--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.03 23:36|1歳1ヶ月
まだまだおっぱいを飲む我が家の双子。
たいてい同じくらいのタイミングで、『おっぱい飲みたい~』って私の周りに集まってくるので、争いごとになる前に、「ママのおっぱい飲む人手をあげて~」って尋ねることにしています。たしかハイハイをするくらいのころからはじめた習慣ですが、最近では、返事ととも挙手をするようになっていて、お返事が早かったほうを優先というルールでおっぱいをあげています。
尋ねないであげてると、もらえなかった方の子が必ずこちらへよってきて相方の頭を叩きに来ます。「ちょっと~、私も待っているんだからよろしくねー」みたいな感じで、頭を叩いて相手に待っていることを知らせた後に、待ち時間をおもちゃや本などで遊びながら待ってます。
手をあげて~って尋ねてあげている場合には、手をあげるのが遅かった方は、仕方ないか・・・みたいな感じで、たいていその場でお遊びの続きをしつつこちらの様子を伺いつつで待っていてくれます。(ものすごく眠かったり、僅差で負けちゃった時などは詰め寄ってきちゃいますけどね)飲み終わって、おひざから先に飲んだ子が離れるや否や、嬉しそうに急いでひざにやってきて、私の上着をめくってきます。結構おりこうに順番待ちを理解してくれているので助かっています。
でも、たまに肩透かしをくらったり(一度体を起こしてもう一度飲む姿勢をとる)休憩する姿をみたり(飲んでいる最中に顔を上げてテレビをみたりしている)があると、「ちょっと!待っているんだから早く切り上げてよね!」と言わんばかりに、頭を叩きに来るので注意が必要です。
さて、本日妹ちゃんがおっぱいを飲み始めたときのこと。
ややしばらく飲んでいたかと思ったら、口をはずして私のほうを見上げて、「おいしいね」と一言。
「?」今おいしいねって言った?横にいた母と顔を見合わせて、お互いうなずきました。「おいしいね」って確かに私に言っていました。
で、妹ちゃんに、「おいしい?」って尋ねてみたら、「うん」との返事。あんまり嬉しくて「ありがとうね」と言って頭なでなでしちゃいました♪
いままで、離乳食を食べていて「おいしいね」は言ったことがあったけど、おっぱい飲んでおいしいって言ってくれるとは!
きっとそんなにおいしい物ではないんだと思っていたのに、嬉しい一言が聞けて感激しました。今でこそ完母でやっていけてるけど、出産直後から母乳が軌道に乗るまではいろいろあって、ほんとうに大変でした。今日の妹ちゃんの一言、苦労が報われた感でいっぱいです。
卒乳するようになるまでは、まだしばらくおっぱいを必要としてくれるだろう娘たちと、おっぱいについてお話がもっと出来る日もくるのかな?なんだか楽しみです。
お姉ちゃんはおいしいって言ってくれるのかなぁ・・・・、そのうち何かコメントがもらえる日が楽しみです。
そういえば、おっぱいってママが食べたもので味が変わるって聞いたことがあったけど、今日の食事内容がBESTだったのかしら?炭水化物シフトのあまりぱっとしない食事だったんだけど・・・・ね。
スポンサーサイト
2006.12.02 23:40|1歳1ヶ月
本日も小児科へ。
お姉ちゃんののどに痰が絡んだようなゴロゴロした音がするのと、昨日からやや機嫌がわるいようだったので、吸入吸引と診察もと思ってのことです。
熱がないのだけがほっとするところです。
さて、鼻の吸引をしてもらったら、お姉ちゃんは粘っこいのがズズッとひけてました。もちろん、苦手の吸引なので大泣きしましたけど、今日はさすがに気持ちが良くなったのか、吸引のあとはぴたりと泣き止みケロリとしていました。よかったね。
妹ちゃんも吸引されていましたが、こちらは白っぽいのが中くらいってところでしょうか、最初こわがってないていたものの、途中から泣き止んで静かに吸引されていました。1歳にもなると理解力がでてくるのかしら?バイキンさんさよならだから頑張ろうねっていう看護師さんのお話がわかったのかな。良い子に出来たので、大いにほめてあげました。
先日から先生の診察でも泣かなくなった娘たち、現在記録更新中で、今日は診察のあったお姉ちゃんですが、泣くことなく先生の診察を受けることが出来ました。
と、なると次なる目標が出来てきます。
のどを診てもらうときのお口のあーんってやつ。
先生はいつも「かばさんのお口であーんして」って娘たちに声をかけます。で、今までは診察で大泣きだったのでお口アーンをさせる必要もなく、大きなお口があいていたのですが、泣かなくなった今無理やりアーって開けさせて診てもらっています。
先生は本日もかばさんのお口でって声をかけていて、ふと、「お母さん、お姉ちゃんはかばさん見たことあるかなぁ?」って、「いえ、まだないんですよ。絵本のかばさんなら知ってますが」と私。「じゃあ、かばさんのお口はわかんないよなぁ・・・」と先生。「かばさんうちで飼うとなると、ウンチの世話とてつもなく大変だしね・・・池も作らなくっちゃだめだしね・・・」と先生。確かにこの病院は犬が8匹もいて、病院の中を犬がうーろうろしてて、たくさんの大きな水槽に川魚?がいろいろ泳いでいるし、カバも飼っちゃいそうな勢いではあるけど・・・、って思ってたりしてたら、「馬よりもえさなんかも大変そうだし無理だろなー」と先生まだ診察室の中でつぶやいてありました。
本当に飼いたかったの?ぷぷっ面白い先生です・・・。
先生がカバを飼うよりも、きっと娘たちがお口アーンができるようになる方がはやいと思うんだけどな。
さて、お姉ちゃんの痰がゴロゴロは、お休みに入るし念のためということで、お薬が2日分追加されました。今は結構調子が良さそうで、心なしか呼吸も楽そうに眠っています。
この調子で、お薬が効いて来週頭には何とか回復してくれるといいんだけどなぁ。
ポリオ、来週末なんだけど、接種できるか・・・・厳しいのかなぁ
2006.11.30 23:23|1歳1ヶ月
早朝のこと。
妹ちゃんが、ママ・・・・とベットの横に立って私を起こしに来てました。何か怖い夢でも見たのかな?と思いつつ抱っこして私たちのベットへ移動し、お布団でくるみこんでトントンとリズムをとって寝かせつけようとしたところ、またもムクッと起き上がり、なにやらおしゃべりしたり、私の枕カバーの柄を指差しては喜んだり・・・??・・・、寝ぼけてる?
そのうち、ごろごろ好き勝手に移動をはじめ、横にいる旦那さまの顔にキックを入れはじめるし、これはまずいと思い、妹ちゃんを抱きかかえて、今度は、娘たちのお布団の方へ移動。
さてはおっぱいか?と思い、おっぱいをあげると結構しっかりと飲んでいて、このまま寝てくれるようねなんて思っているたら、甘かった!飲み終えた妹ちゃんはお目めぱっちりで寝るような気配ゼロ。しっかり起きちゃっていて、お遊びモードのスイッチも入っちゃったらしく、一人でめぇ~、めぇぇ~と羊のまね(お気に入りの羊のぬいぐるみを持っている時によく口ずさんでいる)をしたり、手遊び歌の振りをお歌なしでやって自分で自分に拍手したり、そのうち立って部屋の散策を始め、壁や家具をさわってぶつぶつ言ったり、結構騒いでいました。「あぁ寝てくれ・・・・お願いだよ」って思う母の気持ちは通じることなく、そのまま約2時間ほど遊びっぱなしでした。
その2時間、私の子守唄も、寝たふり作戦もまったく効果なく、最後はおっぱいをあげたら飲んだあとそのまま寝ちゃいました。
おかげで、私は大変眠い一日となってしまいました。
夜中しっかりと眠ったお姉ちゃんは朝はいつもどおりに目覚めて、私と1階の居間でオムツをかえてゆっくりと遊んでいました。
妹ちゃんはというと、10時になってやっと目が覚め、「えーん、まま・・・」泣き声とともに起床です。お迎えに寝室に行くと、私の眠っている側のベットの脇に立ち、お姉ちゃんのお布団を指差しなにやら「やーやー」言っています。どうも『お姉ちゃんがいないよ・・・』と訴えていたようで、1階に降りてお姉ちゃんの姿を見るなり大喜びでした。ソファーに腰掛けると、急いでおねえちゃんが妹ちゃんに駆け寄って、2人で腕を伸ばしあいハグしてチューしてました。
いつもほとんど2人一緒に寝室から降りてくるので、お互いの姿が目覚めてすぐに見られないのは寂しかったのでしょうか、とてもほほえましい姿を見ることが出来ました。
なぜあんな時間に目覚めて遊びだしたのか疑問は残りますが、ま、そんなこともたまにはあるのかも・・・ということにして、今晩も起きません様にと祈ってます。

今日も小児科へ行ってきました。お薬が終わったので、今日は診察と投薬もありました。
大嫌いなお鼻の吸引を、大泣きして看護師さんに押さえられながら済ませて、いざ診察へ。先生の顔を見ると必ず泣く娘たち、今日はなぜだか泣きませんでした。先生も嬉しそうで、「おりこうだったね」と娘たちをほめながら何回か頭をよしよしなでてくれてました。やっと、診察は痛いことがないという事に気がついてきたのでしょうか?今後も泣かないとうれしいんだけどなぁ。

本日お昼間に娘たちがお昼寝をしてくれたというのに、一緒にお昼寝することなく年賀状の準備などしてしまった私、今頃疲れがどどっときた感じです。あぁ、なんだか眠くって文章が頭に浮かばない・・・・、もう寝ましょう。では、おやすみなさい。
2006.11.28 23:24|1歳1ヶ月
今日も小児科へ行ってきました。
吸入と吸引を毎日受けた方がいいと先生に言われているためです。
普通のだと、下手に病院に頻繁に行くことで別の病気をもらっちゃいそうなので、こんなに頑張って毎日通院はしないのですが、鼻水の風邪は私の中では別。
娘たちはまだ鼻をかむことができないし、鼻を(炎症のありそうな黄色や白の)たまった状態にしておくことで、蓄膿や中耳炎に進行させたくないし、詰まった鼻のせいで苦しそうにしている娘たちを、少しでも楽にさせてあげたい・・・こんな気持ちから通院しているわけです。
先生も来れる限りはいらっしゃいって言ってくれているし、娘たちも吸入後は結構楽になっている様子だし。
でも、疲れますね、連日は。体調が悪いせいか離乳食もすんなりとは食べてもらえないし、病院に行くことで、食事やお昼寝の時間がずれずれになっちゃうし、調子狂いっ放しです。
なんとか今月中には(と、いってもあと数日しかないか・・・・)すっきり治って欲しいところなんですが、むりかなぁ。12月に入るとポリオが控えているんだけど、受けられるかどうか微妙になってきたよ、とほほ。
がっくりと疲れてきた体にただひとつ嬉しいもの、今日の夜のお茶タイムのお菓子は、パパの博多出張おみやげの「銀のすぷーん」のシュークリームとプリン
おいしいものって、元気が出ますね。
そのうえ、旦那さまのおみやげってところがいいんです。自分で買うんじゃなくて、おみやげでやってくるお菓子って、どうしてかおいしい♪。私だけ?(だいたひかる風)
さて、明日のお洗濯の準備などして、寝ましょうか。

2006.11.26 23:21|1歳1ヶ月
我が家では、お風呂はパパの担当です。
で、湯あげは私の担当。これは娘たちが生まれてすぐからずーっと我が家でのお決まりごとであります。
昼間私と娘たちの間で、お約束のようにするお遊びがあるように、お風呂タイムでパパとするお遊びがあるようで、お風呂の「♪お風呂が沸きました♪」の音声が聞こえると、2人とも『キャッ』って顔をして喜びます。
我先にという勢いで、万歳をしてシャツ脱ぎ、靴下を脱がせて!といわんばかりに私に足を差し出し、ズボンも片足を脱がせてあげると自力でもう一方の足を抜き出して器用に脱いじゃいます。相方にバイバーイと手を振りつつ私に抱かれて体重を計った後、お風呂へといっています。
ドアを開けてご対面するパパのお顔をみると、必ず嬉しそうに笑う娘たち。居残って中でどんなことになっているのか見たいんだけど、部屋に残したもう一人の様子も気になるので、後ろ髪をひかれつつ撤収しています。
お迎えのチャイムがなるとバスタオルを持ち娘を貰い受けるのですが、湯船でしっかり温まったほかほかの顔は「たのしかった~」っていう満足げな笑顔であることがほとんどで、何が楽しかったのかついパパに事情聴取をしてしまう日もあります。
最近チャイムが「♪~、♪~、♪、♪、♪」何度もしつこくなるようになりました。パパが娘たちに呼び出しチャイムを押させるようにしたそうです。妹ちゃんは特にこのボタン押しが気に入っているそうで、お風呂に入ると直ぐにコントロールパネルに手を伸ばそうとするらしいです。お姉ちゃんは、出窓においているベビーバスのクマの柄を見るのがお気に入りだそう。ポツリポツリと話すパパのお話では、娘たちの喜ぶパパのお風呂の全容が、まだまだつかめない感じです。そのうちビデオをお風呂のセットして録画してみようかしらと本気で思っている私です。
いままで、髪を洗ったあとは頭が冷えないように、しっかりタオルドライを試みていたのですが、髪の量も増えて長さも長くなってきていて、なかなか赤ちゃんの時のように直ぐに乾かなくなってきました。ただいま風邪ひきの娘たち、洗髪後湯冷めしない様にと、ドライヤーで髪を乾かすようにしました。
遅ればせながら、ドライヤーデビューです。
まずはママが見本を・・・・ブオーってでる温風を髪にあてていかにも楽しそうに「きれいきれいになったかなぁ?」。
娘たちは、こちらをじっと見入って興味津々です。興味を持ってくれたということで、娘たちの髪を乾かすことにしました。
先行はお姉ちゃんです。妹ちゃんは肝細キャラなので、こういった時はいつも後行ですね。
お姉ちゃんは抱っこされて髪が乾くまで、私にじっと抱かれておりこうにドライヤーを受け入れてくれました。妹ちゃんはというと、ブオーって音を聞くだけで、目はしぱしぱと瞬きで、髪に温風をあてると、あわてたように顔を背けて私の腕の中から逃げ出そうともがきます。慣れてくるにしたがっておとなしく出来るようになりましたが。
皆さんは髪の毛やっぱりドライヤーかけてますか?
乾かした後、気持ち良さそうに頭を自分たちで触っている姿に、もっと早くからドライヤー使ってあげてればよかったと反省。これから、さらさら快適な湯上りになるようです。
明日はまた小児科受診なので、早く寝ようっと。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

harumi

Author:harumi
初双子ママLifeをenjoy中デス

旦那さまと双子の娘と私、スムースちわわズの4人と2匹の仲良し家族です。

九州でも、つい存在を忘れられがちな県に在住。

甘えん坊ちわわズと、ただいま年長さんのちびっ子怪獣2人組みのお世話にと、ただいま多忙な毎日を送っています。

ママ(パパ)友達大歓迎!お立ち寄りの際には、気軽にコメントをどうぞ♪

双子のプロフィール

2005年10月4日(37週6日)帝王切開で生まれた、二卵性の女の子×2の双子です♪ お姉ちゃん2570g 妹ちゃん2412gで元気に生まれました。


最近の記事+コメント

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。