--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.29 16:35|1歳2ヶ月
家中に蔓延した嘔吐下痢がひと段落を見せ始めた頃、ちょうどクリスマスでした。
子供たちのプレゼントも、ゆっくりと買い物に出かけて歩く時間をとることもなく準備したもので、もちろんクリスマスディナーなんて、双子もお腹の調子がやっと戻ってきた頃なので病食(おかゆや消化の良いもの)だし、特別に準備も出来ないし・・・、大人用にケーキを焼いただけのささやかなイブでした。
それでも、皆何とか体調も回復してきていて、まだお薬は飲んでいるものの、穏やかな一日が過ごせるようになってきていて、健康ってすばらしいとしみじみ思い、家族でお祝いできる幸せを実感できた楽しいクリスマスでもありました。

さて、イブの様子など・・・・
娘たちは大喜び!
ケーキを見せるやいなや・・・『さわる~24-1.jpg 12-2.jpg 
 『えいっ!
12-3.jpg

妹ちゃんにデコレーション早くもやられてしまいました(笑)
12-4.jpg

一生懸命にケーキを追いかける二人の姿がいじらしくて、妹ちゃんのお腹もほとんどいい感じだったので、クリームと苺ははずしてスポンジのところだけ二口ほど食べさせてあげました。(ダメなママです)
元気になったら、今度は苺をたっぷり使って、苺のムースを作ってあげるからね、と思いつつ、大人だけで、おいしくいただきました。
さて、クリスマスの朝、2人の枕元に包みが2つ。
パパサンタが、私にも内緒で準備して、そっと置いたらしい!
起き抜けに開けて!と包みをがさがさする娘たち、クリスマスはきっと理解していないのだろうけれど、一応「サンタさん来たのかなぁ?お薬飲んでいいこだったものね」と声をかけつつ、包みを開けてあげました。中身を知らないので、私もワクワクしながら開けると・・・・
『わんこだ!お口あーんするよ!』妹ちゃん『わぁ!わんわんちゃんだ』お姉ちゃん
12-5.jpg    12-6.jpg

ミニチュアダックスの動くぬいぐるみでした。
犬が大好きな2人は大興奮!着替えをする時もずっと持ったまま離さず、この日一日ずっと傍らに犬のおもちゃが一緒でした。
夕方帰宅したパパに電池をセットしてもらい、ワンワンとないて動くダックスの姿にまたまた大興奮。我が家のチワワたちにするように、そぉ~っと『よしよし』と頭をなでて、ほおずりをしていました。
こういう単純なおもちゃがヒットするとは、子供って本当にわかりませんね。ついつい「知育」を考えちゃいがちなおもちゃ選びですが、買い与えすぎに気をつければ、こんなおもちゃ選びも悪くないものですよね。あらためてパパのGOODチョイスにありがとうです。
ちなみに、サンタ以外のプレゼントはもみの木の下にこんな感じ↓
     12-7.jpg

私からは、手編みのくま耳の帽子です。時間と体力がなかったので、大作はまったく無理でした。カーディガンとか、マフラーとかおそろいで作りたかったんだけど・・・・、でも喜んでくれたので、これもこれでよしということに。
帽子をかぶってポーズする妹ちゃん↓テレビに見入っているお姉ちゃん↓

12-8.jpg 12-9.jpg


最後にもみの木の下で、家族でぱちり
来年も、皆で楽しくお祝いしましょうね。

12-10.jpg


スポンサーサイト
2006.12.27 05:07|1歳2ヶ月
妹ちゃんもやっと症状もおさまり、我が家の嘔吐下痢も完治のようです。娘たちはまだ鼻水が少し出ているので、この鼻かぜを年内には何とかしたい!
あぁ、やっと普通の生活が戻ってきそうですうれしー。
娘たちは、嘔吐下痢でお腹いっぱい食べられない生活を数日送ったわけですが(胃腸を休めた方がはやく治るとのことで、水分とおっぱいを細かな刻みで少しずつという)、この生活のおかげ?で、食べることに大変ストイックになれたようです。
食事を取られるようになると、今までのように食事の途中に立って遊ぼうとしたり、手に持って食べていたパンをグニッとつぶしてみたりする事もなくなり、運ばれてくる食事のトレーを目にすると「きゃっ」と声をあげて喜び、食事の挨拶も私が声をかけなくても自発的に出来て、集中して食べてくれるようになりました。
年末年始に里帰り先で使用しようと思って購入した子供用の小さなパイプの椅子に、慣らすのを目的に座らせて食事を取らせてみたのですが、ちょこんと座り、最後まで立ち上がらずに食事を取れるようになっています。すごい進歩にびっくり!です。
座ったり立ったりすると「ピー」って音がするし、ガードもないし、きっとすぐに立ち上がって音を鳴らして遊んだり、各々好きに立ち歩くに違いないと覚悟していたのが、いやはや肩透かしでした。
病気は本当につらかったけれど、思わぬプレゼントをもらった気分です。

プレゼントといえば、クリスマス・・・。
ささやかにお祝いできたので、そのうちupしたいです。

さて、里帰り中モブログにするか、PCもって行くか只今考え中♪(クインテット風)の私です。PCみられない生活(実家のはさくさくって動かないので)はつらいから、やっぱり持っていくのが妥当なのかなぁ・・・。
2006.12.19 01:30|1歳2ヶ月
相変わらず、病院通いと看病の毎日を過ごしています。
看病といっても、お姉ちゃんはもう回復の兆しが見え始めてきたので、ちょっと安心、妹ちゃんはまだ吐き気止めや整腸のお薬を飲んでいて、あと一息かかりそうです。とはいっても、2人とも鼻水も出ていて、嘔吐下痢が治っても風邪がまだあるんだよね~、とほほ。
旦那さまだけが、驚くほどの回復を見せてくれていて、すっかり元どおり、今週連続して発生している残業も無理なくこなせそうな勢いです。今日も、しっかり遅くまで働いてきてましたしね。
ご苦労様。
最近の私の憂鬱は、病気がエンドレスにバトンタッチにならないかってこと。簡単に言うと、お家の中で、又感染を繰り返さないか心配なんです。
多分、旦那さまには、私は半分ノイローゼのように神経質になっているとうつっているだろうなって自分でも思うくらい、消毒にピリピリ神経をとがらせているんです。
「ノロ」だろうが「ロタ」だろうが、我が家の病原のウイルスを根こそぎやっつけたい!なんです。
で、リネンの熱湯消毒と食器類や環境の次亜塩素酸での消毒と、天気が悪いので消毒後の洗濯物の乾燥機での高熱乾燥。
病気の症状が治まっても、一週間強は排菌するらしいので、クリスマスくらいまではこの消毒生活は続くのでしょう・・・・・。
手洗いの回数も尋常ではないので、手あれがすごいことになってます。
ついでに、引きこもり生活が続くので、ストレスもたまってます。
クリスマスのお休みには、家族で動物園に行きたかったのになぁ、きっと無理だろうな・・・・、クリスマスプレゼントも買いにいけないだろうし、というか、クリスマスメニューも娘たちの体調回復の具合を見て考え直さなくてはだし、まずケーキはNGでしょうね。
そんなこんなをつれづれに考えると、怒りの矛先は「ウイルス」に向かうわけで、『やっぱり、とことんやっつけてやる!』って燃えちゃいます。
家の外に行けば、ウイルスなんてうようよしているのにね。
無駄なあがきを繰り返している私でした。
2006.12.15 01:23|1歳2ヶ月
久々のブログ更新となってしまいました。
我が家は、現在あの流行ものでやられちゃってます。
『嘔吐下痢症』
月曜にお姉ちゃん
火曜に旦那さま
水曜に私
木曜に妹ちゃん
それぞれ症状はまちまちですが、家族でバイキン状態です。
手洗いうがいともしっかりしていたのに・・・・何故?
エンドレスにウイルスのバトンタッチにならぬよう、現在消毒や洗濯に躍起になってとりかかっています。
で、家中塩素系の香りが充満していて居心地が悪いこと!
病気の方は、妹ちゃんを除き折り返し地点を通過したと言った感じですので、来週くらいには少しは楽になってきているのかしら・・・。
いろいろブログにアップしたかった事があったのだけれど、まいにちへとへとでついに今日まで何も書く事もできず残念。
また、元気になったらその時にでも。
さて、もう一仕事済ませたら寝るとしましょう。
2006.12.07 22:53|1歳2ヶ月
昨日、かかりつけの先生に診てもらい、『予防接種直前の体温計測で、お熱がなければ受けていいでしょう』とのOKをもらったので、娘たちの体調が変わらぬうちに!と、昨日のうちに無事受けてきました。
これで、私が年内に目標としていた予防接種のプログラム、ひとまず無事終了です。
あとは、娘たちの体調をみつつ、適宜おたふく風邪と水疱瘡の予防接種を受けられればというところです。
は~、無事すんでよかった。
しかし、昨日の予防接種会場ったらすごい混みようでした。13:00~14:00の案内だったので、中ごろにいけば、そこそこ人も流れているだろうと考えて、13:30に会場に到着しました。5月に1回目を受けた時は、時間ぎりぎりで行ったのですが、会場はガラガラで一部お片づけモードになりかけてましたし、やっぱり少しは余裕を持って行かなくっちゃと反省したのに、裏目??こんなに世の中に赤ちゃんいるの?少子化なんてうそじゃないって言うぐらいすごい混んでいて、息苦しいくらい。
問診表を受け付けてもらうだけでも長蛇の列で、その横の先生の問診を待つ人の列はもっとすごい列!しかもほとんど動いてないし。
並ぶ前からうんざりモードの母と私でしたが、娘たちは一度にこんなにいっぱいの人や赤ちゃんを見るのは初めての事で大興奮!きゃあきゃあと声をだしてはしゃぐこと。
順番を待っている間、娘たちは当然抱っこなので腕はだるいし・・・とほほですよ。だって、床に下ろすとすごい人ごみの中どこへ行ってしまうか分からないし、転んじゃっても大変だし、抱っこしていても知らないお母さんの髪の毛や荷物をつかもうともごもご動き回るし。ああ、おんぶ紐でも持ってきていればよかったよ・・・・。なんとか待ちに待って、ポリオの生ワクチン飲んだのが14:25ごろ。
約1時間・・・・・、疲れた~。
で、本日も腕の倦怠感回復せず四捨五入すれば40の声も聞こえる私の老体・・・よる年波ってやつですね。無理はもう出来ないなぁ、さみしい

さて、今日も小児科へ。お薬がなくなったので、受診です。
苦手のお鼻の吸引まだ泣きますが、以前のようには号泣することなく、ちょっと泣いて訴える程度にまでなりました。
診察は、記録更新中で泣くことなく、お姉ちゃんは偶然?お口もあーん出来ました♪妹ちゃんもやや無理やりな感じではありましたがお口をあーん出来て、二人とも先生に頭をなでなでして「よく出来ました!おりこうさん」とお褒めの言葉をもらってました。
もうそろそろ、意味なく怖がって泣くのも卒業のようです。
あと、今日はちょっとうれしいことがありました。この病院をかかりつけにしている患者さんに、我が家のほかにもう一組双子くんの家族がいるのですが、久しぶりにこの双子君と会いました。お互いに今日は病気もそう深刻な状態でないのもあって、お隣同士で吸入となった時に少しだけお話が出来ました。2歳になったばかりだそうで、とてもおりこうに椅子に腰掛けて、自分で手に持って吸入をしていました。うちの娘も自分で手に持って吸入はするのですが、本日に限って態度がちょっとえらそう・・・、足をどうしてもテーブルの上にどーん!と上げちゃうんですね、はずかし~。
以前お会いした時は、ほんのご挨拶と、うちよりお兄ちゃんですか?みたいな会話くらいで、とても気になっていたのですが、何せ病院なので会う機会ってなかなか難しいし、今日はお互いの住所地やら出産した病院のこと、児童館のことなどちょこっとお話が出来て、うれしかった♪
今度は児童館で会えるといいですね、と言うところで吸入終了。娘たちの体調が回復したら、今度こそ児童館デビューしてみよう!
娘たちも別れ際、お兄ちゃんたちにばいばいを披露してお別れしました。
お楽しみのブランコは、今日は雨なので残念ながらなしです。その代わり、おうちでどたばたと走り回っていましたね。
「まてまて~!」って声をかけてもらうのが、妙にツボにはまったようです。
あと、妹ちゃんは離乳食ごっこ?をするようになってます。おもちゃをお皿やコップ、スプーンに見立てて、私やお姉ちゃんに食べさせてくれます。どうも自分が食事をもらう時をまねているようで、間にお茶もくれるんですよ(笑)時々自分にもあーんと食べさせているところが可愛いその調子で、自分でスプーンを手に持って食べることに、うまく移行できるといいですけどね。
2006.12.05 23:56|1歳2ヶ月
ぐっと冷え込んだ寒い一日でした。
いつものごとく、娘たちが外に出たのは、病院だけです。
あまりにかわいそうなので、最近は、少し厚着をさせて、病院の外に設置されている、木製の二人乗りブランコで少しだけ遊んで帰ることにしています。ブランコの近くには、外飼いのワンワン(ラブラドール)が見ることも出来るので、動物大好きのお姉ちゃんは特に大喜びです。
今日は寒かったせいか姿を見られませんでしたが、病院内でミニチュアシュナウザーにも触れるので、そこはあまりがっかりはしないんですけどね。
風邪は幾分か良くなってきていて、明日先生に診察をしてもらって、あさってのポリオ接種できるかを尋ねることになってます。妹ちゃんはなんとなくOK出そうな気がするんだけど、お姉ちゃんがね・・・・もう一息な感じがするなぁ。ま、明日の状態しだいですしね、今考えたって仕方ないか。
せめて、湯上りは、湯ざめなどくれぐれもさせないようにと細心の注意をはらって望んでいます。
今日はあわただしい我が家の湯あげの様子など・・・。
先にお風呂からあがってお洋服を着終えたお姉ちゃん。ママは只今、妹ちゃんの湯あげに呼ばれたので、ご本読んで待っててね。
寝て本を読んで待つお姉ちゃん
PIC_0716-a.jpg
あとからあがった妹ちゃんも、着替えが済んでそれぞれ散り散りに部屋をさまよってます。テレビを凝視するお姉ちゃんとカーテンの向こうのパパを呼ぶ妹ちゃん
PIC_0721-ay.jpg

「もうっ、頭がまだ乾いてないんだから!これかぶってないとね。」捕獲成功!
PIC_0746-m.jpg

「ねえ、ねえ、これおもしろいよ!」パパに送られてきた雑誌を見つけて何やら立ち読みが始まってます。「あれ?妹ちゃんキャップを取っちゃってるし、ドライヤーかけちゃうぞ!」
PIC_0741-ay.jpg
妹ちゃん、本を読みながらすましてドライヤーかけてもらってます。ドライヤーにも慣れちゃってて、美容室に来ているお客さんのようだわ(笑)。

PIC_0768-y.jpg


ドライヤーで乾かすと、ふわふわのサラサラで気持ちいいみたい♪
ママもつい2人の頭をなでなでして、髪の感触を楽しんじゃいます。

2006.12.03 23:36|1歳1ヶ月
まだまだおっぱいを飲む我が家の双子。
たいてい同じくらいのタイミングで、『おっぱい飲みたい~』って私の周りに集まってくるので、争いごとになる前に、「ママのおっぱい飲む人手をあげて~」って尋ねることにしています。たしかハイハイをするくらいのころからはじめた習慣ですが、最近では、返事ととも挙手をするようになっていて、お返事が早かったほうを優先というルールでおっぱいをあげています。
尋ねないであげてると、もらえなかった方の子が必ずこちらへよってきて相方の頭を叩きに来ます。「ちょっと~、私も待っているんだからよろしくねー」みたいな感じで、頭を叩いて相手に待っていることを知らせた後に、待ち時間をおもちゃや本などで遊びながら待ってます。
手をあげて~って尋ねてあげている場合には、手をあげるのが遅かった方は、仕方ないか・・・みたいな感じで、たいていその場でお遊びの続きをしつつこちらの様子を伺いつつで待っていてくれます。(ものすごく眠かったり、僅差で負けちゃった時などは詰め寄ってきちゃいますけどね)飲み終わって、おひざから先に飲んだ子が離れるや否や、嬉しそうに急いでひざにやってきて、私の上着をめくってきます。結構おりこうに順番待ちを理解してくれているので助かっています。
でも、たまに肩透かしをくらったり(一度体を起こしてもう一度飲む姿勢をとる)休憩する姿をみたり(飲んでいる最中に顔を上げてテレビをみたりしている)があると、「ちょっと!待っているんだから早く切り上げてよね!」と言わんばかりに、頭を叩きに来るので注意が必要です。
さて、本日妹ちゃんがおっぱいを飲み始めたときのこと。
ややしばらく飲んでいたかと思ったら、口をはずして私のほうを見上げて、「おいしいね」と一言。
「?」今おいしいねって言った?横にいた母と顔を見合わせて、お互いうなずきました。「おいしいね」って確かに私に言っていました。
で、妹ちゃんに、「おいしい?」って尋ねてみたら、「うん」との返事。あんまり嬉しくて「ありがとうね」と言って頭なでなでしちゃいました♪
いままで、離乳食を食べていて「おいしいね」は言ったことがあったけど、おっぱい飲んでおいしいって言ってくれるとは!
きっとそんなにおいしい物ではないんだと思っていたのに、嬉しい一言が聞けて感激しました。今でこそ完母でやっていけてるけど、出産直後から母乳が軌道に乗るまではいろいろあって、ほんとうに大変でした。今日の妹ちゃんの一言、苦労が報われた感でいっぱいです。
卒乳するようになるまでは、まだしばらくおっぱいを必要としてくれるだろう娘たちと、おっぱいについてお話がもっと出来る日もくるのかな?なんだか楽しみです。
お姉ちゃんはおいしいって言ってくれるのかなぁ・・・・、そのうち何かコメントがもらえる日が楽しみです。
そういえば、おっぱいってママが食べたもので味が変わるって聞いたことがあったけど、今日の食事内容がBESTだったのかしら?炭水化物シフトのあまりぱっとしない食事だったんだけど・・・・ね。
2006.12.02 23:40|1歳1ヶ月
本日も小児科へ。
お姉ちゃんののどに痰が絡んだようなゴロゴロした音がするのと、昨日からやや機嫌がわるいようだったので、吸入吸引と診察もと思ってのことです。
熱がないのだけがほっとするところです。
さて、鼻の吸引をしてもらったら、お姉ちゃんは粘っこいのがズズッとひけてました。もちろん、苦手の吸引なので大泣きしましたけど、今日はさすがに気持ちが良くなったのか、吸引のあとはぴたりと泣き止みケロリとしていました。よかったね。
妹ちゃんも吸引されていましたが、こちらは白っぽいのが中くらいってところでしょうか、最初こわがってないていたものの、途中から泣き止んで静かに吸引されていました。1歳にもなると理解力がでてくるのかしら?バイキンさんさよならだから頑張ろうねっていう看護師さんのお話がわかったのかな。良い子に出来たので、大いにほめてあげました。
先日から先生の診察でも泣かなくなった娘たち、現在記録更新中で、今日は診察のあったお姉ちゃんですが、泣くことなく先生の診察を受けることが出来ました。
と、なると次なる目標が出来てきます。
のどを診てもらうときのお口のあーんってやつ。
先生はいつも「かばさんのお口であーんして」って娘たちに声をかけます。で、今までは診察で大泣きだったのでお口アーンをさせる必要もなく、大きなお口があいていたのですが、泣かなくなった今無理やりアーって開けさせて診てもらっています。
先生は本日もかばさんのお口でって声をかけていて、ふと、「お母さん、お姉ちゃんはかばさん見たことあるかなぁ?」って、「いえ、まだないんですよ。絵本のかばさんなら知ってますが」と私。「じゃあ、かばさんのお口はわかんないよなぁ・・・」と先生。「かばさんうちで飼うとなると、ウンチの世話とてつもなく大変だしね・・・池も作らなくっちゃだめだしね・・・」と先生。確かにこの病院は犬が8匹もいて、病院の中を犬がうーろうろしてて、たくさんの大きな水槽に川魚?がいろいろ泳いでいるし、カバも飼っちゃいそうな勢いではあるけど・・・、って思ってたりしてたら、「馬よりもえさなんかも大変そうだし無理だろなー」と先生まだ診察室の中でつぶやいてありました。
本当に飼いたかったの?ぷぷっ面白い先生です・・・。
先生がカバを飼うよりも、きっと娘たちがお口アーンができるようになる方がはやいと思うんだけどな。
さて、お姉ちゃんの痰がゴロゴロは、お休みに入るし念のためということで、お薬が2日分追加されました。今は結構調子が良さそうで、心なしか呼吸も楽そうに眠っています。
この調子で、お薬が効いて来週頭には何とか回復してくれるといいんだけどなぁ。
ポリオ、来週末なんだけど、接種できるか・・・・厳しいのかなぁ
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。