじっと見上げて、「ママ、マーマ、ままぁ」にっこりと笑うお姉ちゃんに、胸がきゅっと痛んだ私です。
「お利巧に待っててくれて、妹ちゃんに順番も譲ってくれて、本当にえらかったね、ママいつもお願いばっかりでごめんなさいね。今日は、たくさん我慢ばかりで悲しかったんだよね、ママはお姉ちゃんのことだーい好き。」しっかりと抱きしめて、そう話しかけて、お姉ちゃんのお気に入りの歌をたくさん歌ってあげた夜でした。
スポンサーサイト
2007.02.26 20:05|1歳4ヶ月
娘たちが、私と唯一一緒の食卓で食事をする朝食タイム。
上手に自分でパンなどをつかんで食べるようになったとは言っても、やはり少しはお手伝いしてあげないと、最後まできれいにというわけにはまだ行きません。
で、私も一緒に食べるとはいっても、娘たちが大人しく食べている隙をみて、パクパクって一気に食べちゃうこともあるわけです。
今日も、残りのトーストをパクパク一気に食べちゃったんですが、妹ちゃんはその様子を見ていたようで、自分のトーストを食べている手をしばし止めて、私のほうをじっと見ていました。
自分の手のトーストを見て、私の空になったお皿を見て、また自分のパンを見て・・・・。
「はい」と、私に自分の持っていたトーストを手渡して、お皿にまだ少し残っていた自分のパンを、私の空のお皿に「はい」って言いながらのせて、そしてにっこり笑うとまた自分のお皿の分けた残りのパンを手に持って食べ始めました。
「?、分けてくれたの?」
私のお皿が空なのがかわいそうだなって思ったのかしら、自分のパンを気前よく分けてくれたようです。食べたかったら、ママはいくらでも自分で準備できるのに、ごめんさないね、心配したのかなぁ・・・、そしてありがとう!気持ちだけいただいて、もらったパンはそっと返しましたけどね。
1歳4ヶ月の娘に気遣ってもらった私って、本当に幸せ者です。
そういえば、妹ちゃん、食べ物に関しては寛容で、いつも先に食べ終わるお姉ちゃんにチーズやパンの耳(どちらも好きなはずなんですが)を横から取られても、文句一つ言ったことなく、むしろ譲った食べ物を食べているお姉ちゃんと顔を見合わせて、うれしそうに自分も食べることの方が多いですね。
お姉ちゃんは、ごちそう様をしたあとも、妹ちゃんの食べているのを見たりすると、急にまた食べたがる食いしん坊です。

今日はお昼過ぎに人が尋ねてくる予定があったので、天気はいいけど遠出はちょっと厳しいので、久々に我が家の庭で遊ぶことにしました。
門も塀もあるので、車道に出ちゃう心配もないし、もちろんタバコの吸殻やゴミの心配もないけれど、アプローチに使っている石畳と壁や階段のレンガがゴッツゴツで非常に危険なのが難点。
それでも、ドア一枚隔ててすぐさま遊べるのはやはり便利。
玄関で靴をはかせて、軽く上着を羽織らせて、2人を小脇に抱えてGO!です。
お姉ちゃんはしばしたたずんでから、妹ちゃんのあとをついていきました。妹ちゃんは、目に付くもの目に付くものへ次々と歩み寄っては触ってまわっています。りんごの鉢植え→大きい石ころ→木のフェンス→背の高い草→ママ→つるっとした石・・・・。あっちこっちと移動を続けます。おや?じっとしていると思ったら、つるっとしたいしなめてましたよ・・・。その石を私に差し出して、どうぞ・・・・って口の前に出してもママ食べないよ~!石なんだよ、これはね(笑)
これ以上石を食べられても進められても困るので、石が目立たない方へ2人を移動して、せっかくだからと思い、私も座り込んで、久々に草取りをしてみることもしました。
ママの変わった行動に2人ともしばし見とれて、うろうろするのも忘れています、そのうちお姉ちゃんは私と同じように座り込んで草むしり真似て手伝ってくれ始めました!えらいぞ!お姉ちゃん。その調子で、ママを助けてくれる良い子に成長してくれたまえ!期待してますよって思っていたのもつかの間、面白くなかったようで、また妹ちゃんと目に付くものをさわる旅へと出かけて行かれました。
あれ?妹ちゃん、またじっとしているけど何だろう?
妹ちゃんの正面に回りこむと、もぐもぐ・・・・口の周りは白っぽいし・・・って?あー!灰たべてるよ!
すぐさまぬれタオルで口の中をふき取りました、あせったよ~もう、まったく。
薪ストーブから出る灰を、庭の植木や隅のほうにまいていたのを見つけて、早速食べたのね。土とは違うと思ったのかぁ~、気づくところはえらいけど、食べちゃあいけませんよ、第一美味しくなかったでしょうに・・・・。
妹ちゃん、食事では、見慣れないものはすぐに口にはしないのに、食べ物でないものは何故か何でも食べちゃうんだよね。
これも、ある意味食いしん坊?

我が家の娘たち、そろって食いしん坊に成長しています。
誰に似たのかなぁ
2007.02.25 23:04|1歳4ヶ月
あっという間に過ぎ去った実家生活でした。
旦那さまが午後にお迎えにきてくれたので、帰宅となった次第です。もう少しいても良かったんだけどね・・・、気楽な生活で旦那さまゆっくり出来たのでは?と思いきや、チワワズ家にいてもやっぱり一人は寂しかったようです。
お掃除や洗濯、片付けなどもたまってそうだし、今日帰ってないと、私が切れキャラにならないで片付けをできる散らかりかたの限界のところまできているだろうし、この辺が潮時というところでしょう(笑)。
お迎えに来た時間が微妙な時間帯で、ささっと帰るつもりだったのが、おやつやお昼寝などの時間に差し掛かってしまい、結局は夕方遅くの出発となり、いつもは帰りの車中は眠っている娘たちが、めずらしくお目目ぱっちりで、多分お初でしょうか?峠越えを起きたまま体験することになったようです。
昼間なら景色も楽しめてよかったのにね、日も沈んでしまってて、すっかり真っ暗です。
お姉ちゃん、怖くなってしまい泣き出しちゃいました。
妹ちゃんは、暗い中もお目目ぱちくりさせて、じっと窓のほうを見つめてましたが、一体何が見えていたの?それはそれでちょいと気になりますが・・・。
仕方ないので、峠を越えてしまう間、私歌を歌ってあげましたよ。
明かりが車窓から見え始めたら、機嫌をなおしてくれて、お姉ちゃんもいつものマイペースキャラに戻ってくれました、よかった♪
もしかしたら、一才を過ぎてくると、車の中で眠るのも次第に減ってくるのかもしれないしなぁ、少しは子供向けの音楽CDものせるようにしておかなくっちゃなのかも。歌い続けるのも、時間が長いとネタが続かないので大変だし。
最近、我が家の双子も、いろんな歌を歌うようになってきているので、車の中で声をあわせて唄っちゃう日が来るのももうすぐかしら?
ホームドラマチックで、楽しそう!
2007.02.23 23:47|1歳4ヶ月
今回の里帰り、ちょっとした事情でPCが使えません。
そこで、苦手な携帯で、投稿だけですが、なんとか頑張ってみています。何度やっても、この文字をチマチマ打つ作業、イライラ~っときてむいてません。みんなよく我慢できるものだと感心してます。
さて、今日は双子は九時には起床し夜は十時半に就寝と前回の滞在の時よりも優等生で、ほんの一月でまた成長したんだなぁと気付かされています。
前回里帰り時に、何度止めても注意してもいじり(破きに)に行っていた『障子』『襖』。今回全く人気なしで、これ以上被害が出ずにすんでほっと胸をなでおろしていたのですが、今度は新たに襖の開け閉めが二人のブームに(泣)。いないいないばぁを楽しんでみたり、襖に隙間のような通路を作って、追い掛けっこをしたりと、指を挟んだりぶつかったりがとても心配。
襖で何かしでかすのも時間の問題かしらねって思っていたら、私の母のお友達がお土産におもちゃをもってやってきました。この母のお友達は、母の通うバトミントンサークルの仲間の一人で、私たちが帰ってくると必ず娘たちに会いにやってくる我が家の双子のファン?のおじさんで、いつもたくさんお土産があります。ご自分のお宅にはお孫さんがいないので、うらやましいのと珍しいのと子どもたちも結構なついているようなので、なんだか自分が孫がいたらやってみたいことをうちの娘たちにしているような感じですね。
今回は大きな箱を持参。
気に入るかどうか・・・っていいながら空けた箱の中は、乗用玩具!パトロールカーでした。パトカーは、以前から絵本を見るたびにお姉ちゃんが「う~、うーうー」ってサイレンの真似をしていて、ヒットかも?
クリーンヒットのようです。
箱から出てきたパトロールカーは、すぐに2人の目にとまり、ハンドルをつける間も与えないほど、二人で喜んでいじったり乗ったりをはじめました。最初は交互に交代で遊んでいたようでしたが、一人が乗った後ろをもう一人が押してあげるという連携プレーも編み出し、襖のこともすっかり忘れてくれて、部屋の中を乗り回して遊び続けてくれ、助かりました。おじさんもうれしそうでしたし、よかった
夕方まで、このお遊びは2人のブームとなり、楽しく時間は過ぎていったのですが、夕方といえば最近になって2人の再ブーム番組「いないいないばぁ」がはじまったので、テレビタイムに。
喜んで踊る娘たちを見ていた私の母、ちょっとお買い物に・・・・って言って出かけたのですが、帰ってきたら手に2冊の本。何の本?って言いつつ受け取ったら、「いないいないばぁ」のテレビ絵本でした。っていうか、そんなの売っているんですか?知らなかった!そういえば私随分長いことじっくり本屋さんにも行ってないし・・・・、恐るべし私のママ!どこでこういった本の情報を仕入れているのか。
バァバの底力をみましたね。
もちろん、娘たちは大喜び!
本の中は写真といないいないばぁ遊びを基本にした仕掛けものといった感じ。あと、番組で歌っているうたの歌詞と絵そして楽譜がついてました。コードもついてたので、家に帰ったらエレクトーンで弾いてあげようかしらね。きっとノリノリで踊ることでしょう(笑)
本日は、私のつたない歌声で我慢してもらいました。
おもちゃに絵本、お姉ちゃんも妹ちゃんも大興奮で遊んだ楽しい一日だったようです。

母が買ってきてくれた本はこちら↓
20070226134720
2007.02.22 01:06|1歳4ヶ月
旦那さまが今週末残業で遅い日が続くらしく、それならばと旦那さまのOKをもらって、私の実家で両親に甘えることに。
で、今は実家にいます。
さすがの寝付きが悪い我が家の双子も、あわただしい移動と、こちらの家でいつも以上にはしゃいで数々の芸を披露したのとでくたびれたらしく、お姉ちゃんは私の母の抱っこと子守り歌で、妹ちゃんは自分からお布団に休んで私の母をよんで子守り歌を歌ってもらってあっという間に眠ってしまいました。
こんなに寝かせつけに楽な思いをしたのは、はじめてですよ(^_^)b
実家、最高~!
特にこれと言って書くネタもないので、昨日(2/20)の公園遊びについてなど。
またまた天気が良かったのでベビーカーで公園を目指して家を出発したのですが、いつもの公園に近付くと、出入りできる通路の付近に、子連れのお母さん方がたむろっていて、明らかに私たちを見て話題にしている模様。嫌な感じするし・・・、結局弱虫の私はこの公園を通りすぎて別の公園を目指しました。
たばこやごみが落ちているのも心配だしね
今度のところは、遊具は全く無いオール芝生の小さな公園で、とりあえずごみや吸い殻など落ちている気配なくしずかでいい感じ。気になるのは車道との境界が低いつつじの植え込みで歩道が間にあるものの交通量まあまあな点。
で、公園の道路から一番離れた場所に双子を降ろしてみました。
芝生のふかふかの感触をしゃがみ込んで手をついては楽しんで、葉っぱを少しむしっては食べて見て、あとはひたすら駆けてまわってました(笑)。
しかし、心配していたことが・・・下校途中の小学生を見掛けたとたん、二人とも吸い寄せられるように車道の方へ。
一旦近付くことを覚えてしまうと、どんなに止めてももはや効果なしで、あまりに危なくなったのでここでお遊び終了しました。
道中が長かったせいか、新しい公園に満足だったのか?撤収時に泣かないで帰ることが出来て、おや!お利口になったではありませんか!また少しだけ進歩出来たようです。
この日の収穫がもう一つ。この公園までの道のりの途中に、焼きたてパンと産直野菜のお店が出来つつあるのを発見したこと。3月中頃にオープンらしいので、これからお散歩ついでの楽しみができそう!
新鮮野菜楽しみ~♪
2007.02.19 15:12|1歳4ヶ月
天気がいいので、ベビーカーで公園に行ってきました。
PIC_0112hana.jpg

春のような日差しで、ぽかぽかいい気持ちで時おり吹く風もなんだか心地いい、お出かけ日和です。
双子も、足ぶらぶら、鼻歌交じり「ワンワンワワーン、ワンワンワワーン(犬のおまわりさん)」で道中ご機嫌です。時間帯が良かったのか、公園は誰もいなくて貸しきり状態!今日の外遊び、いい感じの滑り出しです。
まずは、行きかうJR車両をしばらく眺めて、ベビーカーから降ります。
PIC_0103soto1.jpg貨物とタウンシャトルが通り過ぎていきました。
本日の公園遊びは、いつもの奥の方じゃなくて、今日は遊具があるあたりに陣取ってみました。この前、この遊具付近を目指して2人とも散り散りに走り去ったので、ご希望をかなえてあげようと思いまして。
早速妹ちゃんが滑り台に果敢に挑戦。
でも、そこはすべるところで、登るところじゃないんですけど・・・・って!あっという間に3分の1までよじ登ってしまったし(汗)
危ないので背中をつかんで阻止したら、そのままずるずる~。
PIC_0106soto2.jpg PIC_0108soto3.jpg

基本の遊び方を全く無視、また上るかと心配でしたが、さほど面白くなかったのか、あっさりと中止して、違う方へ。
お姉ちゃんはその間に土いじり&ちょっと食べてみたり・・・?食べちゃダメだってば!!
何やら集まって作戦会議のあと、妹ちゃんが何やら斜面を偵察。
PIC_0111soto4.jpg
何を思ったのか、お姉ちゃんと妹ちゃん二人そろってこの斜面に果敢にアタック?って登頂できるはずないし、普通にすたすた歩いて登ろうとしてるし、せめて手をついて登ろうよ~、危ないー・・・もはや、私、カメラ構えている場合じゃなくなりました。
もちろん、2人ともこの斜面から見事に転げて、土に芝にとまみれてしまい、手を拭き、服をはたいてあげ、さてまた遊んでらっしゃいと送り出しましたよ。
今度は、2人で石拾い。あーんとお口を開けて・・・パクッといく前に回収→また拾うの繰り返し。×2.それは食べても美味しくないんだよ~って言っても聞いてか聞かずか、いろいろな大きさのものをどんどん拾うし、全くもう!って地面を良く見ると、タバコの吸殻結構落ちてるよ!!
遊具付近は、タバコの吸殻が多数落ちていて危険なことが判明。
万が一にでも食べたら危険だし、ここら辺で撤収することにしました。
例にもれず、ベビーカーに乗せるときには『帰らない!』ってすごい騒ぎで、通行人にまでも、「あー、泣いちゃってるねぇ・・・」言われてました。幾分前回より良くなったのは、ベビーカーを押しだしたら、騒ぎも収まり、おとなしくなってくれたことかしら。
ちょっとだけ、進歩しましたね。

家に帰ったら、今度は手洗いも大騒ぎでしたが、もりもりおやつ食べて何とか只今お昼ねしてくれてます。
本当に春が来た頃には、行き帰りともおりこうに過ごせるようになっているのかなぁ。
春よはやくこい。
2007.02.17 23:39|1歳4ヶ月
我が家の食事は、最近は豆椅子に座って向かい合わせが定番となっています。こんな感じ↓
PIC_0062asa.jpg

で、ちなみに写真の朝食メニューは、スティックトーストにパンケーキ、カットしたチーズ、キウイとバナナのヨーグルト、ほうじ茶と、かなり簡単なものばかりです。
朝は、ほぼフルーツとヨーグルトが定番で、パンだったり、パンケーキだったり、オートミール入りのスープだったりの繰り返しですね。
仲良く向かい合わせで座った双子の間に私が座って、3人で朝食タイムを過ごします。
実家でお正月を過ごした時に、毎日のように豆椅子を使っていたのですが、我が家に帰ってきてからも、食事にハイローチェアよりもこの豆椅子を使うことが多くなりました。
ご飯ですよって声をかけると、わらわらとやってきて、自分たちで椅子に座って前掛けをつけたり、いただきますのご挨拶をして待っている娘たちの姿が妙に可愛くって、豆椅子生活を続けています。
私と同じテーブルで食事を取っているというのも嬉しいようで、何口か食べるとこちらを向いて、にっこり笑ったり、「おいしー・・・ね」って言ったり、楽しそう。しかし、うっかりしていると、私の朝食のトーストを、お姉ちゃんがいつの間にかつかんでかじっていたこともあったので、注意も必要ですが。
向かい合わせに座ることで、お互いの食べ方や食べてるものに目が行くせいで、相手を意識した食べ方をするようにもなりました。
食わず嫌いをしがちな妹ちゃんは、初めてのものも、お姉ちゃんがもりもり食べている様子を見ると、安心したようにちょっとずつ食べてみたり、スプーンやフォークを最近は使わせているのですが、お互いが上手に使っているのをみては頑張っている様子。
でも、食事中のおふざけも、向かい合わせだとすぐ伝染しちゃいますけど、それでも良い効果のほうが多いようです。
とりあえず、数日前より妹ちゃんの「パンはいや」病が治ってきたので、穏やかな朝食タイムが戻ってきた我が家です。

食事のお話をしたので、ついでにお昼のメニューも紹介。
そうめんのラザニア風(と、私が勝手に命名)
カブ・にんじん・たまねぎ・オートミールのクリーム煮とささ身ミンチのミートソースを交互に重ね、途中に茹でてカットしたそうめんをはさんでレンジで温めたもの。結局は、食べる時に混ぜ混ぜされちゃうので、重ねるのは意味ないかも。
BFのミートソース系は娘たちにイマイチ人気がないのだけれど、ママ手作りは結構喜んでくれるので、作りがいがありますね。
その上フリージングしてストックできるので重宝するし。
今日は、このメニューを2人とも8割くらいまで頑張ってフォークで突っついて食べてくれました。(こういうベタベタとした感じのものは、娘たちは、フォークの方がうまくすくえるようです。)

日々行き詰っていく離乳食メニュー、みんなは毎日どんなの作っているのだろう・・・・?本をぱらぱらとめくりつつ、こんなのって食べるんだろうか?これって美味しいのかなぁ?代わりばえさせたいけどできずに、私、頭を痛めています。


2007.02.16 23:30|1歳4ヶ月
週末になり、旦那さまも少し疲れがたまってきている様子。
今週は、義父母の訪問以来、お姉ちゃんも妹ちゃんも寝つかないし、夜中に各自2~3回は起きるし、さすがの私もしんどいなぁ。
特に、夜中に起きることがほとんどなくなっていたお姉ちゃんが、急に泣いて起きるのは、本当にイタイです。
お姉ちゃん、義母のお気に入りで、会うとまず抱かれっぱなしなんですよ、泣くまで・・・。で、ストレスがたまっちゃう→後日までひきずる。
何か、家中のもやもやを楽しくに変えたいって思って、本日家族みんなでお風呂に入ることにしてみました。
遅ればせながら、お初なんです、4人ではいるのって。お風呂浮き輪や椅子など物はそろえていても、なかなか重い腰が上がらなくって、ずっと夫婦で分業でお風呂入れていたんです。
子どもたち、お風呂ダ大好きなので(水遊びが楽しみ?)、きっといい気分転換になるだろうし、旦那さまも少しは楽なのでは?私もずっと試してみたかったことだしね

いつもと違う手順になるので、もたついて湯冷めにさせないように・・・、いつもより薪を足してストーブも火をやや強めに調節して、部屋も十分にあったかくなったところで、いざ!

まず私が一人で入って、体を洗えたところで一人連れてきてもらうように呼び出し、お姉ちゃん登場。あれ?ママだ!ってお目めをまん丸にして驚いてます。早速お風呂絵本を見つけて私に見せながらゴニョゴニョ読んで見せてくれてます。
その隙に、お尻洗って、体洗って、頭洗って、お顔と耳を拭いて、そろそろ次どうぞ!って呼び出しボタンでお知らせ。
旦那さまと妹ちゃん登場です。
妹ちゃんは、ママがいる上にお姉ちゃんもいるので、大はしゃぎです。浴槽のふちをつかんで立ったまま、お姉ちゃんと顔をくっつけてキャッキャと笑いあってます。その隙に旦那さまがささっと洗って、私と湯船担当交代。
今度は妹ちゃんのお尻と体を洗って、湯船にみんなでポチャン。
我が家の浴槽つかい始めて以来お初の、すごい賑やかな湯船の風景です。双子はバチャバチャ!きょろきょろはしゃぎっぱなしで、大喜びでした。
で、私が先に上がって服を着て、お姉ちゃんを湯上げして、その後旦那さまが妹ちゃんの頭と顔を洗って、再度湯船でちょっと暖まったら私を呼び出、し妹ちゃんを私が湯上げして、旦那さまが頭などを洗って、おふろの片づけをして上がって本日のお風呂は終了。

皆それぞれに、いいリフレッシュになったようです。
双子は上機嫌で寝付いてくれましたし、パパも『こういうのもアリだよね』って言っていたし、私もお風呂で団欒を楽しめたし、我が家のルーチンにもう少し暖かくなったら組み込もうって事になりました。
暖かくなるまでは、不定期に家族みんなでお風呂を楽しもうかな。
何せ、我が家、土壁・漆喰の造りでとても寒いので。
2007.02.14 23:47|1歳4ヶ月
我が家の双子が見せるおふざけ行動の数々。
急に流行りだしたのが、後ろも見ずにどんどん後ずさりのように歩くこと。なぜか2人とも急にはじめる様になり、思い出したように楽しいのツボにはいるらしく、前触れなくはじめるので非常に危険。何故かバックしてお尻に当たるのが私というのがルールらしくって、お尻でどーんとぶつかってきてはじめてこちらをふりかえって「にっこり」笑います。この笑顔に、つい「危ないからいけません!」を忘れちゃうんですよね。
このお遊びのおかげで、今まで以上に、足元のおもちゃや絵本に気をつけないといけなくなりました。
さらに危険なおふざけ。
妹ちゃんは向こうの方から私の姿を確認するやいなや、両目をつぶってすたすたと歩いてきます。当然これもゴールは私。
歩き始めたら、お姉ちゃんが当たってこないかおもちゃは足元にないかはらはらどきどきです。
これが、先日から進化して、ゴールが私と旦那さまになりました。つい、誉めてしまいそうになるので、いけない・・・いけない!
このおふざけは妹ちゃんのみであります。
お姉ちゃんは、つまだって歩くというのをしばらくしていたのですが、これも更なる進化を遂げ、盗人のぬきあしさしあし・・・みたいな妙な歩行になり、その上この歩きをしながら『とことことこ』と足音を口ずさみます。(笑)どうも、目的は私や妹ちゃんを笑わせることのようで、主に妹ちゃんが私に「めっ!」とかって叱られている時にススーとやってきては、こちらににこりと笑いかけて「ね」って顔をするんですよね・・・これ見ちゃうと、緊迫した空気がいっぺんに緩んじゃうから、もう~しかたないか・・・ていう感じです。相方を助けに来ているのかもですね。

言葉では、アルファベットブームが続いていて、現在2人ともHIJKLMNOPにはまっている模様。(少し前はお姉ちゃんがOPQRSTUで妹ちゃんがABCDEFGHIだったんですが、今は2人でおなじとこらしい。)「えいちあーいぜーけーえうえむえーん・・おーぺーくーあー」気がつくと口ずさんでいて、壁のアルファベットのポスターを見ると妹ちゃんは「ベジ」「ゴーコ」「バーベク」お姉ちゃんは「アポル」「・・ム」指差して本人たちは発音しているつもり。
多分、ベジタブル・ヨーグルト・バーベキュー・アップル・ハムだと思うんですけど、なにせ食べ物の単語しか載っていないので、妙な言葉ばかり覚えたようです。もっと違うの貼っておくんだったと今頃になって後悔
でも、某教育番組のえいごであそぼ見ていても、食べ物ネタと動物ネタのときの食いつきがものすごくいいので、我が家の娘たちって食い気強しなのかも・・・ははは

相変わらず、ブームは洗濯物のお手伝い(のつもりらしい)。
この日は旦那さまがたたんでくれていたのを、2人で手伝って(荒らして)いました。たたんだ端からぐしゃぐしゃに・・・・「お前らは全く・・・」笑いながらとても楽しそうな旦那さまでした。
パパの靴下を発見して履かせて!っておねだりしてはかせてもらった妹ちゃん、とても自慢げです。
お姉ちゃんは一生懸命に洗濯物かき混ぜてます。本人は一生懸命にお手伝いが出来ているつもりのようです(笑)。
PIC_0032kutushita.jpg PIC_0034tatamu.jpg

そのうち、上手にたたんだり出来るのではって、ひそかに私期待しています。
2007.02.12 23:15|1歳4ヶ月
忙しく、面白く、あっという間に過ぎた週末でした。
まず、忙しく。。。
ネットサーフィンなぞ余裕で楽しんだ私。義父母の相手で疲れて、きっとバタンキューだろうと、甘い考えでいたその晩は、双子大荒れであまりに小刻みに目覚めるので、眠った気がまったくしない~!!
最近はほとんど良くなっていたので忘れていたのだけれど、油断してました。うちの双子、旦那さまの両親と会うと、決まってその晩と翌日ものすごく寝愚図るんでした・・・・。まだまだバブちゃんの頃などは、起きて遊ぶなどということも知らないわけで、抱っこ~!寝ない~!と泣く×2・・・・、旦那さまの両親への親孝行の影で、わたくし地獄を見てました。
どうも、義父母は双子と会う時に、ちょっと間合いを取った接し方が出来ないから?一度抱っこしたらずーっと離さないし子供だけでゆっくりさせてあげようとしない、いよいよ泣きはじめると仕方なさそうに私に返すといった感じ。
特に義母さんは、子供たちの主張に耳を傾けない、強引なタイプと私にらんでおります。(ついでに言えば、わたしの話にもね。)
どんなに一生懸命説明しても、子供たちのおっぱいの時間や、食事のこと、お遊びのことまさに右から左へツッーっと通り抜けているようです。
新生児の頃は、授乳時間なんてどんなにお知らせ(私)催促(娘たち)しても、無視?気づかないフリ?子供を抱っこから返してくれない。
ま、愚痴ると長くなっちゃうので、止めときましょう(笑)
で、久々に我が家を訪問の義父母のショックで、夜、いまだないくらい2人とも全く寝つかず、お姉ちゃんは凶暴キャラへと変身・・・・、その上やっと寝たかと思ったら、すぐに起きてお隣さんを起こすし・・・、悲惨な夜でしたよ。疲れました。
義父母が帰ったあとは、喜んで帰った姿に、たまには来てもらうのもいいかもなどと思っていたけれど、もうしばらくはゴメンデス。体が持ちません~、なので許してねパパ。
従来通り義父母とは、主人の実家へ遊びに行って会うことにしましょう!

忙しくのその2。
双子の食事の準備のため、買出しと下ごしらえがどっかり。
ストックが一気に底をついたので、昼夜子供が寝静まると準備開始で大忙しでした。
とくにイライラっとくるのが、おやつのパンケーキ4種(にんじん・バナナ・かぼちゃ・チーズ)を焼くこと。離乳食の本などをみると5センチくらいのきれいな丸に焼けているパンケーキ・・・・、私が作るとなぜか小判型になるんです(汗)。丸くならないことに結構ストレスを感じつつその上苦手なチマチマとした地道な作業・・・・早く厚焼きのパンケーキパクパク食べておくれと祈りつつ、計30枚ほどを何かの職人さんのように夜中に一人ひっそりと焼きました。
忙しくその3。
これは、楽しかったんですが、雛人形を出しました。羽子板もね♪
人形以外の飾りつけは、食材の買出しに行ったときにお花や雛あられ白酒など買って来ようと思っていたのに、荷物の多さにすっかり忘れちゃいました。
なので、人形だけがとりあえず出たところです。
今年は、家族でたのしくひな祭りの予定。子どもが喜ぶような、ひな祭りメニュー考えないとね
もちろん、デザートは苺のアレは決定ですけどね

なんだか長くなったので、今日は忙しかった話のみで・・・・。


2007.02.10 17:37|1歳4ヶ月
旦那さまの両親が我が家に遊びに来ました。
最後は確か去年の3月、我が家を訪問は久しぶりです。
いつも、遊びに行ってみる顔が、自分のうちに現れたせいでしょうか?人見知りをしなくなった2人が、義父母を見るなり表情がこわばってました。先日旦那さまの先輩夫妻と坊やがやってきたときにはへっちゃらだったのになぁ・・・・、あ~気まずいったら。
旦那さまの実家へ遊びに行くと、まず1時間は愚図って泣いてばかりなので、逆に自分たちが双子の家に遊びに行けば大丈夫に違いない!って思っていた(はず)義父母は結構がっかりした様子。
次第に慣れてくれるかと思っていたのに、お姉ちゃんは泣き出すし、私に抱かれたら離れようとしないし・・・、うーん本当に参った!と思ってたら、旦那さまが「ぽぽとまる見に行こう!」と提案。
ナイスアイディア
大好きなワンワンずをみてるうちに、笑顔を見せ、やっと抱っこされたりおしゃべりを披露するようになりました。
『ありがとうね、ぽぽちゃんとまるちゃん。ママ大ピンチを救われましたよ、今日はたくさんおやつをあげるからね』と心の中で思いつつホット胸をなでおろしました。
その後は、おじいちゃんに妹ちゃんおばあちゃんにお姉ちゃんと、それぞれ抱っこされたりお話したりと、以前のように『おじいちゃんおばあちゃんをみてもう泣かないで~』って心配しなくてすんだので、のんびりとした午後を過ごせました。
先ほど、それじゃあまたねと帰っていった義父母に、そろってばいばい~と手をふって送り出したあと、2人とも疲れたのか、珍しくコトンとあっさりお昼寝です。
久しぶりに、私にも明るい時間にゆっくりしたPCタイムが訪れましたいつも、夜行性なので日の光が妙にまぶしい私です。
ひさびさに、ネットサーフィンもいいねぇ

2007.02.08 23:13|1歳4ヶ月
イチゴ狩りへ行ってからというもの、娘たちの苺への関心?が変わったようです。
実際にハウスに実っている状態を見て、触って、食べて、すごく刺激になったのでしょうね。絵本も苺のページになるとしばし手が止まり、何やら解説がつくように・・・、2人で『美味しいんだよね。』『ね!』みたいな会話をしているとことなのでしょうか。

印象に残るといえば、松本さんの苺は大変香りも強く、双子も苺ののってきたお皿を、食べたあとの空になっても、手に持ち『くんくん』香りを一生懸命に吸い込んでました。
我が家のチワワも大好物の松本農園の苺、今回は双子がたくさん食べちゃったのでおこぼれに預かれず、香りのみ?きっとママなんでくれないのかなぁ~?って不思議に思っていたことでしょう。また、今度ね♪

さて、現在お姉ちゃんは、何でももぐもぐ頑張って食べる、食事に大変意欲的な優等生。自分でスプーン食べも、大きな口に何とかたくさん入れようと毎回四苦八苦しています。
問題は妹ちゃん。
最近、ご飯とパンを嫌がるようになり、困ったチャンなんですね。パンは一度克服して以来、自分で手づかみでもりもり食べてくれる、安心アイテムだったのに・・・・、何故?いろいろと種類や調理方法を変えても食いつきがいまいち。
ご飯も同様。固さや形状(おにぎり・海苔巻きなど)味付け、混ぜご飯など・・・ことごとく撃沈です。保護してきた野鳥にえさを与える方がまだ簡単だよって思うくらい、ものすごーいおちょぼ口でついばむのでイライラ~いらいら~!!その上、お姉ちゃんが美味しそうにパクパク食べる姿が横目に見えるので、「何でなのー、お姉ちゃんは美味しいって食べてるよー」、ママには腑に落ちぬ、妹ちゃんのわがままに見えてしまうのです。麺は食べるんですよね、嬉しそうに。おかずも汁物も良く食べます。
これって、やっぱりただのわがまま?こまったなぁ・・・とほほ。
で、初心にかえって、食べなかったらさっさと引き上げてご馳走さまさせて、又同じメニューを次の食事に出しているところです。
今日は、朝のフレンチトーストが、夕方のおやつまで登場しました。
夕食の、混ぜご飯はパパになんとか食べさせてもらい終了。
いつまで続くのかなぁ~、ま、とりあえず一人だけがこの状態なのをラッキーだと思ってやりすごしましょうかね。
食事時とメニューを考えるのが、憂鬱な私です。
この状態からの脱出のきっかけになる、何かいい方法ってないものでしょうかね
2007.02.05 23:25|1歳4ヶ月
パンやおにぎり以外を、手づかみで食べようとしない我が家の双子。
おかずを自分で食べたい!と思ったら、私の持つスプーンをむしりとろうと画策するので、いよいよかも?とにらんで、角度のついた子供用のスプーンを渡してみることにしました。
あーん、でもきっとごちゃ混ぜにされて大変になるんだろうな・・・・。
メニューは、そうめんのクリームソースがけ(すくい易いように、べったり目のソースに仕上げました)
結果は意外?7割くらいを上手にすくってたべてくれてましたよ!時間はかかったけれど、良い感じではありませんか?
途中おねえちゃんのスプーン運びが、それじゃあすくえないだろうっぽい動きになって来たため、手をそえて教えようとしたら、気に入らなかったようで、少々小競り合いをしてしまい、クリームが床に散乱する惨事に・・・・。ほおって置けばよかったよ
妹ちゃんはこつこつとそしてもくもくと食べ進め、時折疲れるとスプーンを器において休憩と、いつもの暴れん坊キャラには似つかわない行動におどろかされました。
自分の興味のあることにはのめりこむその姿・・・旦那さまチックな感じって!やっぱりB型だから?
のこり三割を私が手伝って食べさせ、汚れたのは食事用のエプロンくらいで、この分だったら頑張れそうと思わせた結果となりました。
で、気をよくして、夕食はマッシュポテトとタラのマヨ焼きにフォークで挑戦させてみたら、これも結構頑張ってくれて、半分くらいまで、突っついてはついてきたものを口に入れるの繰り返しではありましたが、食べてくれてました。
ま、自分で全部って言うのはまだまだ無理そうですが、スプーンやフォークを持たせることで、食事に集中してくれているようなので、何か一品は子供がかんたんにスプーンで食べられる物を出してあげたいと考えさせられた日であります。
今日は2人とも食後の表情がいつもと違いとても誇らしげでした。
「やったよ!ママ!」そう言っているようにみえたので、「自分で食べられたものね、スプーン上手だったものね」と2人に言ってあげたら、とても嬉しそうに笑ってましたよ。
さて、本日私の頑張り。
外遊びにまた一人で連れ出してみました。
天気がとてもよく温かで散歩日和、天気のうちにと済ませたかった洗濯や布団干しなど、何かといそがしかったので、出足が遅れてしまい、今日は車で公園まで行きました。
今日はお天気のせいか貸切ではなく、数組子供づれが・・・・。
端っこで遊んでいた娘たちの方へ、ひとりの幼稚園くらいのお姉ちゃんが珍しそうに近づいてきては走り去る。の繰り返し。
葉っぱやお花、芝生やその辺を飛ぶ鳥などを見てはわぁっていって散り散りにならずいい感じで遊んでいてくれた娘たちだったのに・・・、その子の登場で、何かのスイッチはいちゃって大変!妹ちゃんは小走りに、お姉ちゃんはよたよたと散り散りにそして遠くへと・・・・、おーい待って~ママついていけないってばぁ~(汗)
とにかくどんどん行ってしまう2人を追いかけつつ、一人の元へ行けばもう一人が棒を拾って握っているし、そっちに行けばもう一人は土をいじってその手を口へ、そう思えば時々走りよる幼稚園児?を追いかけていつもでは考えられない速さで歩き(走り)出すし・・・約30分ほど、子供たちは元気に動き回り、それ以上に私はいい運動になりました。
いざ帰ろうと声をかけて、車まで連れて行こうとW抱っこをすると、帰らない~とものすごくもがかれて、ベビーカーよりも大変な思いをする羽目に。
車で行く時は、帰りの時に愚図られないように、もう少し作戦を練らないといけないようです。
今晩は、おとなしいキャラと思っていたお姉ちゃんが、なんだか興奮してしまったのか暴れん坊さんへ変身で、寝かせつけの間もきゃあきゃぁと笑いながら大きく振り回す手で、顔面に平手打ちを何度も食らってしまいました。
楽しかったんでしょうけどね・・・おとなしく寝てくださいね。
2007.02.04 23:01|1歳4ヶ月
とても良い天気で、日差しもほんわか温かい!
『出かけよう』の旦那さまのGO!サインが出たので、今シーズンお初のイチゴ狩りへ行ってきました。
かれこれ10年くらいでしょうかこの農園に通っては苺を食べている私ですが、この農園の苺を食べたらスーパーなんかで売っている苺を食べてもまず『美味しい』って感じたことはありません。(キッパリ)松本農園で出来が悪かったといわれた年でも、スーパーよりは格段に美味しいんです。
その上、主の松本さんと奥様の苺に対するこだわりと、とても気さくで温かい人柄のとりこでもあります。
子供が生まれる前までは、月イチペースで通い、イチゴ狩りはほんの数分で、残り一時間くらいは、苺の話や野菜や土、いのししなど松本さんとの楽しい語らいとなるわけで、もはやイチゴ狩りではない?
家を建て、我が家の薪ストーブ用に、薪を作らなくてはならなくなった時には、山でチェーンソーの使い方を教えてもらったり、枝の落とし方を教えてもらったり、花壇にと堆肥をわけてもらったり、あといのししの肉もいただいたり・・・村内の知り合いのように、可愛がってもらってます。

つんできた苺が、食べごろを過ぎた様子のものややや早めのものが混ざっていたりすると、『なんね、まだこんなのとってきてから!』とダメだしがあります。難しいんですよ、さっと見分けるのは。ちなみに見分け方は、微妙なつやが決め手なんですけどね。
長く通うといろいろと分かってくるもので、寒い日が続いたあとの天候の良い日に行くと美味しかったり、ワンシーズン食べ比べると味(濃さ)がどんどん変わってくるので、不思議。
松本さんに『先々週くらいが最高に味が良かった!』なんていわれると、非常に悔しかったりもしたっけね。
なので、車で20分くらいの距離のこの農園に、毎年シーズン中足繁く通っては、苺を摘んで帰っているわけです。

双子が生まれた年のシーズンは、子供の顔を見せに一度行ったきり。
さて、楽しみにしていた今シーズンの苺はとてもよい出来だったようで、粒の大きさ甘さ香りともGOOD!
味見してごらんと、両手にどっさりと渡されたその果実のなんと美味しいことか娘たちも、大粒の苺を一気に3個もペロリと食べちゃってました(笑)
ここの苺は減農薬有機栽培なので、農薬の心配なし!埃をはらってそのままパクッと食べちゃって安心。市販の苺だと残留農薬結構気になるところですが、この点でも大きく差がつきますね。
忙しそうな松本さん、またこちらにやってきたかと思ったら、『粒の小さいのも食べてみて、こっちは味が濃いから』と両手にいっぱい苺をまたいただき、又も試食。もう食べないかと思っていた娘たち、さっと手を出し、パクパク・・・。私も早速一口・・・!たしかに味が濃いし甘い。今日は大きい粒と小さい粒両方をもらって帰りましょう!と決定。
ハウス内に娘たちを連れてはいり、しばし苺摘み。
娘たちは、苺の香りにキョロキョロ、足元の赤い粒に大興奮!そぉーっと指差しては屈みこみじっと観察。
ichigomi.jpg ichigo1.jpg

慣れてくると苺を触ろうと大変でしたが、パパと協力してささっと摘みおえ早々に撤収です。
子供づれでなければ、松本さんといろいろと積もる話があったのだけれど、双子はちょっとでも目を離せばチョロチョロと散り散りに歩き回るので、残念ながら帰ることに。
で、車に乗せようとしたら、妹ちゃん大号泣です。もっと外で遊ぶんだったと泣き訴えのよう・・・、「帰りに公園で遊ばせてあげようね」とのパパの提案で、公園に寄り道となりました。
滑り台があったので、滑ってみました。
昨日の疲れも残っていた私は、後半さすがに目の前がチカチカしてきたので、30分ほど遊んだ後帰宅しました。
帰りの車中、旦那さまが「一人で外に連れ出すのは、本当に大変だよね・・」としみじみと漏らしていました。そうなのよ!だから、また一緒に外遊びに付き合って頂戴ねと思う私でありました。
maicoさんレシピの苺ムースを作ろうと思っていたのに、あまりの美味しさに、お菓子用には残りそうにない・・・・、んーまた苺摘みに行かないとダメだわ。
すっかり苺のとりこになってしまっている我が家の娘たちにも、今シーズンしっかりと苺を堪能させてあげなくっちゃ♪
がんばって、またいくぞー


2007.02.03 23:41|1歳3ヶ月
今日は節分。そして、はやいもので、娘たちは1才3ヵ月の最後の日です。
昨晩、節分を節分メニューでも作って楽しく過ごそうかしらなんて話していた矢先、旦那さまの以前の職場の先輩からお電話。
なになに?明日遊びに来られるの??いいかって?大丈夫だけど・・・。
急に、2/3土曜日に奥様と赤ちゃんと一緒に遊びに来られることが決定!同じ大学病院で私より3ヶ月後に出産された奥さんと坊やに会えるのは、子供のお話なんかもできるし、楽しみなんだけどね。しかしまずいなぁ、散らかってるよ・・・・とほほのほなのです。
『日ごろの心がけがなっていないので、こんな時に困るんだよね。あ~!!』などと心の中でつぶやきつつ昨晩は夜更けまで片づけをしておりました。
来客に慣れない我が家(と、いうか私?)今日は午前中も、なんだかばたばたあわただしく過ぎてしまい、何やってたんだか?娘たちもママの普段と違う行動を察知したのか、お昼寝してくれる気配無く、あっという間に午後の約束の時間になり、先輩一家を迎えることに。
私は先輩も奥様にも初対面でしたが、やわらかい感じのとても気さくな方で、娘たちは『抱っこされる~!』『遊んで~♪』と臆することなくどんどん行っちゃってました(笑)じっくりかまってくれるので、ママより楽しかったに違いない!それを証拠に私に抱っこしてって戻ってこなかったしね。嬉しいような寂しいような・・・・人なつこいのはいいことですが、少々妬けちゃうママです。
1歳の坊やは10㌔ちょっとあってむっちりしてて可愛い~!抱っこしたいんだけど、人見知りがあるみたいで、「おいで」って言ってもこちらに手を伸ばす気配なし
あと少しでたっちができそうなハイハイの状態らしくって、ちょこんとお座りをした坊やを我が家の娘たちは囲んで話しかけたり頭をよしよししてみたり、仲良くしているつもりらしいけど、なんだか坊やの表情は凍ってますよ・・・・いきなり取り囲んで、我が物顔の娘たちに困惑している様子。娘たちは、気が済むまで坊やをいじっては私の方へやってきてはしゃいでましたが、本人たち的には、仲良く出来たよ!どお?すごい?というアピールのようです。
娘たちに囲まれて固まったまま、後はパパの抱っこから離れないで帰っちゃうのかしら・・・と心配だったのですが、お茶菓子のミニ鯛焼きを美味しそうに食べた後から、ぐんぐん元気を取り戻して、我が家の娘たちとリビングを散策。妹ちゃんと電話いじりをしてみたり、マリーちゃん号にのってみたりと行動的に。
bouya2.jpg bouya1.jpg

三人でつるんで本格的に遊ぶって言うのはなかったけれど、坊やと娘たちは、それなりに交流できたようでよかった♪
帰り間際には、私にもようやく抱っこさせてくれたし。
ちょっと残念だったのは、奥さんとゆっくりお話できなかったことかしら。お茶出したり、娘たちを構ったりでお話が途切れ途切れで、もっといろいろ話したかったことあったのになぁ。
次は是非うちへどうぞって帰って言ったけれど、真に受けて双子と尋ねてみようかどうしようか画策中です。メールアドレスくらい交換しとくんだった・・・。
同じくらいの月齢の子供チャン連れの来客は初めてで、ワクワクばたばた、大興奮であっという間の午後でした。
で、何したわけでないのに疲れた私。大人の夕食はあるものでささっと済ませることにした上、娘たちの夕食も久々にオールBFということにしました。メニューは、炊き込みご飯と照り焼きハンバーグのセット。お姉ちゃんはご機嫌にパクパク完食。妹ちゃんはというと・・・半分まで何とか食べてくれたものの、もう食べたくないと機嫌を損ねてしまいもう大変。あまりBFは好きではないようで、その上ハンバーグが気に入らなかった模様。オールBFは、前回はサッカー観戦のときの昼食だったけど、あの時もご飯は食べてくれたけどおかず全滅だったっけ・・・・、最近は、結構嫌がらずにモグモグ上手にするようになったからOKかなって思ってたけどあまかったみたいですね。時間をかけて妹ちゃんと戦ったものの、ハンバーグは半分残しちゃいました。手を抜いたつもりが、いつもよりも大変な思いをしてしまった夕食でした。
食後は気を取り直して『豆まき』
皆でお面をかぶってまきました!鬼は外!
娘たちは手に一粒持たせて「えいっって投げてごらん」と投げさせることに成功。来年はもっとたくさん投げられるようになっているのでしょうね。
福は内!は、家の中にまくので、豆もパックに入ったやつをまくというよりは、ふたりとも落としたり置いたりしてました。
最初、お姉ちゃんは袋の中でざらざらいう豆がちょっと怖かったようで、あまり袋を持ちたがらず、何も構わずにぎにぎしている妹ちゃんの影から豆をじっと観察してました。ようやく納得したのか、袋にそぉーっと手を伸ばしてましたが、結局あまりたくさんは触れようとしませんでしたね。何か怖いものと思ったのでしょうか(笑)
mamemaki1.jpg
なんだかばたばたと過ぎ去った一日、興奮してなかなか寝ないかと心配でしたが、いつもの時間には2人とも寝付いてくれて、ほっとしつつ、疲れた私もそろそろ休みましょうか。
写真は明日にでもまたUPしようっと。

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。