--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.31 23:10|1歳0ヶ月
娘たちがお昼寝をしていたときのこと。
PCに向かって隣の部屋で写真の整理をしていたのですが、のめりこんで作業に夢中になりかけていたとき、娘たちが眠っている方面から「かさっ、ぱらっ」という音。
現在、私の母が来てくれているので、『お母さん雑誌でも見ながらコーヒーブレイクね・・・』なんて思って気にも留めず作業を続け、私も一息いれようかなって子供たちのいる部屋の方に向かったら、なんと妹ちゃんが起きていて、手には新聞の折り込みチラシ!
ぺらぺらっとした手触りの紙は、ちぎったりなめたりするので、特に広告はカラー印刷のインクが口に入ると大変と思いさわらせたことがなかったのに・・・・、おいおいしっかり手に持ってるよー!(私愕然)
しかしながら落ち着いてよく見ると、破く食べるなどした気配無く、私が来ても手にした広告に夢中な様子。
何してたんだろうと、今度はとても気になり、そのまま様子を観察していると、手にしていた青汁の広告の文章を指差しては「・・・ね。」「あー・・」といっては別の部分を指差し、次はドラッグストアの広告に持ち替えて、さも商品のことがわかったかのように指差しをしては「・・・・ね。」だって!
時折私の顔をみては、「ね。」って言ってました。
どうも、広告チェックをしているつもりのようです(笑)。
私と母が、朝から折込チラシをみては話をしていたのを見ていた妹ちゃん、さっそく真似を始めた模様。
確かに、「これいいんじゃない?」「そうね。」ってやってたよ(笑)。でもそんなの真似しなくったって・・・・と思いつつ笑いがこみ上げてくるのでした。当の妹ちゃんが、妙に真剣な顔でややしばらく広告のチェックを続けていたのは本当におかしかったですね。
ちなみに、お姉ちゃんが起きてきたら、妹ちゃんのまじめ顔での広告チェックは終了で、二人で一枚ずつ広告を手に向かい合って振り回してました。こっちの方が赤ちゃんらしくって自然だよ。
続々と、変な真似をされつつあるので、本当、ご用心です。

さて、最近あんよの歩数をじわっと伸ばしつつあるお姉ちゃんですが、歩くことに自信をもったのか、よく自主トレ?に励む姿を見かけます。
TVを見ているときも、今までのように床にちょこっと座っているのではなく、テーブルにつかまってぐるぐる歩きながら見ています。途中にスクワット?しこふみ?みたいな動作も混じってきていて、とても変なんですけど、本人はそれを満面の笑みを浮かべつつやっています。
今日の夜は、手をつないであんよのときに、ものすごい早足をされてびっくり!いつもの2倍速?!っていうくらいすごくて、それを何往復もつき合わされちゃいました。
お人形や積み木、本などでじっくり遊ぶ姿が多かったお姉ちゃんだったので、『文化系』と位置づけていたのですが、どうもここ数日おもいっきり『体育会系』にシフトしてます。

子供たちの思いがけない行動に驚かされた一日でした。
はー、おもしろかった。

スポンサーサイト
2006.10.29 23:46|1歳0ヶ月
市民に無料でもらえる招待券を活用して、今日は家族でサッカー観戦に行ってきました。
妊娠5ヵ月に入ったころに行ったのが最後だから、本当に久しぶり♪
あのころはおなかが少しずつ張ってきたりもしていて、旦那さまが硬いいすに長時間座るのを心配して、大きな袋にクッションを入れて持ってきてくれたりしたっけ・・・懐かしいなぁ。
家から15分ほどのところにスタジアムはあるので、天気もいいことだし、ベビーカーを押してのんびり歩いて行きました。
スタジアムに着くと、お姉ちゃんも妹ちゃんも大きな建物と応援の賑やかな太鼓や声援、そして広くて緑の美しいピッチに興奮気味で、席についても身を乗り出してキョロキョロ・・・・、3階席なのであぶなくってひやひやしどおしでした。
おばあちゃんの抱っこのおひざで「がんばれー」と手をふるおねえちゃんとハーフタイムのチアダンスに興奮しすぎてややバッテリー切れ気味の妹ちゃん↓
s-2.jpg s-1.jpg

スタジアムの観戦席で軽いおやつも食べ、なんとか応援らしき動きを見せてくれて、われわれの応援チームも勝利したし、娘たちは、よいサッカー観戦デビューができました。

さて、話はかわって、娘たちの連日のパン食成功に気をよくしたので、今日は、きなこいりバナナブレッドとパインブレッドを焼いてみました。
こちらがバナナブレッドの焼く前で
b-1.jpg

こちらが焼きあがり
b-2.jpg

きな粉いりは本日初挑戦でしたが、うまく行ったようです。
バナナにきな粉って健康によさそう・・・・ってだけで思いつきで組み合わせてみたけど、結構おいしくできて満足♪
ちなみに材料はこちら↓
19×8.5×5.5cmパウンド形2本分
・小麦粉:200グラム
・きな粉:100グラム
・ベーキングパウダー:小さじ3
・フォローアップミルク:100ml
・オイル(私はオリーブオイルを使いました):大さじ4
・三温糖:大さじ6(好みで増減)
・全卵:4個

具として、バナナ3本フォークの背でつぶしておく
     カットパイン3枚(1㎝ほどに切っておく)

粉類は篩っておき卵・ミルク・砂糖・オイルは泡だて器でしっかり混ぜておく。
このあとふるっていた粉をさっくりと混ぜて、できた生地を2等分して、片方にはつぶしたバナナをいれて、もう一方は、カットしたパインを入れてオーブンを190℃にあらかじめ熱しておき190℃約50分で焼き上げてできあがり。サッカーから帰って、娘たちはこのパインのきな粉ブレッドをうれしそうにおやつに食べてくれました。
きな粉もかすかに香る程度で、生地もあまり硬くならなかったので、ヘルシーに仕上がってくれて、バナナとの相性もなかなかいいじゃん。
おやつの定番メニューにできそう!とよい手ごたえをえた日でもあります。

2006.10.28 23:17|1歳0ヶ月
一人歩きの歩数を増やして以来、お姉ちゃんがやたらにおてんばで驚かされるこのごろです。
本日も、食事中にハイローチェアーに率先して立ち上がり万歳をしたり、バギーに乗せればシートベルトからどうやったのか抜け出して横座りをしてみたり、座卓にのぼって立ち上がったり・・・危ないったら!
「怪我をしちゃうからそんなことをしてはいけません!!」何度となくお姉ちゃんに声かけをした日でもあります。
このやり取りを横で見ていて、『ママがどうもお怒りのよう・・・・』と、1歳になったばかりの小さな胸の内で妹ちゃんは察知したらしく、今日の夕食のときに、また立ち上がりおふざけをはじめたところを「怪我をするでしょう!お座りしてください!」と私にいわれているお姉ちゃんを見て、立ち上がるお姉ちゃんの洋服のすそをちょんとにぎって、キュッキュッとひっぱって心配そうに見上げていました。その目は「やめたほうがいいってば・・・」と言っているようでした。
妹の心配などどこ吹く風で、お姉ちゃんはそのままおふざけを続けて、デザートのヨーグルトをさっと撤収されちゃいましたけど(笑)。
お互いのことをよく見ているんだなって、ちょっと感心しました。
お風呂に入る前にも、テーブルに上って立ち上がるお姉ちゃんを目の前に、「そんなことだめなんだってば!」見たいな感じに声を出している妹ちゃんの姿を目撃。
ちょっと前まで我が家のおてんば女王だった妹ちゃんが、けっこうしっかりものになってきている・・・うーん、不思議ですね。
双子って競い合うように、交互に成長をしていくって聞いたことがあるけれど、こんな感じの繰り返しなのかな。
て、ことは、明日はお姉ちゃんと妹ちゃんの立場が逆に入れ替わっているかもかしら?
どちらにしても、はやく『危険なこと』の認識ができるようになってくれると安心なのですが、一体いつになることか・・・検討がつきませんね。

数日前、旦那さまが買ってきてくれた英語のDVDで「アンパンマンデビュー」を果たしたむすめたち。
アンパンマンすごいですね!
画面に釘付けで、歌のところでは、二人とも楽しそうに踊るし、大好評♪連日夕方のお楽しみとして大活躍です。
同じストーリーにもかかわらず、はじめてみたときのように喜んで見ています。
喜ぶ娘たちの姿は本当にうれしいけれど、プーさん、ミッフィ、キティちゃん、そしてアンパンマン・・・出産をするまでは家の中に存在することなど考えられなかったキャラクター達がどんどん増えてきている現実に、旦那さまも私も驚いています。
ドアを開けると、子供のいる家って感じが次第に出てきているようです。
2006.10.27 21:07|1歳0ヶ月
我が家の娘たちのお風呂は、特別なことがない限り旦那さま担当です。
ごくまれに私が入れることもありますが、本当にまれで、入ると思いがけない娘たちの表情がみられて、結構楽しかった記憶だけが残っています。
で、毎日お風呂から聞こえてくる旦那さまと娘たちの楽しそうな声が、うらやましいなと思いつつ、湯上げの準備などしています。
あまりに楽しそうな声が聞こえたので、お姉ちゃんを受け取りに浴室へ行ったときに、そおーっとドアを開けてみたら、旦那さまが「ちょっと入ってきてみて!」「?」わたし。
旦那さまが鼻歌で「マンボNO5」をふんふふ~ってはじめると、浴槽内に立っているおねえちゃんが、お尻を左右にふりふりして笑顔いっぱいでノリノリで踊りはじめ・・・あまりにかわいい姿に「ぷぷっ」と笑いがこみ上げてきました。鼻歌を止めると踊りを止めて、始まるとまた踊り始め・・・・ちょっと前に流行った「ダンシングベイビー」のような動きがつぼにはまりそう♪
旦那さまによると、教えたわけではなく、鼻歌にあわせて急にはじめたらしい・・・・、鼻歌の選曲のセンスも?だけどあのおねえちゃんの踊りの振りも???
お風呂での楽しい親子のふれあいのおすそ分けをもらって、ちょっぴり得した気分です。
妹ちゃんはというと、湯上げに迎えに行くと、浴槽に自分で腰をかがめて肩まで浸かって待つようになっています。これまた旦那さまに尋ねたところ、教えたわけでなく急にじぶんではじめたらしい。
浴室は暖房が効くので寒いということはないはずなので、パパのお風呂に浸かった姿を見て、真似をしたのかしら?
と、いうことは、そのうち自分で体を洗うようになったときは、パパと同じ順番で体を洗うのかなぁ。
あー、本当に変な行動や癖がないかチェックしてないと、真似されそうでこわいこわい。

本日の朝食、パンはお休み。その代わり、バナナと小松菜ほうれん草入りのパンケーキに挑戦!
結果は、二人とも喜んで食べてくれて、気持ちのよい一日の滑り出しができました。うれしいなぁ。毎日この調子で進歩してくれるといいんだけど。
調子に乗って、軟飯にご飯を切り替えています。
こちらも量はやや少なめですが、問題なく食べてくれているのでこれまたうれしい限り!
困っているのは、食事中に、いすの上にプレーリードックのように立ち上がること。片方が立ち上がると、もう一方も真似をするので、立ち上がっておふざけが始まると大変!!
なんとか安全に食べさせられるように、手を打つ必要ありです。
2006.10.26 23:55|1歳0ヶ月
昨日の朝ごはんに、久しぶりにトーストしたサンドイッチ用のパンを出してみました。
理由は、私が朝食にトーストを食べていたら、パンいや!の妹ちゃんが超至近距離によってきて、何をたべてるの~と言わんばかりに覗き込みをしていたので、興味を持った時が与え時とばかりにReトライしてみようと思ったからです。
もちろん今までの流れから言って普通にだしたらまた失敗に終わるだろうし、ここはひとひねり、見た目も私が食べていた状態に近づけることにして、パンはカットせず一枚そのままで、なおかつお皿も子供用のものではなく、私が朝に使用していたお皿と同じものにのせてあげることに。
あと、あたたかいスープ(青梗菜と人参のクリームスープ)とデザートにバナナヨーグルトをつけて万全の体制で・・・・、いざ!いただきます。
ママと同じパンどうぞ!と娘たちの口元にトーストを差し出すと、パンのお皿とトーストを見比べて、「かぷっ」「あむ」。
お姉ちゃん妹ちゃんともに、うれしそうにトーストに大きな口をあけてかぶりついてくれました。
交互にスープもおいしそうに食べてくれて、トーストを嫌がることなく完食しました。
やったよ、うれしいね。子供たちが喜んで食べてくれる姿ってうれしいけれど、苦手そうにしていたものを喜んで食べてくれる姿はうれしさ二乗、いや三乗。本当によかった。気分もあるのかもしれないけれど、とりあえずまた成長を見せてくれた娘たちに感動した朝です。

感動!といえば、もうひとつ。
今日、お姉ちゃんが一人であんよ6歩できました。
やはり、予想通りというべきでしょうか、自分なりによく納得シミュレーションできた時点?で披露してくれたようで、とことこと6歩歩いて見せてくれて、終点のソファーにつかまって、「きゃあ!」とはしゃいでお上手の拍手をしていました。
その後も、皆にほめられてうれしそうに、テーブルを一周つかまり歩きしてテーブルからソファーを手放しで歩くことを何度も繰り返し披露してくれました。
お姉ちゃん、万を辞しての「一人あんよ披露」のつもりだったようです。
結構長い時間披露していてくれていたのに、うれしくってあと褒めるのに一生懸命で、すっかりビデオとるの忘れていました。あ~オマヌケ・・・。
2006.10.24 23:40|1歳0ヶ月
子供達が寝静まってからやっとPCに向かう日々。
本日も、旦那さまとプチミーティングを終え、ブログをつけています。
さて、只今私のひざにはチワワが2匹しっかり陣取っていて、身動きがとれずなんとも妙な姿勢でキーボードを打っています。
昼間は娘達の相手だけで手一杯なので、ぽぽちゃんやまるちゃんはお昼はほぼケージの中ですごしてもらっています。で、娘達が寝てしまうと、チワワたちのお遊びタイムになっています。
まだやんちゃさんのまるちゃんは、はしゃいで駆けまわるので大変で、そのうえトイレトレーニングがあと少しのところなので、粗相をしないか見張るのもこれまた大変。
ひとしきり駆け回って遊ぶと、二匹とも抱っこしてほしがるのでこれまた大変・・・?なんだか昼間双子の相手をしている時とあまり変わらないような?
結局、抱っこをされるんだ!って私の足元をカリカリと掘っていた2匹ともひざにのり、ご満悦で頭を交互に撫でられたりしています。

さて、今朝は、目が覚めると娘達は既に先に目が覚めていたようで、なにやらふたりでおしゃべりをしている模様。まだ、2人とも私が目覚めたことに気づいてないようなので、そのまま2人の様子をうかがう事にしました。
お座りをして、2人で向かい合ってシーツのイルカやあざらしの柄を指しては何やらやり取りをしていて、よーく聞くと「・・・・・ね!」「・・・・・ねー。」「ねー。」?語尾になにやら「ねー。」がふたりともついている。この「ねー。」は、私と一対一の時によく顔を見合わせて首を傾げたりしてお遊びしているのですが、娘達同士でお遊びの時にはやっている所を見たことがないし・・・・、と、いうか、私との時と使い方が微妙に違っているようです。ねーって顔を見合わせてお遊びをしているのではなく、「・・・だよね。」「そうだよね。」ってな感じに、会話が進んでいるよう。
すごいじゃん。なんて話しているんだろうと思っていたら、私が起きていることを察知されてしまい、娘達は「ねー。」をパタリとやめてしまいました。
お話の内容が分からないのは本当に残念。
今日一日、また朝のように向かい合って何かお話を「ねー。」ってするところが見られるかなって観察していましたが、同じような場面に遭遇できませんでした。
しかし、娘達への私の語りかけをよく思い返してみると、「美味しいね。」「きれいだね。」「かわいいね。」「おりこうさんですね。」etc.語尾に「ね」がよくついていた!どうも私の真似をしているのかも・・・、へんな言い回しや言葉を教えることになっちゃわないように、気をつけないといけないなって気づかされました。

子は親の鏡・・・・へんなお手本にならないか心配です。

秋の気配も深まり、朝夕も一段と肌寒く感じられるようになってきて、離乳食にもあったかメニューを取り入れたくなり、いつもはあっさりと、おそうめんを出すことが多かったのですが、煮込み物も食べさせてあげたいので、我が家の離乳食にうどんが登場するようになりました。
あと、朝ごはんはオートミールが定番に。ちなみに本日は青梗菜とにんじんカレイとオートミールのクリーム煮でした。
もぐもぐも上達してきたので、鶏肉のストックに「豆腐とササミミンチの団子」や「そぼろ」などが登場しています。
今日の夕食にはアボガドもだしてあげたら、結構喜んで食べてくれました。
新メニュー続々登場といったところでしょうか?

2006.10.23 23:37|1歳0ヶ月
先日から気になっていたインフルエンザの予防接種、パパが予防接種をうける職場近くの内科では、大人一回2000円とのこと。子供は色々な万一に対応できないので、この病院では受け付けていないのだそう。
子供達はかかりつけの小児科で予約しているので、ま、このままでOKだったのだけど、自分の予約をすっかり忘れていて、あと、一回4000円(子供)という金額に驚き!でインフルエンザの予防接種をどうしようかと思案中だったのがこれで解決です。
この病院が、旦那さまの職場付近で、家から遠いのが難点なのですが、旦那さまの協力が得られそうなので、子供づれでも大丈夫そうだし、私の予約もできてこれでホッと一安心です。

この週末、旦那さまは3●回目のお誕生日を迎えました。子供達の誕生月と同じなので、今年も存在がかすんじゃってましたが・・・(笑)
子供達は10月4日生まれですが、予定日は10月19日だったので、あわや旦那さまの誕生日とニアミス状態でした。まあ、双子が予定日までお腹の中にいられるほうが珍しいので、それはないかなって安心はしていましたけど。
もし、19日に娘達が生まれていたら、まさに霞んじゃったか、合同で盛り上がったか気になる所です。
さて、このパパの誕生日。私は少しだけうらやましい感じがします。
娘達と同じ月に迎えるので、旦那さまが娘達と歩みをはじめて1年・・・そう、子供の年齢が旦那さまのパパ暦としてカウントできるんです!
娘達が満1歳の月に、旦那さまはパパ業をはじめて満1歳。
これからも毎年娘達と一緒に年を重ねていきます。
娘達が無事元気にお誕生日を迎えることが、旦那さまの何よりの誕生日プレゼントになるってことですね♪

誕生日で思い出したのが、娘達の誕生日に向けて申し込んでいたしまじろうとバースデイをお祝いする某ベネッセの企画。
誕生日ネタのブログにすっかり書くのを忘れていました。
誕生日前に、しまじろうとお祝いするんだ!ってはりきっていた旦那さまは、私達には内緒でしっかりと計画を進めていて、お誕生日には、しまじろうとお祝いムービーがとてもかわいらしく出来上がっていました。
娘達は、PCの画面に繰り広げられる音楽や写真に大喜び!何回も繰り返し再生をして見ては、声を出して喜んでいました。
パパやったじゃん!
娘達のためなら労を惜しまぬ、よいパパ「1歳」です。
来年はどんなパパ「2歳」に成長しているでしょうか、楽しみです。
2006.10.19 23:16|1歳0ヶ月
今日はパンはお休み。
只今パンはいや!の妹ちゃんは終始ご機嫌の一日を送りました。
気のせいか、鼻歌交じり?ならぬ、軽く踊りなど披露しつつ離乳食を食べてくれていました。こんな姿を見ると、無理する必要はないのかなって母は反省です。
ちなみに、パンの代わりに出したのは、あたたかいミルク味のオートミール。麦の風味とミルクの甘みが美味しい、寒くなってきた頃にはぴったりの洋風おかゆみたいな味ですね。
娘達は、一口食べるたびに足をぶーらぶらさせ、喜んで食べている様子で、この分だと定番メニュー化へ実現しそうなので、今度コストコへ行った時には、大箱を購入してもよさそう♪
リゾットやスープ煮、お菓子などこれから軽食メニューの幅が広がりそうなので、離乳食も楽しく作れそうでよかった良かった。

娘達のプチブームとなっている洗面器遊び、今日は大きな変化なくというか今日は洗面器では殆ど遊ばない日のようでした。唯一使っている所を目にしたのは、逆さに置いて踏み台にしていた所。遊びと言うより「道具」として使っている模様・・・これは進化?しかしながら、踏み台を準備されてしまうと手の届く高さが大きく変わるので、これから色々といたずらされそうなのでご用心です。
さて、本日はまっていたのは、ミスドでもらったポンデライオンの食べ物ランチョンマットの絵をさしては私や母に英語で答えてもらうというもの。食べ物の名前がアルファベットのA~Zまで挿絵とともについているマットで、喜ぶかしら?と見せたのが案の定娘達のつぼにはまりました。よくさした絵はfish。かかりつけの小児科にある水槽でお魚はよく見るので、見覚えのあるお魚をよく選ぶのかななんて思ったのですが、と、なると、娘達は食べ物の名前として認識していないので、食べ物ランチョンマット・・・・ちょっと残酷?どちらにしてもそこまでは理解できてはいないはずなので気にせずお遊び続行。
ベジー(野菜)バーバクー(BBQ)シュッ(フィシュ)!?言えてる!
親ばかになりそうです。

少し前まで、平日と休日の区別が今ひとつ分かっていなかったようで、お昼間に急にリビングの方をみて「ぱぱ~。」とパパを探す娘達の姿が見られていました。
「パパはお仕事ね」とそのたびに教えていたのですが、それでもあらぬ時間に「ぱぱ。」「ぱぱ~!」とさがしていました。
でも最近、午前に少しと夕方に某教育チャンネルを見せる習慣をつけたところ、人形が音楽演奏をする番組が終了する頃にパパが帰ってくると言うことを学習したらしく、この番組が始まる頃になると、「ぱぱ?」と言うように進化しました。
ちなみに、旦那さまが本当に帰宅すると、ビルトインガレージのシャッターが「ウィーン」と開く音がするので、この音を聞くや否や、我先に争うように、娘達はパパが姿をあらわすリビング方面をめがけて移動を開始します。一番の抱っこが目的のようです。
抱っこせずに素通りしたりすると、ものすごいブーイングの嵐になります(笑)なので、旦那さまも心得たもので、先に手を洗って姿をあらわすようにしているようで、娘2人ともが満足するまで抱っこをした後、やっとゆっくりお茶などをのんで帰宅後のひと息となります。
一日一緒にいる私は、用事があるときや大ピンチの時以外はあまり「ママ」とよんでもらえないので、妬けますね。
どうも、我が家では、「厳しい」=ママ、「やさしい」=パパの構図が定着してきている模様。
夕方の娘達の「ぱぱ」コールはちょっぴり妬けますが、べったりと娘達が2人してパパのお膝に甘える姿は、ほほえましいものです。
ひげや顔をなでたり、首に手をまわして抱きついてはしゃぐ娘達を、まんざらでもないという顔でお相手している旦那さま。
これまた、幸せそう。
2006.10.18 23:52|1歳0ヶ月
気持ちのよいお天気がつづき、予防接種後も娘達は特に体調に変化を見せることなく穏やかな毎日です。
あいかわらず、妹ちゃんの「パンはいや!」攻撃に苦戦していますが、お姉ちゃんがもりもりしっかり噛みながら食べてくれるのが、何よりの救いです。
ちなみに本日もよせばいいのにお昼にパン食をだしてみました。サンドイッチ用のスライスパンを軽ーくトーストして薄くバターをぬり、細さ1cmほどのスティックに切ってだしてみました。
握らせるとNG。
ちぎって口に運んであげるのもNG。
何故か長いままを差し出してかみちぎらせるとモグモグ・・・たべる。?不思議。ま、食べてくれたのでとりあえず褒めちぎって5本ほど食べてもらうことに成功!ちなみに前回食べた時は、ちぎったものをスプーンにのせないと食べなかったのだけれど・・・一体何が違うのか?
いつまで続くのか?旦那さまはオートミールに切り替えてみたらと言うし、母はご飯食にしていればいいよ、パンはトレーニングしなくてもそのうち食べられるようになるよと言うし、しかしながら、妹ちゃんのわがままに負けちゃった感が残るので、ここは私としては引けないしなぁ・・・。一人は喜んで食べるのにもう一人が喜ばない、こういうときの双子の離乳食ってさ・・・、食べないほうに合わせちゃうのは喜ぶほうにかわいそうだし、あんまり続けるのは食べないほうにもかわいそうだし、別々のメニューもなんだか甘やかしているような感じがするし、ムツカシー!!

本日昼の離乳食は、サクッとすませられたので、いいお天気だし少し気分転換にと、母と双子と一緒に近所のアウトレットモールに出かけました。
平日なので、空いていて快適。そのうえいたる所にハロウィンの飾り付けがされていて、娘達もよろこんでキョロキョロ♪
特に欲しいものもなく来たので、大人2人はウインドーショッピングを十分に楽しめました。
ふらっと入ったオシュコシュで母にトレーナーを買ってもらい、私も娘達の洋服を選んでいたら、2人とものどが渇いた!何か食べたい!とブーイングが始まり、物色中の商品を購入することなく後ろ髪ひかれながら撤収しました。
Bodamでお茶をのみ、娘達にも持参した麦茶とお店で購入したかぼちゃスコーンをあげて一休憩。旦那さまの帰宅時間がやってきたので、お買いものの続きはまた今度ということにして、帰宅となりました。また今度・・・、家から車で20分くらいのところにあるのでいつもいけそうな場所ではあるのですが、休日はお客さんが多くてあまり近寄りたくないし、かといって平日は自分ひとりなので娘達を連れてはふらっとお買い物なんてまだ難しいし、母がいてくれたおかげでいい息抜きができました。

最近はやっている娘達のお遊び道具。「洗面器」。
透明の底からのぞいて、お互いをみて大笑いしたり、かぶってみたり、ものを入れて運んだり、踏み台にしたり重ねたり、太鼓のようにたたいたり、洋服やタオルを入れて手に持って上下させるお洗濯ごっこしたりとどんどんお遊びが創作されていきます。
見ていて、今度は何をしはじめるかなって楽しみです。
洗面器で次は何する?って相談しあっている娘達の写真など。
1018-1.jpg

外出もして夜もさんざんおふざけして遊びつかれたのか、湯上り後のおっぱいのあと、妹ちゃんは母に抱っこされて「かくっ」とあっという間に寝入っちゃいました。お姉ちゃんもおっぱいのあと、ぐなぐなになってきていたので、寝室へ連れて行くことに。最近、抱っこして寝かせ付けをしなくても、寝室のお布団に寝かせて横に添い寝して「とんとん」してあげていると眠りについてくれるパターンができつつあります!うれしい進歩です。ひとつ問題があるとすれば、添い寝をしちゃうとつられてそのまま私も眠っちゃうこと。はっと気が付くと夜中の3時!なんてことになってしまうのは、ちょっとつらい。って、実は昨日はそのパターンでした(笑)
今日は眠った娘達の横にしばらくすわり、布団から出た足にふと目が行きました。
大きくなったものです。
ちいさな小さなあんよは、すっかり子供の足に姿をかえています。
さみしいような、うれしいような。
抱っこでねんねしたがるのもあと少しなのかなってふと思ったら、寂しくなってきちゃった夜です。

お誕生日の記念にとった、娘達の足形など。
1018-2.jpg

2006.10.16 23:56|1歳0ヶ月
今日は、小児科受診と予防接種に行ってきました。
前回はお熱があって、無念の延期でしたが、処方された風邪薬も飲みきったし、本日は家を出る直前に念のため測った検温もばっちりなので、まず問題なく受けられるのではと期待感大での出発です。
病院に到着して、受付後検温。お姉ちゃん36.8度妹ちゃん36.7度!第1関門突破ですね。先生の診察もOKがでて、そのままお注射となりました。
1歳健診の採血の時には大泣きだったお姉ちゃんですが、今日は少しも怖がらず針をさされても「けろり」。看護師さんに「すごいねー、泣かなかったね。えらいえらい」と誉められ、本人は大したことないよっって感じで私に抱っこされていました。
対照的に妹ちゃんは大泣き。普段は活発で元気ものの妹ちゃんですが、実は肝が細くて甘えん坊さん。で、少しでも怖いことがあると大声で泣いちゃいます。注射は肩を出した時点で泣いてました。冷静に考えれば、針が刺さる時とか、液が注入される時が痛くて泣くはずなのに、恐怖が先行して実際の痛いときよりも泣くのが早い。「まだ痛くないよ~」って看護師さんにいわれてたし(笑)。注射がおわっても、おばあちゃんにしっかりとしがみついていました。
接種後30分は、何か体に変化がおこらないかを待合室でまってから帰ることになっているので、今日は待合室でたくさんの絵本を読み聞かせして過ごしました。絵の美しいものや、お話のテンポのよいものなど様々揃っていて、楽しく過ごせました。図書館に行けばもっとたくさん揃っているのでしょうけれど、まだ我が家の娘たちには図書館デビューは無理そうなので、絵本好きの娘たちは今日は本当に楽しそうでした。多分注射のことはすっかり忘れていることでしょうね。
後半が楽しかったせいで、病院を出るときには看護師さんや受付さんに愛想よく「ばいばい」を二人揃って積極的に披露していました。
次に行くのは、何事もなければ4週後のインフルエンザの予防接種です。
そしてこれがきっちりこの4週後に受けられないと、そのあとに控えている「ポリオ」の2回目に障ってくるので、病気をさせないように頑張らないといけません。これって、簡単なことのようで意外に大変!結構プレッシャーです。
出来ることからコツコツと・・・・と言うことで、加湿器を早々に出して、あと、うがいと手洗いを強化して、ばっちりポリオまでたどり着くべく準備中です。
ちなみに、インフルエンザは一回一人4000円。結構高いんで驚きました。
娘達の予約も済ませたのでばっちりと安心していたのですが、先ほど気づいたのは、自分の予約をすっかり忘れていたこと。
旦那さまは職場で接種が出来るようなので、家族三人で12000円・・・・大きな出費になりそうです。?大人も4000円なのかしら?どこも同じ値段?今更疑問が・・・・。

お部屋で靴をはいてのあんよの練習はとても人気で、靴を履かせるとがぜん元気が出るのか、履いていない時よりもずっと活発にうごきまわってはしゃぎます。靴をみると、「履かせて~」ってまとわりついてくるので、片付ける時は見つからないようにしないと大変です。
食事の時まで履いたままがいい!ってバタバタさせるくらい気に入ってくれているので、脱がせる時のタイミングには気を使います。
はだしだとお姉ちゃんは2歩、妹ちゃんは10~13歩一人で歩けています。
靴を履くとまだお姉ちゃんはあんよを披露しませんが、妹ちゃんは4・5歩ほど歩けます。
靴でのあんよがもう少ししっかりしてきたら、お靴を履いてどこか公園などにでかけて、土や草の感触に親しませてあげたいものですね。
寒くなるのとあんよが上達するの、どちらが早いかしら。
2006.10.15 21:27|1歳0ヶ月
おむつのストックが残りわずかになってきたので、家族みんなで赤ちゃん本舗へ買出しに行ってきました。
DMをよく見ると、ハイハイレースを今日の14:00からやっているらしい事を発見!注意書きには1歳未満のハイハイができるお子様と記載があるけど・・・、まだハイハイが主たる移動手段の我が家の娘たち、残りわずかなハイハイ生活の楽しい記念に参加したい♪と思い、お店に確認してみることにしました。
1歳でもハイハイしているなら参加OKなのだそう!やった!
レースに出られるとなったらと言うことで、ビデオカメラや子供を誘うためのお気に入りの絵本を準備して、14:00を目標に出発しました。
赤ちゃん本舗のハイハイレース会場には想像よりもはるかに多い親子連れの人並みがあり、受付をすると娘たちは受付番号56・57。
こんなに多いとはね、ビックリです。
4人一組で競争をするようで、参加賞のほかに1等の子にはおもちゃがもらえるらしく、どの子のレースも結構白熱していて、見ているうちにうちの子も1等に!と思っちゃうようになるから不思議。
じっくり観察型のお姉ちゃんは、気分がのったら1等になれそうだし、何でも興味津々の妹ちゃんは、絵本で上手く誘えたら1等になれそうだし、!!私はいつの間にか1等をねらってるよ・・・・。
旦那さまと母はゴール付近でカメラを構えて嬉しそうに手を振ってくれていて、お姉ちゃんも嬉しそうに手を振り返し、これは結構いい感じかなって思いつつスタートをきりましたが、結果は3位。
敗因は第4コースをハイハイすることになっていたのですが、コース脇にいる人たちが頑張れ!て声をかけてくれるのにその都度反応して止まっちゃうため。愛想がいいのもこんな時に裏目に出ちゃうんですね。
とはいえ、ちゃんと最後までハイハイしてゴールできたので、えらいねってほめてあげました。
すぐさま次のレース第1コースが妹ちゃんなので、急いでスタンバイ。
第1コースは壁際なので、さっきのような心配もないし、頑張ろうねって妹ちゃんに声をかけて、いざスタート!
ダントツ1位でした!
こちらも、すごいねやったねとほめてあげて、本日の我が家のハイハイレース参戦終了。
1等の子は翌月にチャンピオン大会があるらしいけれど、もうその頃はしっかりとあんよしているかもしれないので、もう出られないかな。
家に帰って、初めて自分達の頑張りで頂いた賞品を手に、お姉ちゃんと妹ちゃん2人とも、パパに記念撮影してもらってました。
ちなみに賞品は、ペットボトルのお茶とお風呂のおもちゃ(1等)とペットボトルのイオン飲料(参加賞)。

はじめて、あんなにたくさんの人と赤ちゃんを見て、ゲームに参加した娘たち。家に帰ってもずっと大興奮で、言葉にならないおしゃべりをずっと続けては立ったり座ったり、いつもよりもずっと活発に動いていました。
脳をものすごく刺激されたのでしょうね。

明日は小児科へいく日ですが、この調子だと、予防接種受けられそうです。
2006.10.14 23:17|1歳0ヶ月
娘達の1歳の誕生日を機に、ブログデザインをかえてみました。
慣れないことをして、深みにはまってしまい寝不足です。あー、旦那さまに頼るんだったorz・・・・、まだ作業途中ではあるものの、それなりの達成感はありますけどね。
年寄りが無理するものじゃあないと、骨身にしみています。

で、更新できなかった娘達の一昨日の様子からなど・・・・・。
お誕生日を迎えたら受けられますという予防接種のお知らせが届いていて(麻疹・風疹)、あとインフルエンザも流行る前に済ませておきたいし、もうすぐポリオの2回目もやってくるし、予防接種の予定が目白押しになってきていたので、体調が良いうちにうけられるものは済ませておこうと思い立ち、母にHelpをお願いして、2人で娘たちをつれてかかりつけの小児科へ行ってきました。
娘たちは、大好きなおばあちゃんはやってくるし、車でおでかけだし♪で、注射が待っていることなど無論知ることなく、鼻歌交じりの上機嫌で小児科への車中を過ごしていました。母は、娘達のおきらくな様子を可愛そうに思ったのか、「いまから先生のところに行くんですよ!わんわんもいっぱいで待っているから、おりこうさんに頑張ろうね」と話し掛けていました。(かかりつけの小児科は、病院内にミニチュアシュナウザーが3~4匹うろうろとしています)
母の言葉を気にとめる様子もなく、娘たちは「ぱぱ~!」とか言って窓の外の景色を楽しんでましたが。
ほどなく小児科へ到着。
受付を済ませ、窓口で看護師さんとどの予防接種から受けるのがスケジュール的に無理がないか相談したところ、麻疹・風疹→インフルエンザ→ポリオがベストということで、麻疹風疹を接種することに。
お熱をはかりましょう!との指示で、熱をピピッ・・・・37.5度?お姉ちゃん熱っぽいのでは? ピピッ・・・・37.7度??妹ちゃんこれはお熱があるのでは?
何かの間違いにちがいないと思い再度検温。
2人ともやっぱり体温が高い・・・・・。風邪症状もなく食欲もあるし機嫌もいいし、なぜ?何故!
先生の診察を受けて見ましょうとの指示に従って診察をうけると、2人ともすこーし喉がはれているらしい。予防接種は受けられず、かわりに風邪薬をもらって帰ることになりました。
一体何をしにいったのか・・・・、とほほ。
3日後の月曜にまた診察を受けに行かなくてはならなくなり、母には、しばらく私たちの家に滞在してもらうようお願いしたのでした。
それにしても、風邪ひいた熱だったのかしら?注射に気づいていて、思わず知れず熱が出ちゃったとかではないのかしら?
とりあえず、意気込んで臨んだ予防接種は出鼻をくじかれて、足踏み状態にあります。
夜も娘たちは、洗面器を使ったお洗濯ごっこで、母と大はしゃぎで遊んでいましたが、私にはどうしても風邪をひいたお熱の出るような感じには見えない。
やっぱり、娘たちにしてやられちゃったのかしらと思えてなりません。
私たちが思っている以上に、1歳になった娘たちは、物事をしっかりと理解できているのかもしれないですね。

最近八割くらいの成功率で披露してくれるのが
「お歳はおいくつ?」の質問に
「1歳!(しゃべれませんが)」と指を一本立ててこちらに見せてくれるというもの。お誕生日を迎えて以来、ひそかに練習をしていたのですが、いい感じに覚えてくれました。
この質問、お出かけすると、結構な頻度で遭遇するので、きっと娘達の「1歳」のジェスチャーは受けるはず♪
ちなみに、私の母も「お姉ちゃんも妹ちゃんもすごいねー!」と感心してましたし。
私の母に披露して、ものすごくお褒めの言葉を頂いた娘たちは、いっそう得意げにこのジェスチャーを頑張っているようです。

覚えたと言えば、旦那さま。
教育TVでやっているアルゴリズム体操を、毎日夕方娘たちと見ていたせいで、いつのまにか覚えてしまったようで、最近よく娘たちに披露してくれていました。
さて、本日私の母の前でも披露して、これまた大変お褒めの言葉をもらってました。得意げだったかどうか?私には嬉しそうに照れているように見えましたが、どうだったのでしょうか?

妹ちゃんの苦手なパン食。育児相談ダイヤルで教えてもらった『少しかりっとさせたトーストスティック』を試してみましたが、反応はいまいち。明日はどんな作戦を使いましょうか・・・・もう手持ちのネタもつきそうです。
しばらくパンはやめて、オートミールとかにしようかな。と、パンに弱気になってきている私です。


2006.10.12 23:28|1歳0ヶ月
1歳になった娘たち。
誕生日を目標に離乳食を頑張って進めていた私ですが、最近ちょっと停滞気味。というか、後退??
なんとか2人とも手づかみでスライスしたロールサンドを食べられるようになっていた(はず?)なのに、日によって妹ちゃんが「おえっ・・」と言うように。
昨日はコーンパン粥(やや固め)にまでも「おえ・・」。
ならばと、今日はチーズ風味のパングラタン(やわらかめ)を準備したものの、やはり途中で「おえ・・」と言う表情。
両日とも、デザートのバナナヨーグルトやカットキウイは喜んで食べるし・・、確かにのど越しはパンよりかはいいけれど、なんだか納得いかない。
のどが敏感で、上手く噛めていないパンが飲めないのか、はたまた味がいやなのか、それとも遊び食べやむら食いみたいなものなのか・・・とほほ。
ためしに、里芋でお焼きを作ったら食べたし、大きめカットのバナナもOK、パンの耳を握らせたらむしゃむしゃ食べていた?!
パンメニューだけわがままをいっているのかしら。
お姉ちゃんはどれも喜んで食べてくれるのだけれど、妹ちゃんの「おえ」に振り回されつつあります。
あと、朝食パンメニューで試すとしたら「フレンチトースト」くらいだけれど、これまでも「おえ・・」って言われると、凹むなぁ。
苦手と遊び食べやわがままの境界線って、判断がむつかしいですね。
取あえずは、わがままはいけませんの姿勢で、「おえ・・・」といったら食べさせるのをやめてご馳走様をさせて一気に撤収し、時間をおいて同じメニューをまた食べさせて見ているのですが、パンに関してのみもう少し硬さを柔らかーい目に戻すべきか思案中です。
ま、そこまで一生懸命にしなくても、パン食べられない子にはならないとは思うのですが。噛む能力をしっかりと伸ばしてあげながらゆっくり離乳食を進めたいと考えていたので、今の状態でしばらく足踏みしているべきか、硬さ・大きさを少しずつ進めて行くべきか、パン一つのことでプチストレスつくっています。

さて、本日の娘たちは、おばあちゃんの誕生日プレゼントその1の「おしゃれキャットマリーちゃん号」に乗ってははしゃいでいました。
ちなみに、マリーちゃん号はその名のとおり、マリーちゃんの巨大なぬいぐるみにタイヤがついていて乗れる「乗用玩具」です。やわらかくふわふわのさわり心地と、乗って動くという楽しさで、娘たちに只今大人気!
一台しかないのを理解しているらしく、一人が降りるのを待ってから乗るという、順番待ちの姿勢をきちんと守りつつ遊んでいました。
日ごろから「順番にね、待っていましょうね」を言いつづけた甲斐ったというものですね!
ちなみに、マリーちゃんにまたいで座ることができるものの、自分で足でけって前進はできないので、本当の遊び方はまだ自分で出来ないのですが、本人達はまたいで飛び跳ねたり、カニ歩きのように横へ進むので十分満足のようです。
↓マリーちゃんにくぎ付けの2人とはしゃぐお姉ちゃんの姿など・・・
cat1.jpg20061013032506.jpg
2006.10.10 20:37|1歳0ヶ月
今日も朝寝坊の娘たち。
二人揃って10時30分に起床です。
2人が起きてくるまでに、朝ご飯もゆっくり食べられて、なんだか妙に時間が余った感じ。
「そうだ!何かいつもと違うお遊びをしよう!」ぼんやりする時間ができたせいか、こんな考えに。
そこで思いついたのが、おうちで靴を履いてあんよの練習&靴と仲良くなりましょう・・・・お遊びじゃない?、ま、いっか。
さっそく、起きて食事を済ませたら履かせてあげられるように、靴を準備してみました。
今日の朝ご飯は、野菜とお魚のあんかけそうめんとバナナヨーグルト。妙に時間ができたので、あんかけまで作ってしまい、なんだか食べあわせが変なメニューだけど、娘たちはそうめんもバナナも好きなので、良しとしました。
ちなみに、そうめんは私の妊娠中なぜか食べたくなった食べ物の一つで、妊娠初期寒い季節だったのに、旦那さまにつきあったもらいつつ、しょっちゅう冷やしそうめんを食べてました。妊娠するまでは、そんなに好きでもなかったのに、本当に不思議。産後も変わらず、なぜかそうめん好きですね。
だから娘たちがそうめんを喜ぶのかどうか・・・・?偶然かしら?
起きてきた娘たちは、まず昨日からお気に入りのソファー周りにおもちゃを持参して陣取っていました。
さっそく、お顔ふきやオムツ換えなどの朝のお世話を済ませて、朝食タイム。
そうめんには2人から「ボーノ!(人差し指をほっぺにあててぐりぐりするサイン)」を頂きました。「ありがとう!」って娘たちに言ったら、「どうも!(上半身をななめ前に傾ける)」とお返しがあり、ボディーランゲージで意思の疎通がはかれるなんて、やっぱり成長したんだなってじんわりと思われました。
腹ごなしに、食後さっそくおくつを履かせて、手をつないであんよの練習をはじめてみました。
まずは、一人で10歩ほど歩ける妹ちゃんから、「あんよは上手、1・2・1・2・・」の掛け声とともに、しっかりとした足取りでずんずん前進しました。ちょっとした段差もしっかりと足をあげて歩くこともでき、つかまってたっちも安定感ありました。大丈夫そうなので、そのまま自由行動をとってもらい、次はお姉ちゃんへ。
お姉ちゃんも掛け声とともに、しっかりした足取りで前進、こちらも段差もしっかりと足をあげて歩くこともでき、つかまってたっちまで難なくできました。ふたりとも、靴はき状態のあんよが面白かったようで、きゃっきゃと笑いながらぐるぐるとテーブルの周りをしばらくの間伝い歩きしていました。
おすわりや立ち上がる動作も靴のままで問題ないようで、この感じだと、大して練習せずに、外歩きデビューさせても大丈夫そうな感じでした。
このお遊び?は、娘たち楽しかったようで、疲れただろうからと思い二人の靴を脱がせちゃったら、ブーイング!!靴を手にした私にすがりつき、身動きがとれず大変でした。「また今度ね。靴にさよならしようね。」と何とかなだめたものの、ふと、同じ靴でも気に入らないと誕生日の写真撮影のときのように泣くのかと思い出され、なんだか笑えちゃいました。
おねえちゃん、スタジオで履かされたお店のあのくつのデザインがいやだったのかしら?はきごこち?ふと自分に置き換えて考えれば、いかにもってかんじの総ピンクのリボン付のくつ・・・わたしだったら嫌っていうかな・・・やっぱり。そう思うと、ないても仕方なかったかなって気になったりもして・・・。

そのご、子供の顔拭きようの洗面器をそれぞれに渡してあそばせて見ている間、ふと先ほど靴を履かせた娘達の足が思い浮かびました。
1歳の区切れに、髪とつめを切ったのを保管したのですが、退院してすぐの娘達の爪と比べると、それはそれは大きくなったものだと本当に驚きです。
双子は小さく育つものだと勝手に思い込んでいて、いざ育てたら、娘達は単胎の赤ちゃんの標準並にぐんぐん成長したし。
靴は12cmと13cm。
子犬ではないけれど、足が大きいと大きく育つのかしら?などと根拠がなさそうな考えまで思い付いてしまいますね。わたしのおばあちゃんは足のサイズが26cm、身長は160はあります。90歳を過ぎた世代の人にしては随分大きい方だったようです。
やっぱり大きくなるのかな?なんて、つれづれに思いを巡らせた一日です。
2006.10.09 23:14|1歳0ヶ月
最近朝寝坊を覚えた娘たち。
今朝は妹ちゃんは8時50分起床、お姉ちゃんは10時30起床。そんなに寝坊するくらいなら、夜早く寝てくださいな~。
で、娘たちが起きてこないので、今朝は旦那さまと2人で、双子と日中すごしている部屋の模様替えをしました。
棚を3つ移動して、今まで部屋の隅に授乳用に置いていた一人がけソファーを撤収し、新たに3人がけのソファーを設置して完了。
なかなか居心地よさげに出来上がりました。少し危険か所も減ったし、いい感じです。
起きてきた娘たちもこの部屋の模様替えを気にいってくれたのか、真っ先にソファーの辺りをちょろちょろと散策。上っては降り、相方と言葉にならないムニュムニュ語で何やら一生懸命会話をしていました。
妹「いいかんじ~」姉「マジいいかんじ~」なんて会話だったら、がっかり。
せめて「雰囲気かわったんじゃない?」「結構座りごこちよかったわよ」くらいであって欲しいな。
何を話しているかいまいちわからないから、赤ちゃんってかわいいのかもね。
本日娘たちは、ソファー付近に陣取って一日を過ごしていました。
↓仲良く並んで絵本を楽しんでいました
PIC_0334xx.jpg


部屋を模様替えして、私たち夫婦の話題に上がったのが、「暖房の安全対策」をどうするかです。去年はまだ娘たちは「バブちゃん」でほとんど動き回ることなく冬がおわったので、特に防護柵など設けていなかったんです。
今年の冬はそうは行かない、立つし・歩くし・さわるし・振り回すし・・・何をするやら危険で仕方ないのです。
ガスファンヒーターと薪ストーブを如何に安全に使うか・・・・、思案していても仕方ないので、夕方に近所の赤ちゃん本舗へストーブガードなる物を見に行ってきました。
石油ファンヒーター用のものばかりでしたが、だいたいどれも同じような作りで、温風の噴出し口が触れないようにしてあってその上熱くならないように植毛?してある。双子が2人でつかまったりしたらガクガクしない?って心配な感じでもあったけれど、まあ大丈夫なのでしょうね。我が家のガスファンヒーターは軽量なのとガスのホースがついているけど、これで安全にカバーできるかいまいち心配。
エアコンで暖をとるしかないのかしら・・・・、困ったものです。
皆さん冬の安全対策ってどうしてあるのでしょう?

冬支度、はじめの一歩でつまづいている感じです。
2006.10.08 23:11|1歳0ヶ月
今日は、久々に日帰りで実家へ遊びに行ってきました。
双子の1歳のお祝いを、ささやかながら準備したので遊びにいらっしゃいという母の誘いを喜んで受けた次第です。

気がねなくのんびりとできるので、実家っていいですよね。出産後里帰りをしていた期間があったので、子供達が日常使うちょっとした物も揃っているし、必要な物はあらかじめ連絡しておいて準備していてもらえるし。
食事の準備もしてもらえていて、双子のことは心配ないのでゆっくりと休みなさいと旦那さまにも自由時間があげられるし、帰りにも母の手作りお惣菜の数々がついてくるし。
何より、娘たちもおばあちゃん(私の母)が大好きなので、子供たちも嬉しそうだし♪
ただし、一つだけ問題があります。
娘たちホームは強いんですが、アウェーはちょっと・・・弱いんですね、「って何が?」とおもわれますか?
私の父(おじいちゃん)見ると泣くのですが、ホームだと約30分強で何とかなれて泣き止むのですが、アウェーはともすればほぼ見るたび、いや見なければいいのにわざわざ目で追ってまで見て大泣き・・・・。
かわいそうだよ、お父さんが。
里帰り中、齢70の父が毎晩双子を沐浴させてくれていたのに・・・、恩を忘れたのか本当にがっくりorz。
今回は、われわれもこの娘達の問題を何とか克服するべく、計画を練りました。私達のアイディアは、娘たちが慣れるまで、父には遠巻きに見てもらい、その上娘達の大好きなミキハウスの「みんなでハメハメハ」を手に持っていてもらうというもの。
母は独自に計画。

実家につくと、まず玄関ホールにミッキーマウスの大きなぬいぐるみが3体キティーちゃんやキリンさんのえが貼ってあり、楽しいお迎えムードが演出されていました。そこで5分ほど娘たちとくつろぎ、その後リビングへ。
私たちも父に本を渡し、少し遠巻きに待っていてもらい、今度はリビングのソファー付近にまたぬいぐるみや絵本、まりなど、娘達の気をひくプレジャーが散在している中に娘たちを移動。当然大喜びで、夢中で遊び始める→さりげなく本のボタンを押しつつ(歌が流れる)父が近づく→あまり気にとめない双子→気が付いてやや泣くも新しいおもちゃを父が手渡し→なんとなく泣き止んでおもちゃへ興味が移る→大泣きすることなく父に馴染む!!成功です。
このたびの実家訪問は、娘たちが父とじっくり3人で遊んでくれて、いつにもまして快適でありました。
父も本当に嬉しそうで、帰る間際にはしっかり抱っこされた娘達の楽しそうな笑顔もみられたしね。

お赤飯と鯛でお祝いしてもらい、娘たちは初お赤飯を食べました。
まだ軟飯もだめかと思っていたのに、食べましたよお赤飯。
食嗜って、ママの妊娠中の好物に似るってどこかで聴いたことがあるけれど、そういえば、わたし白いご飯あまり好きじゃなくって、ふりかけや炊き込みあと赤飯や混ぜご飯のほうがよかったなぁ。
今度、私の妊娠中の好物を意識して離乳食あげてみようかな。

往復の移動には疲れましたが、だんな様も一人でぶらっと遊びに出ることができたし、家族でリラックスして楽しんだ一日でした。

2006.10.07 23:29|1歳0ヶ月
続きの更新が遅くなっちゃいました。

あれから、旦那さまのおばあちゃんが骨折して入院という突然の緊急事態が発生し、ここ数日、あわただしくばたばたとしていました。
周りの心配をよそに、おばあちゃん本人は元気そうで、少し安心しています。これから、手術・リハビリとまだまだ大変なことばかりですが、この調子だと頑張って乗り越えてくれそうです。娘たちと一緒に応援してあげなくっちゃです。

さて、お誕生日の続きですが、私もすこしバテ気味で、いつもの如く文字ばっかりで綴る元気がないので、ここは写真の力を借りることにします。
わたしのブログでは、娘達の写真はお初♪です。どうぞよろしく。

では、お誕生日スタートの様子など・・・・。
パーティーの雰囲気を出すべく用意した帽子をかぶってはしゃぐ妹ちゃんと、まだ、帽子にとまどって考え込むお姉ちゃんの姿。しばらく遅れて、嬉しそうにはしゃぎ始めたのですが、この間もお姉ちゃんはなんども帽子を触ってみていました。すでに、性格が出ちゃってます。20061008041521.jpg


で、これは餅を踏んだ後にリビングを散策中のふたり。
わらじ履きが妙にお気に入りで、器用につかまって歩いていました。
20061008042651.jpg


あと、飾り付けをしたお部屋の様子など・・・・、幼稚園なんかの雰囲気をイメージして飾り付けをしたんだけれど、写真で見ると結構あっさりした感じに見えるから不思議。
娘たちに好評だったのは、4枚目に写っているくまとてんとう虫の絵。本当に、久しぶりに絵をかいてクレヨンを使ったりしましたよ・・・よかった、なんとかくまっぽく描けてさ。PIC_0289xx.jpg

PIC_0288xx.jpg

PIC_0287xx.jpg

PIC_0286xx.jpg



お誕生日メニューは、娘たちが頑張らずに喜んで食べられる物を優先して盛り合わせ。
ちなみに、チキンライス(やわらかーいのでぎりぎりくまやハート型にできました)、かぼちゃのチーズマカロニグラタン(やや苦手なかぼちゃを使ってしまい、やっぱり私ってスパルタ・・・)、小松菜と根菜、きのこと鯛のあんかけ(おめでたい時はやっぱり鯛って思っちゃうのは年寄りくさいかしら)そしてお誕生ケーキ(風)
ケーキは外側が蒸しパンをサイコロにカットしたもので、中はヨーグルトとバナナとミルクと寒天でムース状仕上げたものを流し込んで冷やして、紫イモのペーストを飾りに絞ってみました。
見た目は渋ーい仕上がりですが、思いのほかしっとり滑らかに出来上がって、娘たちも半分くらいまで興奮気味にぱくついてくれました♪
ママうれしかったよ!
PIC_0272xx.jpg

で、こちらがお誕生日プレゼント。
娘たちも大好きなお魚のパーツがかわいかったので、ブランドにこだわらずこれに決めました。英語で遊ぶおもちゃはパパセレクト。対象年齢は関係なく、語学は早くからいろんな方向から刺激した方がいいらしい・・・、ふーん。ちなみに両方ともトイザラスで購入。
20061008042827.jpg

髪をとめていたピンもどこかに外してしまい(多分お互いにむしりあって外したに違いないんだろうけど)、かなり熱中していました。
20061008042804.jpg


そんなこんなで、あっという間におわったって感じでしょうか。
お誕生日って楽しいなという記憶が娘たちに少しでも残ってくれたら嬉しいものです。

2006.10.05 16:45|1歳0ヶ月
昨日は、朝から夜まで双子のお誕生日一色の、楽しい一日を過ごしました。
娘たちは、大興奮だったようで、夜寝かせ付けをする間も私にじゃれ付いては「にっこり」笑っていました。なかなか寝付かず大変で、いつのまにか私も一緒に眠ってしまっていて、真夜中に気が付いて旦那さまと2人ごそごそと起き出して、お風呂に入ったり片づけをしたり、あと娘の食べ残しのお誕生日ケーキも食べたっけ。その後、ブログを更新する気力なくパタッっと寝てしまいました。

夜更かしをして頑張ったお部屋の飾りつけは好評で、起きぬけの娘たちを旦那さまが抱っこして二階の寝室からつれてきて、まずは階段を下りるところから私がカメラを構えて・・・娘たちは、階段につけられたHappyBirthdayの風船たちをめずらしそうに眺めつつ降りてきました。飾り付けをしたお部屋に入ると、ぐるりと壁をみわたして、指差しては声をだして手足をバタバタ!「お誕生日おめでとう!」のご挨拶に満面の笑みの2人でした。
で、これが朝の9時半。
旦那さまは、部屋を見て喜ぶ娘たちの姿がどうしてもみたくて、9時半の約束をしていたお餅の受け取り時間を遅刻。娘達の喜ぶ顔を確認して、満足げにお餅の受け取りに出かけていきました。

紅白の一升のお餅は意外に可愛らしい大きさで、やや楕円に作ってあるのでこれだったら娘たちも怖がらずに両足でしっかりと踏んでくれそうです。
毛氈の上にならべて、ビデオをスタンバイし、旦那さまが小さな二人の足に赤い鼻緒のわらじをしっかりと履かせてくれて準備OK!
娘たちが、わらじを履くのを怖がったり痛がったりして、ぐずっちゃうかと心配だったのですが、これも難なくクリアー♪というより結構喜んでました。
あまりにわらじ履きの足が可愛かったので、たくさん写真を撮ってしまったほど。
紅に妹ちゃん白にお姉ちゃんでお餅の上に支え立ちでしっかりと両足を踏みしめて無事餅踏み終了です。よく聞く、わらじやお餅の上を嫌って、泣いて大変だったとかというお話のようなこともなく、終始ご機嫌で、とても楽しそうなビデオがとれてました。
餅踏み後の占い?(ペンや本、そろばんなどの道具を並べて子供がどれを選んだかで将来の職業を占うらしい)では、お姉ちゃんは英語の辞書とカメラ、妹ちゃんは子供用調理器セットをそれぞれ選び、お姉ちゃんは英語のお仕事?妹ちゃんはお嫁さん?いつもいたずらしたがるような物を含めていろいろな物を並べていたのですが、2人とも予想外のものをチョイスしたので不思議な感じでした。
これからおしゃべりも上手になると、あれになりたいこれになりたいとお話するようになるのでしょうし、その時にこんな物を選んだねって娘たちと話せるのかな。

午前中は、餅踏み行事と母から届いた生まれてはじめての自分達宛てのメロディー電報を聴いてひとしきり喜んだのと(リボンが飛び出す絵本のようになっていて、音楽も2種類ついてました。あと鍵盤がついていてピアノ遊びができるようになってました)、わらじ履きの足で家の中を散策し、お部屋の飾りを楽しみつつ朝の離乳食を食べてお昼寝へ。
盛りだくさんで興奮して寝てくれないかなと言う心配をよそに、しっかりと寝付いてくれて助かりました。
午後の写真撮影は、私たち夫婦の10回目の入籍記念も兼ねて写ろうという事にしていたので、自分達の準備もこれで十分できました。
久しぶりのメイクとドレスアップした姿に、旦那さまからOK!ももらえて結構くすぐったいようなうれしいような。
お昼寝から起きた娘たちとともに、ぐずった時の対策のおもちゃや食べ物・飲み物、絵本を持ち出発!

スタジオは以前下見をしていたので衣装選びにはほとんど時間も取らずに撮影準備ができました。
着せたかったディズニープリンセスのお姫様衣装は、プーさんとのコラボはNGで、お姫様も2人一緒の撮影はできないとかで、結局今回着せるのは見送りました。娘たちはプリンセスの衣装よりも巨大なプーさんの方が嬉しそうだったし。
自前の衣装を着た家族写真から先に撮り始めたのですが、この時点まで娘たちはご機嫌♪だったんです。しかし・・・・お店の人がタイツの足のままよりこちらのほうがって気を利かせたつもりで靴を履かせたとたん・・・お姉ちゃんが「うえーん!!!」号泣。お姉ちゃんは、普段から着る物や履くものなどにうるさいんですね。本人が納得しないまま(これを着ようねとか履こうねとか事前説明をしてないと機嫌が一気に悪くなる場合がある)はかせたために泣いてしまいあやすのに一苦労。なんとか泣き止んだもののほとんど笑顔なく終了。がっくり・・・です。
次にお誕生日ボードの前で二人座って撮影。
その後楽しみだったプーさんと2人は座って撮影。
いずれも、お姉ちゃんの表情はこわばったままで、明らかに滑り出しの靴のことでご機嫌ななめな様子。一方の妹ちゃんは笑顔満面でばっちりなんだけどなぁ。
お着替えをして、誕生日ケーキと娘たちで写ったのですが、お着替えも気分転換にならず、結局はお姉ちゃんはいいお顔のお写真はどうもなさそうな気配。
衣装選びの時に、スタッフの人に「立ち姿の時に足が見えたほうが可愛いので、丈の短いドレスを選ばれた方がよろしいかと・・・」って、とてもしつこく勧められるので、第一候補だったドレスをやめて、短いドレスにしたのに、よく考えたら立ち姿で写真なんてとってないし!
うーん、どうも今回の写真撮影は失敗だったかも。
時間もかかるし、娘たちも疲れてしまうし、そのうえ収穫がほとんどないし。
優待券を利用したので、撮影と四つ切り写真とフレームがサービスなため、とりあえず家族写真だけをお願いして撤収。
撮影中のビデオ画像で可愛い表情があることを祈りつつ家路についたのでした。

長くなったので、ひとまずここで。

2006.10.04 03:59|1歳0ヶ月
先ほど、旦那さまと2人で本日のお誕生日のための飾り付けを終え、作業後のコーヒーブレイクを楽しみ、早朝にお餅とわらじの受け取り担当の旦那さまは就寝です。
私も、また朝からお誕生日ケーキの準備などが待っているので、そろそろ休もうかと思います。

さて、全卵デビューを果した娘たちですが、何事もなく昨日も元気に過ごしていました。また、間をおいて全卵食べさせてみたいと思っています。
本日の誕生日から、麻疹・風疹の予防接種が受けられるようになるし、インフルエンザも流行し始める前に、少なくとも11月の終わりまでには2回接種させておきたいし、体調管理をしっかりしていないと上手く全部を受け損ねそうで心配。
誕生日がすぎると、また別にあわただしくなりそうです。

さて、娘たちの最近おきにいりのボディーランゲージが「ボーノ!」です。おいしい!っ手言うときに、ほっぺに人差し指をつけてぐりぐりってするのですが、にっこりと笑ってふたり揃ってこちらを向いて「ボーノ!」されると、可愛くって仕方ありません。気に入らないメニューを食べている時の表情との落差がまたおもしろく、ちなみに気に入らないときは、うつむき加減でややふくれっつらでお口が1/3ほどしかあきません。
本日は、「ボーノ!」連発を期待したメニューの予定。
いい写真とビデオがとれるといいなぁ。
まず、朝起きてお部屋の様子にびっくりしてくれるかな?
初めてのお誕生日、お姉ちゃんも妹ちゃんも楽しい思いでいっぱいになりますように!
2006.10.02 23:40|生後11ヶ月
1歳を目前に、あわただしくいろんな事にデビューする我が家の娘たち。
さて、本日は念願(ママだけ?)のファミレスデビューしました。
ロイヤルホストの「しまじろうとおいしくたべようキッズメニュー」が目的です。と、言っても、離乳食の遅れている娘たちには、きらびやかなキッズメニューなんてまだ無理。メニューの隅っこに小さく書いてある離乳食メニューの「煮込みうどん」をチョイスしました。いかにも地味な感じで写真も載ってない・・・、でもま、楽しく食べられればいいよね♪
量が少ないのではないかなって心配でしたが、軟飯は当然置いてあるわけはないし、かといってパンでは合わなさそうな和食だし、多分足りるのではと子供の注文は決定で、大人用のメニューをみはじめることに。
その間、本人達は、赤ちゃん用のハイチェアーに腰掛けて、カラフルなキッズメニューをみては、一人前に選ぶかのようにあれこれ指差していました。
まず、離乳食が出されたのですが、やっぱり少なかった!しまったなと思いつつも、「食べたい~」と身を乗り出さんばかりに待っている娘たちに、まずはたべさせてあげることに。
いつもは、初めてのものや見慣れないものは、大きく口を開けないでちょっぴりだけ舌で確認してから食べる娘たちが、大きなお口でぱくり。
休むことなく食べつづけ、大人の料理が出揃う頃には完食。はやいよ(汗)。
その上足りないとお姉ちゃんが「むー!」って言い出すし、慌てて「里芋のそぼろ煮」も注文し、注文の品が来るまでの間、大人の付け合せのにんじんを、味のついた外側をトリミングして、水で洗って小さくナイフで切って食べさせて、間をなんとかつないだのでした。ちなみに妹ちゃんは、後ろの席のお姉さん達に、笑顔を振りまきバイバイの披露をしては「可愛いね!」などと言われて、いろいろと声をかけてもらって退屈をしのいでいました。
また、運ばれてきたベビーフードも予想通り少な目。このままでは、また「むー」って言われるのは目に見えていたので、意を決して「大人のご飯」にそぼろ煮をまぜて食べさせてあげることにしました。
妹ちゃんは、固いご飯はあまりお好きではないので、べって出すかしらと心配していましたが、2人とももりもり食べてくれました。
「すごいね!」いつもと違う環境で食べると、なんでもしっかりと噛んで食べてくれるんだ!外食の意外な効果に感心しました。
キッズメニューがあるので期待しつつ、やっぱりもしものためと思いマイスプーンやマイボトル(Nudy)マイエプロンを持参してきたのですが、大正解!!
スプーンは最初の「煮込みうどん」はコーヒースプーンが添えられていて、「?これでたべさせるの?」って言うくらい無理な感じな物が平然とだされ、
飲み物は、大人と同じお水がこれまた大人と同じガラスのロングコップにだされたり、使い捨てエプロンもないし・・・受け入れ態勢がイマイチと思わせられました。(エプロンだけは後で尋ねたらしまじろうがついたのが出てきました)
残さずしっかり食べてくれたし、お姉ちゃんが足りない~って「むー!」と言った他は、大声で騒ぐことなく椅子に座っていてくれたし、初めての体験にしてはまずまず、合格点をあげたいと思っています。

もう一つ本日のデビューは「全卵」。バナナブレッドの角きりをしっかりとかみ締めながら食べてくれました。今のところ、しっしんなどは出ていない模様。このまま何ともありませんように!!
2006.10.01 23:49|生後11ヶ月
去年の今日は、翌日に入院を控えて、もうすぐ子供たちと会えるんだという喜びと、初めての手術への不安で胸がいっぱいでした。
次に家に帰るときにはお腹がぺしゃんこで、赤ちゃん達を抱っこしているかと思うと不思議な感じだなって思ってもいたっけ。
確かに、あの大きなお腹は今はぺしゃんこ。でも、皮が伸びた名残はまだまだ残っていて、つまんでひっぱると「びよーん」って伸びます。あと、おへそのくぼみが妊娠前のようなくっきりとした穴にもどりません。手術の影響?腹筋が弛んでいるから?一年経っても完璧に元通りとはいかないようで、悲しいですね。
帝王切開の傷跡もすごく薄くなるのかなって期待していたけれど、一年でさほど変化なし。唯一の救いは、横切りしてもらったのと、傷をぬうのにホッチキスみたいので止めるのではなく、溶ける糸で跡がきれいになるように縫ってもらえていることで、そこまでグッキリとは目立たないことかな。
体重は妊娠前より数キロ減っていて、授乳があるせいで結構な量を食べこむのですが、全く太りません。これは嬉しいことかも。
本当!一年でいろいろとかわったなぁ。

母が来てくれているおかげて、ぼんやりとこんなことを考える時間もできたし・・・、感謝の気持ちをこめて、久しぶりにオーブンなど使ってみました。
母の大好きな、バナナブレッド。
計量と前準備に10分ほど、混ぜるだけで焼きあがりは50分。子供の食べきれないバナナの残りを成敗するにはもってこいのお茶菓子です。
お砂糖とオイルを控えめに作ったので、ちょっぴり取り置いて冷凍庫に保存しました。明日、娘達のおやつにあげてみましょう♪
初めての全卵入りのお菓子、喜ぶかしら。

さて、変わったなといえば、娘達の成長でしょうか。あっという間のようで長かったようで、気が付けばベビーシートからチャイルドシートへ、お風呂は抱っこでかかり湯だったのがたっちしてかかり湯、おっぱいだったのが手づかみでパンケーキ、首や手首・腿などむちむちのくびれだらけだったのが今はすらりとしてきたし、泣いて意思表示をしていたのが言葉を発して意思を伝えようとする、そして少しずつ自力で歩み始めた娘たち、BabyからKidsへと変わりつつあるようです。
もう、Kidsか・・・・・。
元気にここまで大きくなってくれたのはうれしいけれど、生まれてすぐの、あのとても小さくて、ただただママの腕に抱っこをして欲しがって泣いていた娘たちが、なつかしくって、今こうしてあまえてすがりついてくる娘たちも、来年の今ごろはずっと大きくなっていると思うと、無性にギュッと抱きしめて離したくない衝動に駆られてしまったりします。
「今ぐらいで大きくならないのが一番私たちには幸せなのかも」などと、パパとお話した日でした。
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。