--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.30 23:53|生後11ヶ月
今まで、結構長い間一人でたっちをしたり、たっちをしてスクワット?をしたりしていた我が家の娘たち。
一歩歩くようになっても、次の2,3歩になかなか移らないので、1歳になったらぼちぼちはじめる位かなってのんびりと構えていました。
本日、妹ちゃんが「ト、トトトト、ト」歩きはじめました。何の兆候もなく、6歩。ビックリ!
で、ひとたび歩きはじめると、何度でも得意気に披露してくれて、お風呂上りには飲み物を片手にふらふら歩く姿も!!!。
妹ちゃん、今日は夕方から一人で家族の注目を浴びまくりでした。
一方マイペース型のお姉ちゃんは、いつものごとく、歩数を増やし始めた妹ちゃんの姿をじっくり観察。多分、「ああすれば安全にできるね!」とかって納得した日に、すたすたと歩き始めるのでは。
いつも、四苦八苦しながら先に上達を見せる妹のあとを、要領よく妹の失敗やコツなどを観察してさらっと身に付けるお姉ちゃん。本当に、性格と言うのか個性と言うのか、上手く対照的にわかれていて、観ていて楽しいものです。
お姉ちゃんは、このごろ、跳ねることにはまっているようです。ある時は座ったまま、ある時はつかまってたっちした状態で、ある時は抱っこされた瞬間に急に跳ねてはしゃぎます。
非常にキケン。
先日も、お座りして静かに絵本を見ていたかと思ったら、急に跳ねだして、危うく近くのテーブルでゴツッっと行くところでした。
子供の成長って、ゆっくりだったり、急だったり、毎日がどきどきですね。

さて、生まれてからずっと記録している育児日誌。毎日の食事やお熱や体重、その日の子供の様子や発達など、ちょこちょこっと書き綴ってきました。
後少しで満1歳になるので、おしまいにしようかなと思っていたけれど、やっぱり、毎日ちょっとずつ成長する娘達の姿を、もうしばらく頑張って記録しなくっちゃと思ったママです。そして、娘たちがいつか大きくなった時に、もしかしてママになったときに、私の書いた育児日誌を開いてみてくれたらうれしいなぁ。
さて、まずはけがなどなく、元気に成長できるように、歩き始めた時に危険がないか、旦那さまとお部屋の安全チェックをしなくっちゃだわ!
スポンサーサイト
2006.09.29 23:13|生後11ヶ月
昨日は、めずらしく娘たちが22時には就寝してくれました。
私の母がHelpに来てくれていて、娘たちはお昼寝もそこそこに、ものすごいハイテンションで私の母と遊びに没頭していました。さすが、子守りの天才!双子は私を探すことも忘れて、ペットボトルとなんでもないただのプラスチックの箱だけで、母と夢中で遊んでました。あと、NHK教育を一緒になって踊ったり声をだしたりして見てましたっけ。
夜の離乳食も、母と旦那さまで食べさせてもらえて、昨日は微妙な反応を見せる納豆をじっくり食べさせてもらえて大助かり!納豆このままだと結構いい感じになじんできそうです。我々の夕食の準備もゆっくりとできて、品数豊富な夕食がいただけました。
そんなわけで、私も体力温存ができて、双子の就寝後に誕生日前の作業に取り掛かることができました。
切ったり・はったり・描いたり・塗ったり・・・・、むいてないよ~この作業!ってつぶやきつつも何とかほぼ出来上がりました。あとは、誕生日前夜に双子が眠ってからもうひと作業すればOKです。誕生日当日の朝、目をぱちくりさせてビックリしてくれるか楽しみです♪
そんなこんなで、気が付くといつもよりもずっと遅い時間の就寝になっちゃいました。眠くて眠くてブログの更新もできずに私も就寝となったわけです。
あ、でも昨日は、久しぶりに記事にコメントをいただいて、すごく嬉しかったのでお返事だけはしたんでした♪
文字ばっかりどう考えても面白いからは程遠い私のブログ、コメントをいただくと、あ~!読んでくれているひとがいるんだ!って実感できて、本当に嬉しいですね。ありがとうございます♪

さて、今回母にHelpを頼んだ目的は、誕生日に向けての私自身の準備のためでした。伸び放題になっていた髪をどうにかするのに、数ヶ月ぶりに美容室へ行ってきました。
娘達の誕生日である10月4日は、私たち夫婦の10回目の入籍記念日でもあるんです。子供たちが産まれる前までは、2人きりだったので、こういった記念日には、旅行へ行ったり・美味しい物を食べに行ったり・手の込んだ料理と美味しいお酒でくつろいだりといった感じのお祝いをしていたものです。でも、それはもう無理。残念ということではなく、入籍記念日に自分達の子供の誕生日のお祝いができるということが、結婚して9年・・・もう私たちに子供できないのではないかとあきらめかけたりしていた私たち夫婦にとっては、本当に何よりも嬉しいかけがえのない楽しみで、嬉しさ2倍じゃなくって、2乗ですね。
話がなんだかそれっちゃったみたいですね。
4日の記念日&誕生日に家族写真をとる予定なので、少しはきれいにしないとマズイと思って、重い腰をあげ、母に子守りを頼んで久しぶりの美容室行きとなったわけなんです。子供達の食事や授乳の様子をうかがっての外出になるので、行きつけにしていた予約がいるような美容室は当然NGです。それで今日は、最近近所にOPENした、予約なくっても大丈夫なファミリー向けの美容室に行ってみることにしました。(キッズのカットもしているようなので、こちらも偵察を兼ねて)ちなみに、本日も子供たちは母に遊んでもらうのが楽しくって、私が外出することを大して気にとめる気配なく送り出してくれました。
美容室で受付を済ませ、2時間ほどで仕上がると言うことだったので「パーマとカット」をしてもらうことにしました。
担当になったのは、目のくるりと大きな20代前半のかわいらしい女の子。
「随分のびてますね~」と声をかけられ、「子供を置いての美容室となると、なかなかでてこられなくって」「母に来てもらって、子供たちをみてもらっているんですよ」などと世間話をしていたのですが、「お子さんはお2人なんですか?」と尋ねられたので「双子の女の子なんですよ」と答えたところ、美容師さんうわっって嬉しそうに笑って「私も双子なんです!一卵性の!」。
初めてのお店で若いお嬢さんが担当だし・・・、パーマが終わるまでじっと雑誌でも読んでおこうかと思っていたのが、「双子つながり」で大盛り上がり!
「これから育てる側」と「育てられた側」とで話ができて、楽しく過ごせた上に参考になることもたくさん知ることができて、思わぬ収穫でした。
髪もすっきりとして、気分よく帰宅。程なくお昼寝から目覚めた娘たちが嬉しそうにわたしのまわりにむらがってきました。出かけるときはあんまりあっさりと送り出されたので、帰ってもさほどのリアクションはもらえないのではと思っていた(少しいじけてました)のですが、よかった!ママが帰ったのを喜んでくれて。
明日は旦那さまが美容室へカットへ。
娘達の前髪は横分けでピンでとめるか、本日旦那さまが購入してくれたキッズ用のバリカンで僅かにそろえるか。こちらもなんとかなりそう。
スタジオも予約を入れたし、とりあえず写真用の洋服も準備できたし。
あとは、旦那さまの実家の両親が、当日そっとしておいてくれるかどうか・・・一応当日は家族で過ごすという連絡はしているんだけれど、お義母さんが乱入してこないか心配。
以前、ひなまつりの時には、当日はビデオや写真など家族で行事をしようと計画していたので、この日に子供達と会いましょうって数日後に主人の実家とは約束をいれていたのに、お義母さんが突然やってこられて家族の予定はすべてパーに・・・(泣)
「連絡してきたら止められると思って」ってお義母さん!確信犯じゃないですか!! で、誕生日・・・・心配・・・だなって時々不安になってきてます。
今回は私達の10回目の入籍記念も兼ねてるので、どうか、家族でゆっくりとお祝いできますように!

さて、昨日の夜更かしで眠さ倍増、今日は早々に休みましょうか。
2006.09.27 23:50|生後11ヶ月
私の住んでいる地方では、1歳のお誕生日に一升のお餅をわらじを履いて踏む習慣があります。
よそでは、お餅を背負ったりするのと同じ行事のようです。
本日、そのお餅の予約に、近所の和菓子屋さんへ行ってきました。
お店の売り子さんに、「餅踏みようのお餅を予約したいのですが」と伝えたものの、今住んでいる住所地は私や主人が生まれ育った県のおとなりの県なので、もしや慣習が違うかも・・・・と心配になり、お餅の形状を聞いてみたところ、自分の注文しようと考えていたものと違ってました。
こちらでは、楕円形の一段のお餅が主流らしい。
ちなみに、私が1歳のときに踏んだお餅は紅白の二段餅(二段あわせると一升)。お隣の県でも違うんだとびっくり。
売り子さんによると二段のお餅も作りますよということだったので、我が家は二段の紅白のお餅を予約してきました。双子だから×2注文するのかなぁ?と直前まで悩んでいたのですが、旦那さまと協議の結果、夫婦2人でいくらなんでも2升(4㎏)もお餅食べられないのではと言うことで、紅・五合、白・五合、計一升の二段餅にして、お姉ちゃんと妹ちゃん仲良く半分ずつ同時に踏んでもらうことにしました。
ちなみにお餅は2100円也
お餅を踏むのに使うわらじが1組1050円で2人分だと2100円・・?ん?なんだか納得いかないなぁ~。わらじ高すぎじゃない!?(私)
でも、必要だしねぇ。(旦那さま)
なんだか、今ひとつ納得できない感を残しつつも、お餅と赤い鼻緒のわらじを二組、予約をしてまいりました。
わらじって、頑張ったら手作りできそうな雰囲気だけど、その上材料費ってかかりそうにないけれど、こんな強気な値段でいいの?一瞬わらじ作りの内職ってよさそうだなって思っちゃいましたよ。

あと、本日やっと誕生日プレゼントを購入しました。
あとは、写真の予約をキッズスタジオにいれるのと、娘達の髪型をどうするか・・・、やっぱり切らなくてはかな?写真の間だけだったら、横分けでピンで留めてもいいかも。まだ、迷っています。迷ってはいるけれど、やわらちゃんスタイルだけは絶対にありません!
当日に着せる自前のお洋服も準備できたし、もう一息で準備完了です。
私と主人も10月4日の入籍記念日に向けて、髪をカットしに行かなくっちゃ!最近やたらに忙しくってカットどころではなかったので、髪伸び放題の夫婦です。

2006.09.26 23:50|生後11ヶ月
我が家の双子は、多分他の同じ月齢のお子さんより、離乳食が随分遅れていると思う。
はじめた時期も遅かったのだけれど(シアーズ先生の育児書を読んで少し遅めに意識的に開始したため)、途中ものすごくしつこい風邪のために1ヶ月ほどお休みしたのもあるし、お休み後はまた少しずつ馴らしていくことからはじめなくてはだったので、結果2~3ヶ月くらいは遅れているのではないかと予想しています。
ま、それぞれのペースでいいと思っているので、遅れていることに関してさほど煮詰って悩んだりはないのですが、あまりのろのろしても居られないだろうとは自覚しています。
がんばらなくては!って今更ながら思い立たせたのは、あと数日でやってくる「誕生日」ですね。
一緒にケーキ(風のもの)を食べたいし。
やっぱり、家族4人で食卓を囲んでお祝いしたいですよね。できたら同じようなメニューのものを「おいしいね♪」って楽しみながら。
それで、それに向けてこつこつとがんばってきて、何とかケーキの土台にしようと思っている蒸パンはクリアー、クリーム代わりに使用しようと考えているプリンも無事卵黄デビューできたのでクリアー!
おかゆも全粥~軟飯あたりを食べられるようになったし、この一月で随分前進してくれました。
いまだ克服が難しいのが「イモ類」。どんな風にしても妹ちゃんはあまりお好きでないようで、2,3口でいや~とばかりに口から押し出します。
芋メインの離乳食は今のところNGです。ひっそりと、脇役で入っていると何とか食べてくれる状態で、この先どんな風になるのか気になるところです。
現在目標にしているのが、3回食。
朝はパンとフルーツヨーグルトが殆どで、パンは野菜やクランベリーを入れたパン粥風、ヨーグルトはカットしたフルーツと混ぜて食べさせています。
フルーツの切る大きさを徐々に大きく時にランダムにして、噛むトレーニングも兼ねています。
昼には、麺を食べさせる日と蒸しパンやトッピングをした食パンで手づかみ食のトレーニングの日のどちらかで、様子をみています。
夜は、私達の夕食直前に旦那さまと一緒におかゆを中心とした食事をあげることにしています。
大して手をかけた物を作っていないし、ベビーフードにも頼っているのに、一食増えただけで、一日のスケジュールが結構つまってきて大変だなと感じています。3回食が本格的になってくると、きっとレパートリーが少ないので行き詰まりそうで心配・・・・。
ネットで離乳食のこと書いてあるママさんのブログなどを見ると、アイデア満載・お料理上手だったりで、う~ん・・真似できそうにないなぁ・・・とほほです。
幼児の食事について、もっと勉強しないといけないな~という思いが募る今日この頃です。

今日、夕方小児科から電話があり、娘達の血液型が判明しました!!
お姉ちゃんB型
妹ちゃんB型
!!!!!旦那さま、にんまりと嬉しそうでした。
何故か私の周りはB型が多いのですが、娘2人までもB型。
何かの運命なのでしょうか。ふしぎ。
B型のよく言う 何事にもこだわりを持つ、芸術肌なひとにそだってくれるかしら?楽しみですね。
2006.09.25 23:50|生後11ヶ月
1歳ももう目前になってきている本日、1歳健診にかかりつけの小児科へ行ってきました。
私の住んでいる市では、乳児健診の無料チケットが一人に2枚配布され、満1歳の誕生日の前日までだったら、好きな時期に健診を受けることができるシステムになっています。
健診といっても、双子を連れた健診となると、そんなお気楽なものではないですよね!
検尿・採血・身体測定・先生の診察と腹部超音波と、内容も大人の健診並にぎっしりです。かかりつけで先生や看護師さんになれた病院でも、普段されないこと続きになるので、さすがに娘たちも大泣きするので、私一人では連れて行けません。
前回は私の母にお手伝いしてもらい何とか乗り切ったのですが、今回は、パパが是非に一度も連れて行ったことがないので検診ってどんなものかついていってみたいと嬉しいことを言ってくれました。
で、今日は旦那さまもお休みをとってくれて、万全の体制で健診にのぞみました。
あらかじめ(先週末)検尿用の採尿バックと消毒液をもらってきていたので、早朝第一尿を採るべく、今朝2人がかりで採尿バックをつけることに。
難しいんですよね~・・・私苦手なんですこの作業。
(6ヶ月健診の時、再検にひっかかって大変だったこともあって)
上手くつけないとおしっこがもれちゃって、きちんと採れないんだよね。
あと、娘たちはこのおしっこバックのシールにかぶれやすいみたいで、この検査の後かならずシールの跡に皮膚が赤ーくなってしまいます。「バックのシール跡が赤くなってまけちゃうんですけど」って看護師さんに相談してみたけれど、他に方法がないらしくって、頑張って下さいねですまされちゃったし・・。
少しでも貼る時間と回数が少なくできますように!!っていう気持ちもあって、これはやり直しできないぞ!って結構なプレッシャーになっていたりもするので、ただ採尿バックを貼るだけの作業に、ものすごい意気込みで取り組むことになってしまっているのです。
今日、はじめてこの一連の作業を目の当たりにした旦那さま。「何事?」と私のただ事ではない意気込みに、ややついていけない様子で付き合ってくれたわけですが、旦那さまのHelpのおかげもあり?なんとか採尿に成功し、病院へ。
パパとお出かけだ♪と娘たちはご機嫌で家をでて、病院の受付でも2人とも手を振り笑顔の余裕を見せていました。
ここから先は想像どおり、病院中に響き渡る泣き声の合唱・・・・(泣)。
特に泣いたのは身長の計測と採血。
お姉ちゃんはかかとから、妹ちゃんは腕から採血されたようで、しっかり採血後のテープが貼ってありました。
泣く二人をあやしていたら、病院の犬がこちらへやってきて「大丈夫?」とばかりにこちらを見て通り過ぎ、娘もワンワンをみて、そのあと水槽にいる亀をみて、待合室のいすでパパと遊ぶ頃には、お姉ちゃんも妹ちゃんも採血が痛かったことすっかり忘れた様子でリラックスしていました。
先生が通りすがりに旦那様に「2人だとお宅でもいろいろと大変でしょう。」と声をかけられていたけれど、娘達のあまりの泣き声のすごさに驚かれたのかも・・・・。
帰り着いて、旦那さまがポツリと、「検診って言ったって、本当に大変だったね。これひとりじゃ、絶対無理。想像できない大変さで、なんだか疲れたね」。
なんだか疲れたのは娘たちも同じだったらしく、今晩はお風呂をあがって少し遊んだ後おっぱいをもらったら、ストンと寝付いちゃいました。23:00には2人とも寝てくれて、おかげで久しぶりに夫婦で「あいのり」観れました♪
健診自体はエコー所見、発達など問題ないようで、体格は身長体重とも少し妹ちゃんの方が大きいようです。本日の健診で、採血をされたついでに血液型を調べてもらうようお願いをしました。私の出産をした大学病院では、子供の血液型は調べてくれなかったので、ずっと気になっていたんです。
パパはB型、私はO型。
予想(私の)ではお姉ちゃんがO型で妹ちゃんがB型ではないかと。でも、なんとなく2人ともB型のような・・・・・。
一つのおもちゃにのめりこんだように2人とも遊ぶことがあるし、それって、なんだか自称コレクターの(私はおたくではないかと思っているけど・・・)パパに似ている感じ。
自費で×2なので5千円強かかりましたが、これも1歳の記念ということで、パパに、このちょっとした出費に目をつぶっていただきました。
数日後の結果が楽しみです。
2006.09.24 08:44|生後11ヶ月
ここ連日お疲れがつづき、昨夜は作業途中の家事を残したまま、起きた妹ちゃんの再寝かせつけをしていたらそのまま一緒に明け方まで爆睡してました。
でも、旦那さまが、夕食の食器洗い(食器洗機使用)娘達のマグやストローボトルの洗浄と消毒なんかをしていてくれたので、大助かりです。
困っているのは、お風呂にも入らずに寝ちゃった自分の体ですね。娘たちが起きる前になんとかシャワーだけでもかかりたい・・・・。
あ、ブログなど書いている場合ではないのかも。

連日のお疲れの原因は、娘達のお誕生日の準備と言いたいところだったのですが、これはあまり進んでおりません。
数日前、寝室のドアを閉める際に、ドアの下の隙間に左足の小指の側面が「むぎゅっ」と挟まって、「・・・!!!!!、いた~ぁぁぁああい・・・(泣)」という事故発生。
今までにないほどの痛みで、「折れた?」と思ったものの、指は一応しっかりと動くし曲がるし、小指だから折れていても固定で終わっちゃうんだろうかなどと考えつつも、どちらにしても娘たちを引き連れて病院へ行く方が何十倍もしんどいので、とりあえずサロンパスはって小指を浮かせて歩きつつ生活をすることに。(旦那さまに夜みせたら、折れているかもだけれど、この部分だったら動かないように固定されて痛み止めをもらって、数日後にレントゲンで確認されるくらいだろうし・・・と言われたので、病院へ行く気が失せました)
けがをすると、意外に足を使っていたんだということに気が付きました。
痛い指をかばって動くので、ものすごく足も疲れるし、重心が常に右よりで変な姿勢を取っているせいで腰もせなかもつらいし。
そして、白い物をまかれた私の小指を、娘たちが「やや!珍しい物はっけん♪」とばかりに手で叩こうとしたり、足で踏もうとしたり・・・とほほ。逃げるのも大変。
指ははれたのと、打撲の衝撃?内出血?所々に紫色になったものの、本日は随分痛みもなくなり、骨折ではなくひび位だったのかなぁと思えるようになりました。
ほんとうに、しんどい日々でした。思わぬ病気やけがには本当に注意しないと、子供達のお世話ができなくなっては大変ですね。
あと、寝室のドアの下にあんなに隙間があったとは、今まで気づいていませんでした。子供たちが指を挟み込んだりしていなくって本当によかった。
安全対策をこのドアにも施す必要ありです。

さて、話はうつるのですが、娘達の髪型なんです。
以前にも前髪がのびて目にかかってきているお話はしていたのですが、あの時からゴムでまとめて、なんとかしのいできました。
色のついた可愛いのは、お互いに「なに?それ?おもしろ~い!」とばかりにむしりとってしまうのでNG。あじけのない黒いゴムだと、気づかないのか・面白くないのか手を出さないので、おばさんのような黒いゴムで、柔道の谷亮子のようなちょんまげスタイルが定番となっています。
しかし、あともう少しでお誕生日、ちょんまげで写真にうつるのはかわいそう。
前髪をカットしてあげたいけど、上手くできるか自信ないしなぁ。
子供用のはさみやバリカンももっていないし。(これは、とりあえず買わないとね!)
こまった。
双子ママさんで、自分でカットされた方のブログを拝見させてもらったけど、あんなに上手に切るなんて、絶対わたしにはむり・・・。
こまった。
美容室に行く?ん~、それはなんだかもったいないようなきがするしねぇ。
このままだと、やわらちゃんヘアーで誕生日を迎えそうな、我が家の双子であります。
何かよい方法をご存知の方、いらっしゃらないでしょうか?
2006.09.18 23:57|生後11ヶ月
本日もキッズスタジオの見学に行ってきました。
こちらは昨日行ったところよりも家から遠いところにあるのですが、衣装やサービスを比べたいと思い、午前の離乳食を済ませて娘たちをつれて家族四人でお出かけです。
妹ちゃんもお姉ちゃんも、昨日から使い始めたおニューのチャイルドシートに嫌がることなく、今日もご機嫌で乗ってくれました。二人並んで、時折手をつないだり頭元をさぐったりと若干余裕が出てきた様子です。前向きに座るタイプなので眠ったりは難しいのかなと思っていたら・・・帰りの車中では、気持ちよく二人とも眠ってしまいました。新しいチャイルドシート、問題なく乗せ変えに成功のようです。

さて、今日行ったキッズスタジオは、祝日と言うこともあったせいかお客さんがとても多く流行っていそうな気配で、これはいけるのではないかしらと期待が膨らんだものの、いざ見学させてもらうと、サービス内容・金額は昨日のお店とあまり変わらずと言った感じ。衣装は昨日よりさらに少なくその上あまりコンディションがよろしくない・・・・、私たち夫婦の結論は本日のスタジオは却下となりました。で、もしキッズスタジオで撮影する場合には、昨日下見した家から近い方のスタジオにということになります。ここで撮るなら、わたしはディズニープリンセスのドレスで撮影って言うのをさせてみたいな。(パパも結構乗り気でしたし♪)白雪姫とかシンデレラとか・・・って思って娘の前でパンフレットを見ていたら、お姉ちゃんはお姫様よりくまのプーさんをしきりに指差して大興奮。くまと写る方がうれしいのか・・・・当日くまのプーさんとお姫様のコラボがOKか訪ねてみよう・・・・などと思いをめぐらせています。
お遊び抜きの撮影用の衣装がいまいちなので、お洋服を新調するかどうしようか考え中なのですが、現在買いたいほうに傾いています。
(できたら今の月齢にしか似合わないような、非現実的なふりふりのワンピースとか着せたいと思っています。)

思っていたよりも随分あっさりとスタジオの見学が終わっちゃたので、家の近くのトイザラスへお買い物に寄ることにしました。
SALEがあっているという小耳情報を得ていたので、なにか掘り出し物があればと期待していったのですが、いあや!思った以上にいろいろと安くなっていて、子供の冬用のパジャマや肌着などのほかに大きなお買い物も数点。
子供のパジャマが今朝ちょっとしたハプニングで、まだ2回しか着ていないものが結構な痛手を負ってしまっていたので、今日のお買い物は本当に助かちゃいました。
買ってもらいました!それとなくおねだりしつづけていたアレ。

KATOJIの軽量バギー NEW軽いんでちゅ

色は旦那さまの好みを優先と言う事で、女の子の双子なんだけれどピンクとブルーの一台ずつに決定。あえて、一人乗りを二台買ってもらいました。
一人乗りがあった方が小回りが利いて便利な場面が多かったりするので、本当によかった!よかった!今日買ってすぐお店から使い始めたのですが、バギーなんだけど座面にクッションもついていて、娘達のすわり心地もいい感じのよう。(お店のカートに比べたら天と地でしょうね)AirBuggyと比べると、押し心地は重いしサスもないので硬い感じだけれど、本体の軽さと小回りのよさ、ちょっとおもちゃっぽいキュートな外観!総合するとセカンドカーに持つには最適なのでは。大満足です。
旦那さまと、行動範囲が今までと少し変わりそうだねと喜び合うことしきりでした!
今日はいろいろと買い物をしたのですが、あわやもう少しで買ってしまいそうになったのが「二人のり用のくまのぷーさんのブランコ」。
誕生日も近いし、子供部屋かリビングに置いてあげたら喜ぶんではないかしら?と商品札も手にとって買うちょっと手前で、旦那さまと最後のお話し合い。結局、自分で安全に乗れる月齢になってから買ってあげたほうが、きっと楽しめるだろうからということで、今回は断念。来年のお誕生日近くになったら、またプレゼント候補に上げようっと。
いろいろ買ったのに、お誕生日プレゼントは買うことなく帰宅しました。
さて、プレゼント何になるのでしょうか?あっさりと絵本とかになるのかしら・・・パパが何を候補に上げているかそろそろ聞いてみないとですね。
おもちの予約もまだだし、1歳の健診の予定も誕生日前までに入れなくてはだし、来週はいそがしくなりそうです。
さて、明日からパパも仕事なので、日中一人で子守り生活がまたスタートするし、明日からに備えてそろそろ寝ましょうか。
2006.09.17 23:18|生後11ヶ月
大きな台風が直撃するとNEWSでしきりに報じられているのに、我が家は何ふく風!。
本日は、お誕生日にむけて、子供の写真専門の「キッズスタジオ」へ下見に行ってきました。衣装を何着も着れて、たくさん写真を撮ってもらえて、気に入ったやつだけ選んで注文できるっていうやつです。
便利そうなシステムだし、一回ぐらいそんなところでお祭り騒ぎみたいなことをしてみてもいいんじゃないかって事で、さっそくどんなところでどんな衣装があるのか見てきました。
ちなみに、私たち夫婦と子供達、今まではフツーの写真館での記念撮影しか撮ったことがありません。結構な金額のわりには、上手く取れないのでちょっと不満に思っていたところに、お誕生日にキッズスタジオでお写真を撮ったママさんのブログに遭遇!男の子の双子さんだったのですが、可愛く取れていていい感じ!!そのお母さんから、衣装を下見に行って見て決めてみた方がいいかもってアドバイスもいただいたので、近所の2社あるうちの、まずは我が家から近い方のお店にGO!と言う運びになったわけです。
夕方には暴風雨圏に入るらしいので、午前の離乳食を済ませてお昼から出発することに。と、いっても、今日下見に行くのは車で5分のところにあるショッピングモール内のお店なので、大したお出かけではないのですが。
お店につくと、七五三ムードで盛り上がっていて、着物がずらっとならんでいました。400着あるという衣装のうち、娘たちにあうサイズのものは意外に少ないかな?と言う感じ。結構着古された風情のものや、どうしても趣味にあいそうにないものなどを除外すると、「ないねぇ~・・・・」というつぶやきが出ちゃうし。
「こうやって、みなさん結局コスプレ路線に走っちゃうのかもね・・・」なんて話をしながら、結局は夫婦で衣装の下見を楽しんじゃってました(笑)。
さて、娘たちですが、お姉ちゃんはずらりと並んだ衣装を前に、目を輝かせて大興奮!これなんか似合いそうとあてて見たりすると嬉しそうに笑顔をふりまいて、ドレスのお花やリボンをしきりに見比べておりました。普段も着るものにうるさくって、今日はこれにお着替えしようねって服をみせると、必ずどちらを自分が着るかチェック?が入ります。(うちはあまりお揃いにこだわって服をきせていないので、二人違う組み合わせを着ることが多いため)妹ちゃんは、今のところこだわりがあまりないみたいで「感心ないよー」という様子でいてくれるため、争いにならずに助かっています。着替えを出している時に、お気に召さない服を出していたりするとブーイング!のお姉ちゃん。あと、これを着るんだと手にしているのと違う方を着せたりしてもブーイング!。普段とてもお利口で物分りのよい子なのですが、お洋服にはちとうるさくって、一度腹をたてると結構しつこくってびっくりします。
でも、こういう衣装選びの時に喜んでくれると、なんだか楽しさが増しちゃいますね♪
もちろん、妹ちゃんはいつもどおり「ふ~ん・・・」と言う感じで、感心はほとんどなく退屈だったようで、私の抱っこも飽きてもがいていました。
何着かこれいいかもねという候補もあがり、撮影のシステムの説明やパンフレットももらって、本日の下見は終了。
ビデオ撮影もできて、気に入った写真だけを選べたり、ぐずったら続きは後日でもよかったり、基本の撮影料金に購入した写真の代金のみでいいと言うのも便利でよさそう。衣装がもっとよかったらすぐに予約したかもだけれど、ここがちょっと引っかかるので、またもう一軒を下見して考えることに。
いろいろ着替えさせて撮影した挙句、自前のお洋服で写った写真しか買わない可能性も高そうな予感ですが・・・・ま、まずは見比べてからね!

離乳食の誕生日計画も着々と進行中で、ご飯は結構べったり目のものでも味がついていたら食べてくれるので、クマさん型のチキンライスはクリアー!
蒸パンや角切りの食パンもお茶を飲みつつ、もぐもぐ食べてくれるので、ケーキも楽しく食べられそうな感じです。

あ!お題のお話するのすっかり忘れてました。
今まで、GRACOの新生児から1歳くらいまで対応のチャイルドシートを使っていたのですが、今日1歳あたりからのシートに乗せ変えをしました。
今年のはじめにすでにはりきって準備していた「コンビのプリムキッズ」です。今日は、おニューのこのチャイルドシートでお出かけだったのですが、娘たちも快適に感じたのか?はたまた車窓の景色が新鮮だったのか、足をブラブラさせてとても嬉しそうでした。
いままで後ろ向きだったのが、前向きにちょこんと並んで座っている姿って、親ばか炸裂ですが「可愛い♪」ですね。パパはとくに娘たちにメロメロなので、車中振り返っては「かわいい~!」を連発していました(笑)。
前から体を固定するシールドを食べようとするので、次回からはタオルでカバーをしないと、長時間のドライブだとべちゃべちゃにされそうです。

台風も近くを通った割には、風が強いかな?くらいで過ぎ去り静かな夜をむかえています。娘たちも風の音を怖がることなく、窓の外で大きくゆれる庭木を二人揃って指差しては、私のほうを見ていたくらいでしょうか。
この頃、二人ともしきりにいろいろな物を指差しては、むにょむにょ説明をしてくれます。おおよそ予測できる範囲で、お返事はしているのですが、やはりなんと言っているのか私が理解ができていなくって、どうも子供たちにしてみればとんちんかんな返事を返していることもあるらしく、そんな時は不満そうな顔で「ママ何言っているの?」みたいな雰囲気を漂わせてふたりでこちらを見返します。「2対1」なので、理解できない私のほうが立場が弱い・・・?う~ん、はやくこちらがわかるようにしゃべれるようになってね!
二人がおしゃべり上手になったら、もっとにぎやかになって楽しいだろうな。

明日は近所のトイザラスまで、手形足型のシートを買いに行く予定。誕生日準備で、毎週末大忙しです。

2006.09.15 03:26|生後11ヶ月
昨日、妹ちゃんがとうとう「はじめの一歩」を踏み出しました。
たっちをしていたので、こっちにおいでって声をかけたら、私に両手を伸ばしながら右足を一歩踏み出す事に成功!!
夜だったので、ちょうどパパもこの光景を目にすることができました。
やったね、おめでとう!夫婦で「すごいねぇ、よしよしえらいね!」と妹ちゃんに声をかけて大喜びでした。
で、喜び覚めやらぬ本日、またパパの前で一歩を披露していた模様。夕食の準備をしていたら向こうの方から「また、一歩歩いたよ~」のパパの声。
連日続けて自発的に頑張っているので、この調子で行くと1歳のお誕生日には何歩か歩けるように?期待が膨らみますね♪
さて、お姉ちゃんは喜ぶべき事か?上っては欲しくないソファーとテーブルへの登頂に成功しました。
これは、随分前から妹ちゃんができていて、いつもじっと妹のしているのを観察しているお姉ちゃんだったのですが、突然出来ちゃったようです。
妹ちゃんは、成功までいろいろと上る場所や足の位置など変えつつ失敗を繰り返し、長い道のりを歩んだわけですが、お姉ちゃんは「上ろう♪」と思ってからすんなりと成功した感じです。
成功の喜びを「きゃあ、きゃきゃ」という嬉しそうな笑いで表現するお姉ちゃんに「すごいね!一人で上れたの?がんばったね」と声をかけてあげることに・・・(さすがにえらいねとは言えないので)でも、「落ちちゃうと危険だから降りようね」と促して長居はさせませんでしたが。
どんどん、どんどん成長するので、ビックリの連続の毎日です。

成長と言えば、子供の爪ってすぐに伸びませんか?
切っても切ってもあっという間に伸びていて、何かの拍子につかまれたり引っかかれたりして、痛~い思いをすると切ってあげることにしているのですが、二人の赤ちゃんの爪を切るとなると本当に重労働でした。
寝てしまったところをねらってそお~っと手や足をとり息を殺してつめ切りしていたものです。しかし、眠りの浅い娘たちにはこの作戦でも途中で気がついて抵抗することが多々ありました。
ところが、数日前と昨日にお姉ちゃんと妹ちゃんの爪を切ったのですが、眠っていない起きた状態で、私のひざにお座りしている時に、「おててぱちんぱちん切って綺麗にさせてね」と声をかけてみると、意外や意外、じつに大人しくお利巧につめ切りと仕上げのやすりまでさせてくれました。・・・・?
これってすごくうれしいじゃない?「おりこうね!えらいね!」と褒めちぎり数日後妹ちゃんに挑戦すると、こちらも嫌がって抵抗することもなくすんなりと作業終了。
運動能力も理解力も成長してますね♪
明日は何にビックリするのだろう?楽しみで仕方ない今日この頃です。
2006.09.13 03:00|生後11ヶ月
私のしつこい風邪もほぼ治りました♪
咳がでなくなって眠りの妨げが一つ減り、夜の短~い睡眠も楽に取れるようになって、気分的に慢性的な睡眠不足から開放されたような錯覚を感じています。ま、錯覚ですけどね。
うちの娘達は、とても眠りが浅く、いまだに夜中に何度も起きます。そのうえ、お昼寝もほとんどしないし・・・・、でも月齢並にしっかりと育っています。寝る子は育つ・・・・あれは間違い!寝ても寝なくても育ちますね!
よく、子供のお昼寝に乗じて、ママも仮眠を取るなんて聞きますが、いやはや本当にうらやましい話で、私のこの11ヶ月の育児の間に、数えるほどしかそんなラッキーチャンスは訪れませんんでした。寝ている間に家事・・・これもちょっとした物音ですぐに起きてしまうのでNG。
で、どれくらい眠いかというと、最近流行っている、お笑い芸人の小梅太夫風で「誰か私を眠らせて!!」といつか叫びをあげそうなほどの慢性睡眠不足状態です。(娘達この芸人さんがTVに出ると、いつもくぎ漬けになってます)
まあ、そんなに眠いのならブログなど書いてないで眠ればいいと言う話になっちゃうんですけど(笑)。
誕生日にむけて、離乳食に誕生日メニューを意識したものを、ちょこっとずつ出しては、トレーニングをしている・・・これを上手く食べてくれるのを見るのが私のひそかな楽しみになっています。
何日か前の卵デビューも誕生日にケーキ(もどき)を作って食べさせてあげたいがための準備その①なわけで、これは卵黄クリアーなのでひとまずOK!
現在蒸しパンも少しなら水分なしで4分の1カップほど食べてくれるようになり、本日食パンのサイコロ切りもむしゃむしゃと食べてくれました!
いいぞ、頑張って!その調子♪
娘達が警戒せずに食べてくれるように、同じメニューを私も小さなお皿に盛り、まず一口「おいしいね!」といってややオーバーアクション気味に食べて見せ、娘達の口にもそれぞれあーんといれてあげる→みんなで目をあわせて笑いながら口をもぐもぐ動かす→ごくんと飲んだら「おじょうずだねぇ♪」頭をなでて褒めちぎる
二人ともこの作戦で、「ママと同じものを食べたんだぞっ!」とそれは得意げに嬉しそうに本日ややもっちり気味にできてしまった野菜いり蒸パンをしっかりとかんで食べてくれました。うれしいな、この調子だとケーキ一緒に楽しくたべられそう。
あと、もう一つ特訓中なのが「ご飯」。
くまさんの形にチキンライスを盛り付けてあげようと思っているので、それまでに上手く軟飯の一歩手前までいけたらと目標をたてて頑張っているところ。
これは、妹ちゃんが柔らか目がなかなか卒業できずあとまだ二息?かな。
うちは、離乳食をはじめるのが遅かったのに加え、7月の風邪で一ヶ月ブランクが出来て月齢から言って2ヶ月くらいはゆうに遅れをとっていて、誕生日を目標にちょっと頑張れるのっていいチャンスですね。
しっかりかみかみできる日がきたら、近所のファミレスのしまじろうメニューにチャレンジしたいなぁ・・・夢は膨らみます、ま、焦らず頑張ろう!ね、お姉ちゃん・妹ちゃん!
まだまだ、ひそかな?楽しみはあるのだけれど、眠さにはどうにも勝てそうにないので、本日はここまで。
また、残りは次の機会に。
2006.09.09 01:47|生後11ヶ月
旦那さまのブログにリンクをはってもらったので・・・、ここは旦那さまのブログの話題にTBなどしましょうか。
お題にもあげている「ベビーカー」。
妊娠中に子供たちが双子とわかってから、機能性と子供達の乗り心地に重点をおいて、ベビーカーを二人で検討しはじめ、満場一致(といっても夫婦二人ですが)で決定したのが、AirBuggyでした。
我が家では、お買い物やお散歩に活躍しているこのベビーカー、乗り心地押し心地とも快適で、現在9キロをこえた娘達を乗せても段差や坂道もらくらく!乗せていると子供たちはよく眠りに付きます。手元で操作できるブレーキも付いていて、安心だし。
これから季節も良くなるし、愛車で近くの山や高原などにドライブに行って、ベビーカーを押して無舗装の林道の散策なども楽しめそうです。
その上、結構ながく使えるようなので、私もお気に入りの逸品です。
しかしながら、適材適所。
この、お気に入りのベビーカーでは活躍が難しい場所があります。それは、小児科。大学病院受診ではとても快適でよかったのですが、町の開業医さんのところとなると、ちょっとこまるのですね。
入り口や待合室まではいいけれど、診察室前や調剤薬局には当然入れない。(ぎりぎり入れるけれど、周りに迷惑をかけそうな雰囲気・・・)
なので、子供たちと病院に行く時は、車から降ろすときに、一人は抱っこ紐でだっこして、もう一人は無理やり小脇に抱きかかえて受付まで行き、よっこらしょと椅子に腰をおろし、あとはスタッフの方にお手伝いしていただいたり、病院内においてあるベビーチェアーに座らせたりして、(診察や処置の時は看護師さんがお手伝いしてくれるので助かっています)どうにかなんとかやりすごしています。
しかしながら、こう体重が重くなるとそろそろ私の細腕にも限界が・・・・。
アンブレラストローラーが欲しい・・・・。
そのうち歩くようになればこういった場面での活躍は必要なくなるわけだし、もったいないような気もするけれど、あると格段に便利になりそうだし、その上そんなに高くないし、最近何気を装っておねだりしてみているのですが、パパは気づかぬ様子です。
何気でなくておねだりするか、どうしようか考え中。

あと、最近おもしろいことをひとつ。
夕方、ぱぱと娘達がチャンネル争いしてました。
NHK教育を見ていた娘達に、「ちょっとニュースをみせてね」といって旦那さまがリモコンでピッとチャンネルを変えると、娘がすかさずTVのボタンを押してNHKに・・・、旦那さまは最初は娘達はボタンを押してTVをいじって遊んでいるのかと思っていたようで、「えー、いたずらは止めて頂戴ね!」と言ってまたリモコンでピッとニュースに戻す→娘がボタンを押してNHKへ(繰り返し)。
「あっ、おんなじチャンネルに戻している!!なんだ、教育見たかったんだね、ごめんごめん。」娘達の抵抗に気づいた模様。
無意味にボタンをいじっているようで、実は意思表示がされていた事実に気づいたようで、すごいなぁと感心しきりでした。
普段も、気に入らないと思ったらボタンをいじって番組を変える娘達、よ~く観察していると、変えてとめる番組は何度繰り返しても同じだったりすることが多いんですよ。
これから、あまりくだらないミーハーな番組とかみられないなぁ。娘達にバカにされない程度にしなくては!です。

旦那さまのブログに娘達の写真が登場しているので、こちらは写真なしでいってみているのですが、たまにはのせてみようかな~、これも、考え中です。
2006.09.08 01:40|生後11ヶ月
ここ数日のこと。
妹ちゃんが、パパに向かって「ぱぱぁ」って呼んで首をかしげて見つめることをしきりにはじめました。
ぱぱ・・・とつぶやくことはあったのですが、意識的に自分から呼びかけるようになったのは大進歩なのですね。
妹ちゃん的には、「はぁい!」とパパが嬉しそうに返事をかえして大喜びするのが楽しいらしい・・・。
ママも呼んでよって言っても知らんぷりで、パパとラブラブなやり取りを繰り返しております。
ちょっとジェラシーですね。娘達、自分達が用事があるときしか、「まま~」って呼ばないんですね。眠いから抱っこ!とか、相方におもちゃを取られて悲しいよ!とか、どこにいるの?とかね。あと、お腹すいたも。
「ママ」「なあに?」みたいな見つめあい、あこがれちゃうな・・・。
さて、去年の今ごろ子供たちが産まれる前ですが、子供が産まれたら自分達のことをどういう風に呼んでもらうようにしようかって話し合ったことがあって、その時には「おかあさん」「ダディー」だったんですね。
子供が生まれても、生まれてすぐの頃は、意識的にそう呼び合っていたのに、今「パパ」「ママ」になっちゃってます(とほほ)。
原因は、私の母(おばあちゃん)。
産後手伝いに来てくれて、その後半年くらいまで足しげく来てくれては育児をサポートしてくれた、大恩人。
しかしながら、私を「ママ~!おっぱいお願いしますね」とか「パパ、お風呂お願いね」てな調子で、何度「ダディー」「お母さん」だってば!って訂正しても忘れちゃうのか?我々を「パパ」「ママ」と呼びつづけるので、仕方なく「もう、パパとママでいいよ・・・・」ということに途中でなってしまったのですね。
マンマやパパパパなどと言うことなく、「いてていてててて」を言うようになったかと思うと「ママ」と私をいきなり呼んでくれるようになったのは嬉しかったですけどね。果たして「おかあさん」だったら、どう呼んでくれていたか?気になりますが、あとの祭りなので追求はできないしね。
離乳食を「うまうま」といったり、食事の挨拶をきちんと手を合わせて「むにょむにょ・・・・た!」と言うようになったり、日々言葉の成長も楽しみです。育児日誌に忘れないようにメモっていかなくてはですね。

本日また風邪薬が続投されました。私の風邪はいつ治るのだろう・・・・。
年をとると、病気もなおりにくいのかなとちょっと卑屈になってきている今日この頃です。
2006.09.04 23:33|生後11ヶ月
私、まだ風邪続行中です。
とはいえ、娘達は無事11ヶ月となりました!
最近では、「こんこん」という私の咳も気にとめることなく眠ってくれるようになり、幾分か夜も楽になりました。
早く、良くなりたいところですが、まだまだのようで、咳止めの薬が本日若干弱めの物に変わったくらいで進展なし。病院変えたほうがいいのかも・・・。
でも今更って感じもするし。
うつしたことに責任を感じてか、パパが結構頑張ってフォローしてくれているので、もうしばらくこの状態に甘んじていたいかななどとも思っています。
あと一月で満1歳のお誕生日か・・・・、早かったような、長かったようなとにかく具だくさんの日々だったなぁ。
それでなのか、去年の今ごろってさ、なんて思い出すことが多くなってきました。
私のお産した病院は、管理入院のない大学病院だったので、ぎりぎりまで(手術予定日の)通院したのですが、フツーにお家で生活して出産だったので、他の双子のお母さんのように管理入院中の戦友的ママ友達との交流があったわけでなし、順調とはいえあまりうろうろ出歩いては行けないと言われてもいたので、ひきこもりに近い生活でさみしかったかも。
交流というと、たまたま、家のメンテナンスに来ていた大工さんや左官さんに、「産まれそうになったら俺達がいるから、奥さん大丈夫だよ!」って励まされたくらいかしら・・・。(っていっても、まだ予定には早い時期だったのですが、お腹が普通の妊婦さんに比べて大きかったので、今にも産まれそうに見えたようです。(笑))
あと、通院に普通に自分で車を運転して行っていたのですが、結構ゆったり目の運転席の車(レンジローバー)だったのに、出産が近い頃は、さすがに、ステアリングとお腹の距離が結構厳しいことになってきて、次はもう乗れない?なんて心配を繰り返しながら、結局ぎりぎりまで自力で運転して病院に行ったっけ・・。
あと、体重が増えすぎないように、中毒症にならないようにと食べ物に気をつけて、制限したりしていて、産んだらいろいろ食べよう!って思っていたら、産んだあとは、母乳のために、これまた食べられないものだらけだしね(泣)
とにかく、無事に産まれますようにと思いながらの生活が終わると、元気に育ちますようにの生活へ。
昨日、卵デビューも無事にはたし、一人でタッチして屈伸を披露するようになった娘達。
よく、大きくなったね。
11ヶ月に無事に突入。うれしいものです。
さて、ママもはやく良くなって、来る誕生日にむけて準備をはじめないとね。


08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。