--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.28 16:44|2歳4ヶ月
昨日は娘達のお楽しみの幼稚園でした。
すこし眠かったのか、いつもはパクパク朝食をとるお姉ちゃんが、今日はちょっとだけグズグズ気味で、結局レーズンパンを半分のこして(妹ちゃんのチーズとトレードしていましたけど^^;)の登園です。
マリア様にご挨拶をして、門をくぐったところできょうは先生にバトンタッチ。振り返らずたたたたと先生といってしまう娘達の後姿をさみしく見送っていたら、今日は妹ちゃんが下駄箱のところから「おかあさーん!」って手を振ってくれました。うんうん^^いってらっしゃいね♪娘の子供らしい行動が嬉しかった私、完全に子離れできない母の道を爆進中なのでは・・・・・^^;まずいですね・・・
今日はおやつのお残しはなかったのですが、登園して出席ノートを出しているときにおやつも出して早弁ならぬ早おやつをしていたらしいです。どんな食いしん坊なんだか・・・・
その上、預けていた連絡帳に前回のおやつの量の件で、おやつの量をやはり少し減らしてくださいとの記載有り???よく読むと、量が多くて食べられないのではなく、食べるのに時間がかかっていて、おやつの時間内に食べきれていないらしく、我が家の娘達はおやつを全部食べてしまわないと気がすまないようで、中断させるのが大変な様子(笑)
先生が苦労されている姿が目に浮かび、つい笑っちゃいました(スミマセン)
日ごろのお残しはいけませんの鍛錬のたまものか?単なる食い意地の問題か?どうしたって食べるといって引かない双子たちに、大変だったのでしょうね・・・・、次は減らしましょう^^
まだ、お友達のなまえなどは出てこないのですが、遊んでいる最中の鼻歌が、聞き覚えのないものだったり、ふたりで踊っている踊りがこれまた知らないものだったり、幼稚園で何かを覚えてきているのは確かなようです。
何をしているのかみてみたいなぁ・・・・こんな親がいるので、世間ではライブカメラ付の幼稚園があったりするのかな?子供をもつまではありえないと思えていたことも、ありになっちゃう自分にビックリです。娘達の通う幼稚園にもついていたらよかったのにな、カメラ(笑)
この日、お風呂のときに、妹ちゃんが旦那さまに「●●●●(フルネーム)です」と突然言ったらしくお風呂を終えるなり驚いたよ~って旦那さま、いえいえ私も驚きました。
妹ちゃんにもう一回言ってのリクエストをしたら、はずかしそうな小さな声で披露してくれました^^
すごいね~!!
横で見ていたお姉ちゃんにも「●●○○(フルネーム)ですっていえるかな?」と尋ねたら、もじもじしながら小さな声で「●●○○(フルネーム)です」言えました!!
すごいよ~!!
きっと幼稚園で練習しているんでしょうね。二人のことをうんと誉めてあげましたよ、本当にすごいなって思ったので。
幼稚園効果は今のところプラス方向にあらわれていて、私たち親にとっては好感触です。
ん~って思ったことは、今日なぜだか「くさくない?」「くさくないよー!」と延々二人で言い合っていたこと。ソファーの上でじゃれながら話していたのですが、どうも今現在のくさいとかの事ではなさそうで、幼稚園でそんな会話を覚えてきた様子・・・・・???なにがそんなにくさかったの???不思議でした^^

そして、今日は幼稚園で月に一回行われている親子の工作教室に行ってきました。
お雛様のタペストリーを造形美術の先生の指導の下親子で作ろうというもので、幼稚園にも慣れてきているので私一人でも二人相手はもう大丈夫ではないかしらと期待をこめて行ってきました。
タペストリーを作ることで、娘たちのおひな祭りの気分も盛り上げたいしね。
連日幼稚園に行くということにやや戸惑いを見せながらも、幼稚園の建物が見えてくるとおおはしゃぎの二人、ちゃんと下駄箱のところまで行き、「おかあさん、おくつ脱ぐ。おてつだい頂戴」と妹ちゃん。お姉ちゃんは自力で四苦八苦しながら靴を脱ぎかけています。二人とも少しお手伝いをしてあげて靴を脱がせると、お姉ちゃんは脱いだ自分の靴をもって自分の靴いれを探し当ててきちんと靴をいれてました。すごいですね~、驚きました。(妹ちゃんは私にお任せでしたけど)
肝心の工作は、私ひとりで二人を相手に作るのはやっぱり無理があり、娘達をみてくださっている担任の先生がこの日いらしてあって、妹ちゃんの工作を手伝ってくださいました。
人形のおおまかな形は私や先生がつくって、娘達は顔や飾りなどをくっつけました。
作ったって言う実感あるのかしら・・・?とやや心配では有りましたが、二人とも喜んで「ここにぃー、ペタン」「お目め、ペタン」などと言いながらくっつけて、教室終了後は幼稚園の準備してくださったおやつタイムを満喫して帰りました。おやつの様子を遠目に見ていたのですが、我が家の娘達・・・・ジュースもビスケットももりもり一番たくさん食べてたのでは??そして一番最後まで食べてたし(笑)どれだけ食いしん坊なのか・・・・(汗)
先生のお話では、こう言った工作も全部自分で作っていなくても、子供たちはとっても喜んでいろいろなお話などをするそう。
帰宅後、すぐにリビングに飾ってあげたら、お姉ちゃんと妹ちゃんとも「おひなさま作ったね!」「●ちゃんのくまさん」「○ちゃんのねこさん」「せんせいと~ペタしたね」「すてきねー」など感想を語り合っていました(笑)
大変だったけど、行って良かったです。
二人に「素敵ね。お姉ちゃんのねこさんも、妹ちゃんのくまさんも可愛く出来たね。パパ帰ってきたらみせてあげようね。」と声をかけると、ふたりとも大いににっこりしつつうんうんとうなずいていました。夕方まで何度「パパまだかな~」「パパもう帰る?」ときいてきたことか・・・・・。

帰宅したパパに、一生懸命に自分たちのお雛様のお話をする娘たち、パパにほめられとても満足そうでした^^
子供たちにも私たち夫婦にも、よい経験ができた一日だったようです。
スポンサーサイト
2008.02.21 23:35|2歳4ヶ月
昨日よりも良い天気 しかも 暖かいよ♪
お弁当つくって水筒を準備して・・・・今日は外にでかけましょう!と、いうことで、我が家恒例のいちご狩り@松本農園へ。
他では、私一人で双子をつれだすのは本当にはらはらどきどきの連続なのですが、ここは、安心(他より)です。
いちごを食べている間は大変おとなしく過ごしてくれるのと、何より、オーナーの松本さんに二人ともかわいがってもらえて(忙しい中いつもすみません!)気にかけて遊んでもらえるのと、なぜだかいつ行っても他のお客さんにも遊んでもらえている(笑)
でも、今日はいつもとちょっと違うのです。
もう一組双子さん親子と一緒に楽しんでまいりました。
双子サークルに参加した時にお知り合いになれたかたで、家はそう近くはないのだけれど、いちご狩りに行く途中あたりで、ちょっぴりお話をしただけなのですが、とても感じのよい方で、こんどお出かけの時には誘ってくださいねっていうようなお話をしていたんですね。
普段の私は、けっこう引っ込み思案なほうで、自分から電話をかけて誘うなどという行動は出来ないほう・・・・(ブログだって、けっこういろいろな方のとこにいっているのに、コメントを残す勇気が出ない読み逃げ犯だし)、しかし!今日は勇気をしぼりだしてお誘いの電話をかけました!
頑張って良かった~。
いつもにはない楽しみ方が出来ました。なにより子供たちの楽しそうな様子といったら♪♂♀の家と年も近い双子さんなのですが、とても気立ての良い子達で、我が家の暴れん坊たちもすぐに仲良しでてをつなぎあったり、走ったり踊ったり、列を作って歩いたり、いちごも交換し合っていました。
あと、このひは、大根や人参も松本さんに手伝って頂いて、子供たちみんな自分で収穫させてもらいました。とっても自慢げに、自分の抜いた大根をよいしょよいしょって運ぶ子供たちの表情は、とても生き生きとしていて、もちろん夕食に煮物にしてだしたら、「だいこん!」「おじさんだいこんね~」「これ、●(妹)ちゃんのだいこん」「これ▲(お姉)ちゃんのだいこん」などと口々に説明をくわえつつ、喜んでたべていました。よい食育にもなりました。

この日のいちごもとてもおいしくて、粒の大きさも甘さも香りもgood
た~~~~~くさん食べましたよ、みんなで。
こどもたちは、口の周りも手も服もいちごの果汁でいっぱい。べたべただけど、とても良い香りです^^;
一人2パック強くらい?(もっとかも?)は食べてたようです。私もその何倍もいただきました^^自分的にはまだまだ食べたかったのですが、娘達を見ながらだと、自分の食べるほうへは手はかけられず・・・・無類のいちご好きのわたしとしては、無念です。
今シーズン中に、いちごの食べ放題リベンジしたいなぁー。

お昼で解散、お友達が帰ったあとも、随分長いこと「○○ちゃーん!」って名前を呼んでは後を追っかける動作を繰り返し名残惜しんでいたようですが、お弁当のおむすびを食べ終えるころにはリセットしたようで、娘達はいつもの暴れん坊にもどり、我が家は3時ごろまで遊びつづけました。

広~~~い田んぼで遊ばせてもらいました。
二人とも走るよ、走る。たたたた~  
おーい!どこまでいくのー?
20080221233531

松本さんと猫のミイちゃんを囲むふたり。
さわりたいんだけど・・・・『かじっちゃうぞ~』の松本さんの一言にひるんでます^^
20080227150522.jpg

その後も、気になるミイちゃんの跡をついてまわるものの、微妙な距離で見つめる双子たち(笑)さわるとかじられるとおもっているらしいってことは、すっかりこちらの言っていることが理解できているんですね、本当に成長したものです。

ビニールシートをもってお弁当をもってまたおいで、今度はこのたんぼのところでお弁当を広げて遊んで回るといいよっていう松本さんの嬉しいひとこと。
本当に、また来ちゃいますね。
たのしい一日でした。
2008.02.20 15:14|2歳4ヶ月
春の気配を感じるくらいの、あたたかな日でした。
今日は、娘達の週に一度の大イベント『幼稚園の登園日』です。
朝食も着替えもさくさくっとすませてくれて、「ねぇおかあさん、いきましょう!」「ジャンバーきていきましょう!」と口々に訴えてきて、慌しいけれど喜んでくれる娘達の様子は嬉しい限りです。
最近この、『・・・ましょう』っていう言いまわしがはやっているんですよね^^;(アルプスの少女ハイジの影響みたいです。クララとハイジごっことか、ハイジとやぎごっことかにはまっているようだし)
幼稚園に到着すると、正門のマリア様に手をあわせ朝のご挨拶、二人とも上手にできました
下駄箱のところまで行ったところで先生にバトンタッチ、今日はここで娘達とお別れでした。寂しがる様子も後追いの気配もなく・・・・ん~・・・母は微妙にさみしかったです(笑)
家に帰りつくと気持ちを入れ替えて、天気がいいのでまずはお布団を干して、朝食の食器の片付けにお洗濯と掃除をささっとすませて、銀行で振込みをすませて御迎えの時間ぎりぎりだし
旦那さま的には、娘達が幼稚園に行っているこの2時間の間だけでも、私のガス抜き?になればって思ってくれているようですが、毎回こんなでゆっくり出来ることはまずないんですよね~。娘達が楽しんでいるということで、私は満足ですけど、つかの間の休息って↑なかんじだよ~パパ^^

あわててお迎えにいくと、今日はお姉ちゃんが「おかあさぁーん!」って言って私のほうへ駆け寄って来てくれました^^そのリアクション!うれしいな・・・。妹ちゃんはまだ遊ぶんだと園庭の方向へ先生の手をぐいぐい引いて頑張ってるし^^;おかあさん来たのにお構いなしなんですか・・・・。
園での様子をすこしだけ聞くことが出来ましたが、暖かかったので園庭にでられたようで、二人とも滑り台でずーっと遊んでいたそうです。あ、あと今日はおやつを少しお残ししたそうです。
ちなみに、おやつは家から持参させるようになっていて、娘達には、小さ目のお弁当箱にちょこちょこと詰めて持たせているのですが、前回のおやつのときに量が足りなっかたみたいで、食べ終えたコーンの軸をずっと手に持って離さなかったらしく、先生に『もうすこし多くしても大丈夫のようですよ』と言われてて、今日のはちょっと多めにしてたんですよね。
多かったのか~って思っていたら、先生いわく『全部食べたかったみたいなんですけど、食べるのがゆっくりで時間内でたべきれなかったようなんです・・・』だそう^^;
妹ちゃんはこのお残しが無念だったようで、家に帰るつくなりバスケットをあけて、おやつのお弁当箱をだし、パンケーキをお姉ちゃんと分け合って食べてました(笑)

食べるの遅いのは、きっと私に似たのでしょう・・・・小学校の給食も一番最後までかかってたし、最近だと、出産の入院の時の食事も、御膳を引きにこられる時間に食べ終えることができなかったしね。母に言わせると、何でもわたしの動作はスローらしい^^;
自分では機敏なつもりなんだけどなぁ。
さて、今度の幼稚園のおやつはどうしたものか。残すくらいが丁度良いと観念して準備しておこうかな??

そと遊びと幼稚園の疲れがあったのか、せっかくの暖かい日でしたが、午後は昼食とお昼寝で終わっちゃいました。

また暖かい日があったら、今度は私が外につれだしてあげようっと!


2008.02.18 23:33|2歳4ヶ月
気温の低い寒い日が続いています。
そと遊びをさせてあげたいのですが、風邪をひいては大変なので、娘達もここのところは近所へお買い物に行くのにちょっと歩く程度しか出歩けていません。
あとは、庭先でチワワズとおいかけっこ。(さむいのでチワワ達はすぐに玄関へ戻ってきちゃいますけどね^^)
なので、もっぱら家遊びばかりです。
お気に入りのパズルもあっという間に作れちゃうようになっていて、絵柄の説明を加えつつ、二人で一つのパズルをはめていくのが最近よく見かける風景です。
「あ、りすさんここじゃないの」「とんぼは~ここで」「たまごみーつけた!」ふたりでこんな感じのやり取りをしてます。

20080219021303.jpg

私の母から頂いた、アンパンマンの46ピースパズルも渡した翌日には難なくはめられる様になっているし、幼稚園の教材のパズルもなかなかいい感じで使えている様子。
興味をもてば、ちょっと複雑かなと思われることも、出来るようになってきているのでしょうね。
そろそろお箸のトレーニングもはじめてもいいのかなと思うこのごろです。
お姉ちゃんは随分前から鉛筆のにぎりがきちんと握れているので、お箸もかるーくクリアできそうです。妹ちゃんは、まだまだっぽいけど、お姉ちゃんが出来るとなると、俄然やる気がでそうなのでこちらも期待できそうなんですよね。
あとは、母のやる気のみか・・・・^^;

玄関でくつに挑戦。
「自分でする!」 「おかあさん、できたよ~」

20080219021315.jpg


母に似ず、やる気のある娘達です(笑)
2008.02.15 23:10|2歳4ヶ月
旦那さまは、この時期になると、チョコなんかいらない~お返し大変だし!とバレンタインのチョコの習慣をいやがるのですが、なぜだかこのあとに必ず『どうせもらうんだったら本命がいい!いや?でもそれだとそれはそれで大変かぁ・・・・・』と妄想めいた一言がついてきます。
そんなに本命がほしいんだ。
ということで、娘達とクッキーを焼いて、バレンタインの贈り物にすることにしました。
娘達の愛情たっぷりのクッキー!大本命でしょう^^

とはいえ、娘達はクッキーつくりははじめて。だいじょうぶかな?と少々心配だったのですが、意外や意外、けっこう器用にできました。
クッキーの工程は、ケーブルTVのペネロペで、ペネロペがお友達とクッキーを焼くというお話を見たことがあったためか、作業前には手を洗い、粉や卵に砂糖などをまぜて生地をつくること(この部分は私が作っているのを『これなあに?』『わ、たまごだ』『ママまぜまぜがんばれー』などといいながらみてました)、型で抜いて天板にのせること、オーブンで焼くこと、たべるとさくさくなこと・・・しっかりとインプットされているようでした。
型抜きは2枚目の天板からは自分たちで全部抜いてのせるという作業もできていたし、すべての生地を娘達だけで型抜きすることが出来ました。
焼きあがりは、こんな↓
20080216012936.jpg

焼いている間中、オーブンの中を抱き上げてのぞかせてと、二人が代わる代わるやってきて大変でした^^;
大変だったけど、自分たちで作ったよっていいながら、おいしそうにクッキーを食べる娘達の笑顔は、最高に輝いていて、自分でするという自立心がそだってきているのだなぁって実感させられました。
「きょうはおもしろかったぁ」「ねぇねぇおかあさん、クッキーまたつくろうね」
「そうだね、またつくろうね」私
「こんなに美味しいクッキー、もっともっと焼いてくれよ」帰宅草々クッキーをもらって食べた旦那さま
パパはしあわせたくさんのバレンタインだったかな?
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。